Loading presentation...

Present Remotely

Send the link below via email or IM

Copy

Present to your audience

Start remote presentation

  • Invited audience members will follow you as you navigate and present
  • People invited to a presentation do not need a Prezi account
  • This link expires 10 minutes after you close the presentation
  • A maximum of 30 users can follow your presentation
  • Learn more about this feature in our knowledge base article

Do you really want to delete this prezi?

Neither you, nor the coeditors you shared it with will be able to recover it again.

DeleteCancel

Make your likes visible on Facebook?

Connect your Facebook account to Prezi and let your likes appear on your timeline.
You can change this under Settings & Account at any time.

No, thanks

Untitled Prezi

No description
by

克也 北口

on 4 March 2014

Comments (0)

Please log in to add your comment.

Report abuse

Transcript of Untitled Prezi

常に携帯しておき、こまめに撮るくせをつける。

①ノートや作品を共有する
②授業記録を残す
③学級通信に載せる
④学期末の評価に使う
⑤懇談会の資料に使う
⑥ホームページに載せる
「百言は一映に如かず」を目指すICT活用実践
斑鳩町立斑鳩東小学校 北口克也

どんな使い方をしてきたのか?
ICT活用の可能性
「百言は一映に如かず」されど...。
なぜICT機器をつかうのか?
 
理由①
子どもを惹きつける魅力
があるから
 
理由②
時間を節約できるから
理由③
ICTにしかできないことがあるから
理由④
使ってみないと本当の良さはわからないから
 
ICT機器を使った授業
プロジェクター
電子黒板
デジタルカメラ
PC
 
ワイヤレスマウス
プレゼンター
iPad
知っておきたいウェブサイト
動かす
大きくする
子どもが授業に意欲的になる
授業への期待感を高めることができる
板書・説明の時間を減らす
→個別指導や別の活動に
まだまだ歴史が浅い分野。
実践例を増やすことに意味がある。
何に映すのか?
どこに映すのか?
電子黒板
⇒子どもが操作できる。
反射がないので見やすい。
スピーカー搭載で動画に便利。
とても高価である。100万円前後
使える人が少ない。
外国語専用のようになりやすい。
OHPスクリーン
⇒備え付けの場合が多いので投資がいらない。
板書スペースを圧迫しない
やや画面が小さい。
本来プロジェクター用ではないので、机や台を使うなどして投影位置の調整が必要
マグネットスクリーン
⇒貼り替えが容易。
書き込める。
毎回消す必要がある。
太陽光がやや反射する。
やや高価である。5万円前後
マグネットシート
⇒安価である。30枚2500円前後
どこにでも貼れる。書き込める。
丁寧に使えば、何度でも使える。
しわができやすい。
投影するには小さいので数枚貼って大きくする。
黒板
⇒用意がいらない。算数の図形などで重宝する
チョークで書き込みができる。
意外と見やすい。
動画や画像を長時間見るには適さない。
NHK for school ⇒全教科学習動画
Youtube ⇒文科省チャンネル
e-Teachers ⇒無料フラッシュカード
Prezi ⇒クラウドプレゼン
教科書会社HP ⇒リンク集
Yahooキッズ ⇒学習ゲーム
TOSSランド ⇒授業コンテンツ
GoogleMap ⇒ストリートビュー
理科ねっとわーく ⇒膨大な資料
朝日Teachers’メール ⇒NIE学習
ワイヤレスプレゼンを可能にする。
教室のどこにいても授業をすすめられる。
机間巡視しながら、子どものノートや作品を投影する⇒全体で共有できる。
Apple TV
パソコンだけでもワイヤレスプレゼンは可能。
マウスの方が汎用性は高い。
プレゼンターはレーザーとタイマーがあるものが◎
Eye-fi
WiFi機能をもったSDカード
デジカメさえあれば
ノートや作品のワイヤレス投影ができる
<左側>
縦書き
設置・撤去しやすい
教師がよくかぶる
ICTの弱点
トラブルが必ずある。⇒予備策を用意する。
便利さに負けそうになる。⇒常に工夫する。
慣れるまで時間がかかる。⇒使い続ける。
<中央>
全員が見やすい
黒板が寸断される
投影を中心にした授業で
<右側>
太陽光がやや反射しにくい
横書きの板書がしやすい
教師の動線が拡大する
はじめての授業
フラッシュカードをつくってみた
すると...
授業のやり方がわからない...
いろんな教材をつくってみた。子どもたちの反応は予想以上!
でも、いいことばかりじゃない。
いつも外は真っ暗。1つの授業準備でクタクタ。
これでは毎回できない...。
もっと早くて、もっと簡単な方法を見つけよう。
むやみに長い時間かけるより、
短い時間で同じ成果をあげるほうが尊いはずだ。
デジタル利用を前提にすれば
もっと早く簡単に
できるのではないか?
教師用デジタル教科書として
ポータブルスキャナとして
高性能ビデオカメラとして
客観的に比較・検討ができる
授業記録になる
どのように映すのか?
導入だけ
展開だけ
まとめだけ
ずっと映さない
クイズとして止めながら
教科書の一部分だけ
みたいところを隠して
机間巡視で全員撮るくせもつける
教師が使うだけでなく、
子どもたちにも使う機会を与える。
身近なテーマでプレゼン大会をする。
「百言は一映に如かず」⇒動画で。
①操作性
②携帯性
③コスト
具体的には...
注目のキーワード
ベスト5
 
①○○○の法則
 
②ラーニング○○○○○
 
③○○学習
 
④教育○○○
⑤○○○
教師
 
子ども
 
従来のICT教育
これからのICT教育
(神谷さんの提案)
教師
子ども
 
保護者(母親)
 
佐藤 見竜
神谷加代

めちゃくちゃな授業。でも…。
夢が叶った。
暗中模索
子どもたちが食いついた!
漢字に夢中になってくれた!
電子機器
費用あたりの性能
1.5年⇒2倍
3年⇒4倍
6年⇒16倍
12年⇒256倍
2000年頃の
200万円代の性能が
実質1万円代のスマホで
実現できている
ムーアの法則
学び続ける子を育てる
学び続ける教師が育てる
「ICT」は「人」に如かず
Full transcript