Loading presentation...

Present Remotely

Send the link below via email or IM

Copy

Present to your audience

Start remote presentation

  • Invited audience members will follow you as you navigate and present
  • People invited to a presentation do not need a Prezi account
  • This link expires 10 minutes after you close the presentation
  • A maximum of 30 users can follow your presentation
  • Learn more about this feature in our knowledge base article

Do you really want to delete this prezi?

Neither you, nor the coeditors you shared it with will be able to recover it again.

DeleteCancel

Make your likes visible on Facebook?

Connect your Facebook account to Prezi and let your likes appear on your timeline.
You can change this under Settings & Account at any time.

No, thanks

7つの習慣とお釈迦様の教え

No description
by

Katayama Takahiro

on 25 September 2016

Comments (0)

Please log in to add your comment.

Report abuse

Transcript of 7つの習慣とお釈迦様の教え

1996年 出版
全世界44カ国語 
3000万部
日本でも130万部

農場の法則
農場で場当たり的な詰め込み主義で作業する事の愚かさを考えた事があるだろうか。
農場は、自然のシステムである。必要な努めを果たし、作業を行わなければならない。蒔いたものしか刈りとることはできない。
そこに近道はない。
人の成長や人間関係においても、最終的にはこの原則が必ず作用する事になる。つまり、人の成長も人間関係も自然のシステムであり、農場の法則が支配しているのである。

目からウロコの東洋哲学
Takahiro Katayama
スティーブン・R・コビー
1776年〜200年間 成功についての書籍文献の研究
成功の研究
1932/10/24 – 2012/7/16
アメリカ合衆国 ユタ州
 ソルトレイクシティ

経営コンサルタント

英国エコノミスト誌
「世界で最も大きな影響力を持つ経営コンサルタント」

7つの習慣と
お釈迦様の教え

最近の50年間
それ以前の150年間
個性主義
人格主義
・人間関係や自己PRのテクニック
・積極的・前向きな考え方と姿勢
誠意 謙虚 誠実 勇気正義 忍耐 勤勉 節約
真の成功
表面的な成功
才能などに対する
 社会的評価
優れた人格を持つ
習慣が人格を作る
思いの種を蒔き、行動を刈り取り、
行動の種を蒔いて、習慣を刈り取る。
習慣の種を蒔き、人格を刈り取り、
人格の種を蒔いて、人生を刈り取る。 
パラダイム・シフト
アウトサイド・イン
  …周りによって自分の幸・不幸が決まる。
  「周りが変わってくれたらなぁ」
インサイド・アウト
  …自分の心が全てを生み出す。
  「自分が変わろう!」
過去の知識や
経験によって
作り出される
他因自果
自因自果
自利利他
物事の見方
とらえ方
Habit 1 Be Proactive
第1の習慣
主体性を発揮する

反応的と主体的
反応性
主体性
 大学で教えていた頃、ある時ひとりの学生が私にこう質問した。
「授業を休ませてくれませんか。テニスの合宿にいかなくちゃならないんです」
「行かなければならないのか、それとも行きたいのか。どちらだね」
「いやぁ、本当は行かなければならないんです」
「行かなかったらチームからはずされます」
「その結果についてどう思うかい?」
 「いやですね」
「つまり、チームからはずされないという結果がほしいから、行くことにしようと思っているんだね。では、授業に出なかったらどういう結果になると思う?」
「分かりません」
「よく考えてごらん。授業に出なかったら自然の結果としてどうなるだろう」
「単位を落とされたりしませんよね?」
「それは社会的な結果で、人がつくるものだ。テニスのチームに参加しなければプレーはできない。それは自然の結果だ。クラスに来なかったら、その自然の結果としてどうなるだろう」
「学ぶ機会を失うでしょうね」
「そうだ。だからその結果を比較して、選択しなければならない。私だったらテニスの合宿に行くことを選択するだろうね。しかし、何事にもねばならないとは、絶対に言わないでほしい」
「では、僕は合宿に行く方を選びます」
 と、もじもじしながら彼は答えた。
「なんだって、私の授業を休むって」
 と冗談半分にからかいながら、私は言い返した。
問題は自分の外にあると考えるならば、
その考えこそが問題である
主体性とは、どのような状況に置かれても、自分の価値観に基づいて反応を選択すること
反応性とは、その時の状況や感情に流されて反応すること
反応的な言葉
どうしようもない
生まれつきだ
あいつは頭にくる
そういことが認められるわけはない
しなくてはならない
できない
XXでないとだめだ
XXでさえあったら
主体的な言葉
代替案を考えよう
ほかのやり方が選択できる
自分で自分の感情をコントロールする
効果的なプレゼンテーションをしよう
そうすることに決めた
選択する
XXの方がいいと思う
私がXXをする
影響の輪
関心の輪
影響の輪
関心の輪
影響の輪
関心の輪
関心のない領域
持つ
「もっと忍耐強い夫を持っていたら」
「もと素直な子供を持っていたら…」
「一流大学の卒業証書さえ
 持っていたら…」
「もっと自由な時間を持っていたら…」
なる
「私はもっと忍耐強くなる」
「もっと賢くなる」
「もっと優しくなれる」
関心のある事柄
自分が影響を与える事が
できる事柄
関心がない事柄
Habit 2 Begin with the end in mind
第2の習慣
目的を持って始める

P/PC バランス
弔辞
家族
友人
仕事関係
コミュニティー
全ての行動を測るための尺度として人生の最後の姿を描き、それを念頭において今日という一日を始める。
すべての物は2度作られる
知的な
第1の創造

物的な
第2の創造

リーダーシップ
マネジメント
家の設計図
釘・セメント
価値観
人生の目的
能率的な自己管理
目標達成
安定性…自己価値、精神的    な基礎、自尊心
方向性…意思決定、判断、    決断の基準
智恵…判断力、洞察力、    理解
力…行動する能力、     実行に移す力
ミッション・ステートメント
(個人的な憲法・信条)

Habit 3 Put First Things First
第3の習慣
重要事項を優先する

大事を小事の犠牲にしてはならない
ミッション
ステートメント
役割
目標
計画
自分で行う
デレゲーション
デレゲーション
使い走りの
デレゲーション
これを取ってこい
あれを取ってこい
これをやれ
あれをやれ
終わったらすぐに知らせろ
完全な
デレゲーション
望む結果
ガイドライン
使える資源
責任に対する報告
履行(不履行)の結果
第1の習慣…自分が創造主
第2の習慣…知的創造
第3の習慣…物的創造
相互依存のパラダイム
Paradigms of Interdependence
依存  
自立  …私的成功
相互依存…公的成功

◆信頼残高◆
預け入れ
引き出し
約束を守る
親切、礼儀正しい
期待に応える
謝る、謙虚な態度
人の悪口を言わない
約束を破る
不親切、無礼な態度
期待を裏切る
謝らない、高慢な態度
人の悪口を言わない
6つの預け入れ
(1)相手を理解する
(2)小さな事を大切にする
(3)約束を守る
(4)期待を明確にする
(5)誠実さを示す
(6)引き出しをしてしまった時は、   誠意をもって謝る
P/PC バランス
P(目標達成)の問題は、
PC(目標達成能力)
の機会である。

Habit 4 Think Win/Win
第4の習慣
Win-Winを考える

Win-Win:自分も勝ち、相手も勝つ
Win-Lose:自分が勝ち、相手は負ける
Lose-Win:自分が負けて、相手が勝つ
Lose-Lose:自分も負けて、相手も負ける
人間関係の6つのパラダイム
Win:自分だけの勝ちを考える
Win-Win または No Deal
Win-Winの合意または取引き条件に至ら
なければ、取引きしないことに合意する
Full transcript