Loading presentation...

Present Remotely

Send the link below via email or IM

Copy

Present to your audience

Start remote presentation

  • Invited audience members will follow you as you navigate and present
  • People invited to a presentation do not need a Prezi account
  • This link expires 10 minutes after you close the presentation
  • A maximum of 30 users can follow your presentation
  • Learn more about this feature in our knowledge base article

Do you really want to delete this prezi?

Neither you, nor the coeditors you shared it with will be able to recover it again.

DeleteCancel

自動車を作る工業

No description
by

Miki Rodgers

on 4 November 2017

Comments (0)

Please log in to add your comment.

Report abuse

Transcript of 自動車を作る工業

自動車を作る工業
環境と人にやさしい自動車づくり
質問①

環境にやさしい自動車づくりには、どんなくふうや努力が大切なのでしょうか?
くふうと努力
自動車が環境にあたえるえいきょう
環境にやさしい自動車
リサイクルとリユース
共同利用のしくみ
考えてみよう
これからの自動車づくりで、環境の他に大切なことはないだろうか?
質問②
人にやさしい自動車づくりには、どんなくふうや努力が大切なのでしょうか?
自動車に関連する事故
安全な自動車の開発
人にやさしい自動車
体の不自由な人が運転できる自動車
カーナビ
エレクトロニック・トール・コレクション・システム(ETC):有料道路を利用する際に料金所で停止することなく通過できるノンストップ自動料金収受システム。
手だけで運転でき、シートにすわったまま助手席側から電動で運転席の位置にうつれる。
これまでの学習のまとめ
自動車を作る工業
生産のしくみ
運輸の働き
技術開発
① 排出ガス:大気おせんや地球温暖化の原因になる
② 解体したゴミ:使われなくなった車がゴミになっている
① 消費者:共同利用(カーシェアリング)
② 自動車会社:ハイブリッドカー、電気自動車、燃料電池自動車、リサイクルしやすいくふう
③ 解体業者:リサイクル、リユース
会員制で車を共同利用する。買い物など、短時間、短きょりですむ用事に車が使われる。パソコンで予約もできる。
「解体性向上マーク」をつけて、解体しやすい車の設計をしたり、リサイクルを考えたプラスチックなどの素材を使ったりしている。
自動車会社と消費者が協力して、自動車のリサイクルを積極的に進めるための法律が定められた。現在、自動車の部品の90%以上がリサイクルされている。
ハイブリッドカー:電気とガソリンを使って、効率のよい走り方をする。1997(平成9)年に発売された。

プラグインハイブリッドカー:今では、家庭用の電源から電気をためて走ることのできる自動車。ハイブリッドカーよりもさらに効率よく走ることが出来る。

燃料電池自動車:水素と酸素から電気を作り、水だけを排出するので、環境にやさしい。
自動車が主な原因となった交通事故は、年間60万件以上も発生している。死傷者が出るなどとして、事故による社会的な影響が多い。2005年頃から減少してきている。
ナイトビュー:夜、前方に歩行者やしょうがいぶつがないかなどを見せてくれる。
アンチロック・ブレーキ・システム(ABS):急ブレーキなどのブレーキ操作において、車輪のロックを低減するそうちである。
エアバッグ:しょうとつしたときに、ふくらんで乗っている人の頭や胸がハンドルなどにぶつかるのを防ぐ。
歩行者の安全を守る部品:ぶつかったとき、歩行者の足や頭へのしょうげきをやわらげる部品を使っている。
しょうとつ実験:自動車の安全性を確認するため、様々な種類の実験を何度も行っている。
社会や消費者のニーズを考えた開発が大切
Full transcript