Loading presentation...

Present Remotely

Send the link below via email or IM

Copy

Present to your audience

Start remote presentation

  • Invited audience members will follow you as you navigate and present
  • People invited to a presentation do not need a Prezi account
  • This link expires 10 minutes after you close the presentation
  • A maximum of 30 users can follow your presentation
  • Learn more about this feature in our knowledge base article

Do you really want to delete this prezi?

Neither you, nor the coeditors you shared it with will be able to recover it again.

DeleteCancel

Make your likes visible on Facebook?

Connect your Facebook account to Prezi and let your likes appear on your timeline.
You can change this under Settings & Account at any time.

No, thanks

Phusikos is The Crete Olive

No description
by

yasutaka horie

on 26 August 2013

Comments (0)

Please log in to add your comment.

Report abuse

Transcript of Phusikos is The Crete Olive

オリーブについて
オリーブを味わう
遥かなる古代。チグリス・ユーフラテス河畔に生まれた文明の曙の頃、人々の暮らしの中に根を下ろしたオリーブ。
聖書では、閉ざされたノアの箱船から放たれた鳩が持ち帰ったオリーブの一枝が、外の世界が再び息づいていることを告げました。ギリシャ神話の中にも、女神アテナを勝利に導いた「命を育む価値ある樹」としてオリーブが登場します。
体に良い成分をバランスよく含み、あらゆる料理に味わいやコクを添えてくれるオリーブオイル。
オイルの香りたつ風味と果汁そのものの軽やかな口当たりを楽しむための、とっておきオリーブ料理をご紹介します。
オリーブ農家シラキス家
オリーブ収穫→オイル生産
有機栽培で育ったオリーブの実を、ひとつひとつ丁寧に手摘みで選び、一番絞りから誕生した純粋な果実油、クレタ島のエキストラバージンオリーブオイル。
有機栽培で育ったオリーブの実を、ひとつひとつ丁寧に手摘みで選び、一番絞りから誕生した純粋な果実油、ギリシャクレタ島のオリーブオイル「フシコス」。
発祥の地クレタ島から日本へ
シラキス家のオリーブオイル

-フシコス-
ギリシャ・クレタ島で、最初にオリーブ栽培をしたのはシラキス家。現在ではクレタ島の中部地区だけで、オリーブが9000本が栽培されています。
ギリシャ・クレタ島で、最初にオリーブ栽培をしたのはシラキス家。現在ではクレタ島の中部地区だけで、オリーブが9000本が栽培されています。
ギリシャ・クレタ島で、最初にオリーブ栽培をしたのはシラキス家。現在ではクレタ島の中部地区だけで、オリーブが9000本が栽培されています。
人間、油が大切です。オリーブオイルをかけて野菜を食べましょう。かけてすぐに食べるので、オイルは少しだけ濃いめの味付けで。
人間、油が大切です。オリーブオイルをかけて野菜を食べましょう。かけてすぐに食べるので、オイルは少しだけ濃いめの味付けで。
人間、油が大切です。オリーブオイルをかけて野菜を食べましょう。かけてすぐに食べるので、オイルは少しだけ濃いめの味付けで。
人間、油が大切です。オリーブオイルをかけて野菜を食べましょう。かけてすぐに食べるので、オイルは少しだけ濃いめの味付けで。
オリーブ栽培とオリーブ・オイル発祥の地は地中海沿岸である。広く信じられている説では、オリーブ・オイルの使用はクレタ島で始まったという。オリーブ・オイルを貯蔵するための最古のアンフォラはここから出土しており、紀元前3500年ごろのものとみられる。もう一つの説では、カナン人が紀元前4500年ごろに初めてオリーブ・オイルを絞ったという。
宗教的な用途に用いられることもあった。キリスト教の祖イエスの名の別名「キリスト」は救世主を意味するが、原義は「油で聖別された者」の意で、聖別にオリーブ油が使われたと見られるほか、聖書にオリーブ油が頻繁に登場するのはパレスチナの文化にオリーブ油が根付いていた証拠である。また、ギリシャなどの教会では灯火用にも用いる。
古代ローマでは不作の年に備えて公共の貯蔵庫を設け、祝賀の時には人々にふるまわれることもあった。カエサルがウティカの戦いで勝利を収めたときには軍の兵士に一人あたり2ガロンもの油が与えられたという。 マシュリクでは、美容と健康のためにそのまま飲むこともある。
育苗・栽培・製造方法の技術の発達により、アメリカ合衆国やオーストラリアなどの新世界から、非常に優れた品質のオリーブオイルが出荷されるようになった。オリーブのよく育つ環境はワイン用のブドウ(特にシラーやカベルネ種)が育つ環境と非常に似ているからである。風土や苗・製造方法、生産者の嗜好などにより、色や味に個性が出る。
象徴としてのオリーブ
神話としてのオリーブ
美容のためのオリーブ
シラキス家の
オリーブオイル「フシコス」

クレタ島とオリーブ
オリーブオイルの使用は、ギリシャ・クレタ島から始まりました。歴史と伝統のあるギリシャのオリーブオイルこそ、世界が認めるトップブランドなのです。

クレタ島は、東西の長さが260kmであるのに対して、南北の幅は広いところで60km、狭いところ(イエラペトラ付近)で12kmほどという、細長い形状の島である。
海岸線の長さは1,046kmに及ぶ。面積は8,336平方キロメートルで、ギリシャ共和国最大の島であるとともに、地中海ではシチリア島、サルデーニャ島、キプロス島、コルシカ島についで5番目に大きな島である。
オリーブオイルで揚げる!
オリーブオイルで煮込む!
オリーブオイルで焼く・炒める!
オリーブオイルをかける!
健康のためのオリーブ
ギリシャ・クレタ島の最高級エキストラバージンオリーブオイルです。
有機栽培で育ったオリーブの実を、ひとつひとつ丁寧に手摘みで選び、一番絞りから誕生した純粋な果実油。
日本では、イタリーやスペインのオリーブオイルがよく知られていますが、実は歴史と伝統のあるギリシャのオリーブオイルこそ、世界が認めるトップブランドなのです。
父と母へのプレゼント……
ギリシャ・クレタ島で、最初にオリーブ栽培をしたのはシラキス家。現在ではクレタ島の中部地区だけで、オリーブが9000本が栽培されています。
最初にオリーブを栽培を始めたのは、ギリシャ・クレタ島のシラキスファミリー。オリーブのいろいろな効能の秘密が、現代の研究者たちの手によって明かされ、見直されています。
クレタ島は、ギリシャ南方の地中海に浮かぶ同国最大の島。古代ミノア文明が栄えた土地で、温暖な気候や自然景観から地中海の代表的な観光地でもある。
クレタ島は、ギリシャ南方の地中海に浮かぶ同国最大の島。古代ミノア文明が栄えた土地で、温暖な気候や自然景観から地中海の代表的な観光地でもある。
クレタ島は、ギリシャ南方の地中海に浮かぶ同国最大の島。古代ミノア文明が栄えた土地で、温暖な気候や自然景観から地中海の代表的な観光地でもある。
クレタ島は、ギリシャ南方の地中海に浮かぶ同国最大の島。古代ミノア文明が栄えた土地で、温暖な気候や自然景観から地中海の代表的な観光地でもある。
Crete
最初にオリーブを栽培を始めたのは、ギリシャ・クレタ島のシラキスファミリー。栽培するオリーブはコロネイキで、石灰質のギリシャの土壌と温暖な地中海気候に適し、酸化しにくい優れたオイルをつくり出す品種として知られています。
「フシコス」の魅力
シラキス家のオリーブオイル
Full transcript