Loading presentation...

Present Remotely

Send the link below via email or IM

Copy

Present to your audience

Start remote presentation

  • Invited audience members will follow you as you navigate and present
  • People invited to a presentation do not need a Prezi account
  • This link expires 10 minutes after you close the presentation
  • A maximum of 30 users can follow your presentation
  • Learn more about this feature in our knowledge base article

Do you really want to delete this prezi?

Neither you, nor the coeditors you shared it with will be able to recover it again.

DeleteCancel

Make your likes visible on Facebook?

Connect your Facebook account to Prezi and let your likes appear on your timeline.
You can change this under Settings & Account at any time.

No, thanks

社内向けORGABITSキャラバン

No description
by

桑山 明典

on 21 March 2016

Comments (0)

Please log in to add your comment.

Report abuse

Transcript of 社内向けORGABITSキャラバン

Blue Ocean Project
「オーガビッツ」の商品を通じて、日本ウミガメ協議会の活動を応援
日本の海岸線は、北太平洋で最も重要なウミガメ類の繁殖場の一つであり、本州南部の太平洋岸から南西諸島にかけて多くの産卵場ああります。「オーガビッツ」の商品と日本ウミガメ協議会の活動を通じて、ウミガメの保護のみらず海洋動物や海浜環境の保全を行い、海岸のそばで暮らす人、漁業者、ウミガメと接する人々の暮らしや文化の保全方法を模索していきます。
Who is cliniclown
クリニクラウンってどんな人?
クリニクラウンは、入院中の子供の心理、保健衛生や病院の規則にも精通した、子供の成長や発達を支える遊びのスペシャリスト。遊びやコミュニケーションを通して、入院中の子供たちが子どもらしく過ごせる「こどものじかん」を届けています。病気の治療のためにさまざまな制限の中で入院生活を過ごしている子どもたちが、笑顔になれる環境を創るために2005年から活動しています。2012年度は、年間1万人の子どもたちに<こどもじかん>を届けました。
ダウン症の人たちは自由で柔らかな感性を持っているます。豊かな色彩に躍動感あふれる魅力的なタッチだけではなく、緊張感など微塵も感じさせな色彩バランスが、安らぎにも似た心地よさを感じさせます。周囲と調和する彼らのおおらかな資質は、作品からも十分に伝わってきます。「オーガビッツ」は彼らの作品とコラボレーションすることで、彼らと社会がつながる理想の街「ダウンズ タウン」を作るプロジェクトを応援してきます。
Atelier Element Present
ダウン症の人たちのためのアトリエ「アトリエ・エレマンプレゼン」
アパレルブランドと協力し、アーティストの作品をモチーフにした製品には寄付金下げ札を付け、製品1枚につき50円をこの活動に役立てます。
クリニクラウンの活動に共感して頂ける協賛ブランドの製品には、基金付下札をつけ、製品1枚につき10円をこの活動に役立ています。
この活動に共感していただけるブランドの製品には基金付下札をつけ、1枚に付き
10円をこの活動に役立てています。
この活動に共感していただけるブランドの製品には基金付下
札をつけ、1枚に付き10円をこの活動に役立てています。
Peace by Peace Cotton Project
基金を大地のメンテナンスに活用する循環型プロジェクト
(株)フェリシモと取り組むプロジェクト。インドオーガニックコットン製品を基金付きで販売。集まった基金は、インドでのオーガニックコットン栽培支援、インドの人たちの自立した生活や子どもたちの就学支援や復学支援などに活用しています。既に7,000世帯を越える農家がプロジェクトに参加しています。原料の輸入、紡績、製品化までを「オーガビッツ」でサポートしています。
学校へ行こう!PROJECT
みんなの夢がつまった、世界で一台のアートバス
世界には生活に困窮する子供達が大勢います。日本に
いる私達では想像がつ
かない現状の中で生きる子ども
たち。そこには、教育設備の不備から、将来の夢を見出せないという根本的な問題があります。写真のバスは「オーガビッツ」がNPOみんな地球の子どもじゃん!の活動を通じて、バリ島の障害を持っている学校に通えない子どもたちに贈った通学用のアートバスです。これからも、アート、音楽、ファッションの力で、子供達と一緒になって明るく楽しい未来を切り開いていきます。
この活動に共感していただけるブランドの製品には基金付下札をつけ、1枚に付き5円をこの活動に役立てています。
Change Minefield to The Cotton Field
「オーガビッツ」の商品を通じて、カンボジアの地雷原を綿畑にするプロジェクト
カンボジアでは内戦中に400万〜600万個と推定される地雷が埋められ、今なお多くの地雷が残っています。「大地を自由に走りたい。」そんな些細な事がカンボジアの子どもたちの”夢”である事を知りました。地雷を除去し、そこを天然のわた畑にして、そのわたを手紡ぎ糸や手作りの製品を作ります。現在までに4haが綿畑になっており、約3tの綿花が収穫されています。
この活動に共感していただけるブランドの製品には基金付下札をつけ、1枚に付き10円をこの活動に役立てています。
地球の
ために、
ちょと良いこと
オーガビッツ

Make the Row Cherry Blossom Trees
東北の津波最高到達地点に桜並木を作る
平成23年3月11日。東日本大震災による大津波が、
美しい東北の地に甚大な被害をもたらしました。
さくら並木ネットワークは、今回の大津波の最終到
達地点に桜を植え、この被害を決して風化させない
ために、記憶の残る桜並木を植樹します。次世代に
「大津波の記憶を伝えたい」。同じ想いをもつ全国
の方々と復興地の方々を日本人が愛してやまない桜
で結ぶネットワークです。
「およそ170年前、
綿花商としてはじまった
豊島にとって、
綿は原点。
しかし、
今、綿花栽培は大量に使われる
農薬

化学肥料
による

環境汚染

人種差別

児童労働
など

問題も
抱えています。
オーガビッツ
は、

そうした問題を少しでも
解決するために、
環境への負荷の低い
オーガニックコットン
の栽培を増やしていこうと
10年前にはじまったプロジェク
トです。」
「私たちの取り組みは小さいものかもしれませんが、まず、
行動することが
大事だと思っています。
やってみて、
また考えていけばいい。
コツコツと、
皆さんにオーガニックコットンの事を伝えていきます。」
WORTH
WORTH
PROJECT
豊島が、より価値のある存在になるために、
積極的に新たなチャレンジを行っていくプロジェクト
Full transcript