Loading presentation...

Present Remotely

Send the link below via email or IM

Copy

Present to your audience

Start remote presentation

  • Invited audience members will follow you as you navigate and present
  • People invited to a presentation do not need a Prezi account
  • This link expires 10 minutes after you close the presentation
  • A maximum of 30 users can follow your presentation
  • Learn more about this feature in our knowledge base article

Do you really want to delete this prezi?

Neither you, nor the coeditors you shared it with will be able to recover it again.

DeleteCancel

Make your likes visible on Facebook?

Connect your Facebook account to Prezi and let your likes appear on your timeline.
You can change this under Settings & Account at any time.

No, thanks

RSV Presentation

No description
by

MY PD

on 11 June 2013

Comments (0)

Please log in to add your comment.

Report abuse

Transcript of RSV Presentation

小児と
RSウイルス
by
MYPD RSウイルスって? ○ Paramyxovirus科のPneumovirus属に分類される
  エンベロープを持つRNAウイルス。
○ 形は球形ないしはフィラメント状で大きさは
  80~350nm。
○ 環境中では比較的不安定だが、家族内では効率よく
  感染伝播することが知られており、乳幼児とより
 年長の小児のいる家族の場合には、流行期間中に
  家族の44%が感染したとする報告もある。
○ 概ね家族内に持ち込むのは、軽症の上気道炎症状を
  来した学童年齢の小児。 さて、RSウイルスといえば・・・ 札医大の
  堤 先生でしょ! ウッウ~ン
札医大の
  堤です~ ○ RSウイルスは『接触感染』
○ インフルエンザは『飛沫感染』 By CDC

ガウンとマスクの使用は対照研究では、厳重な手洗いに勝る効果は 証明されていない。 RSウイルスの感染様式 ではRSウイルスは
どんなふうに感染するの? 診 断 1. 臨床症状より
発熱、咳嗽、喘鳴、多量の漿液性鼻汁、呼吸困難
数ヶ月の年少児においては時に無呼吸
2. X線写真像
細気管支炎像、時に肺炎像、無気肺像
3. 迅速診断 RSウイルスにうつらないためには
RSウイルスをうつさないためには 防護服でしょ!? 一家に1着、防護服!今、お申し込みの方は
もれなく2着目がついてくる(わけないっしょ)! やっぱり、手洗い! それと速乾性手指消毒薬 環境の清掃はアルコール RSウイルスにうつらないためには
RSウイルスをうつさないためには RSVは環境中では比較的不安定ではあるものの、特に家族内では効率よく感染伝播することが知られており、乳幼児とより年長の小児のいる家族の場合には、流行期間中に家族の44%が感染したとする報告もある。概ね家族内に持ち込むのは、軽症の上気道炎症状を来した学童年齢の小児である。感染経路としては大きな呼吸器飛沫と、呼吸器からの分泌物に汚染された手指や物品を介した接触が主なものであり、特に濃厚接触を介して起こる。 RSウイルスの感染様式 細気管支炎
肺炎 悪 化 回 復 発 症 感 染 RSウイルス感染症の進行 潜伏期:2~8日
    (多くは4~6日) 発熱、咳嗽、鼻汁 喘鳴 呼吸困難 ただし、喘鳴の遷延の
可能性
喘息発症のリスク
ファクターの可能性 新生児のRSV感染症症例 症 例:S.O. 平成19年7月4日生 男
主 訴:無呼吸
家族歴:母GBS(+)、同胞2名 特記すべきこと
    なし。
出生時:SS39w+4d、BW 3350g、APS 8/9
出生時診断:新生児一過性多呼吸(day 1には
      消失)
経 過:生後は哺乳時の一気飲みによるSpの
    一時的低下は認めたものの、おおむね
    状態は良好。day 6 より無呼吸発作
    頻発したため、保育器に収容。 経 過 酸素投与目的のため保育器収容
検査所見:WBC9200、CRP<0.2、BGA (heal)
     pH 7.387 PO2 55.9、PCO2 50.0
     HCO3 29.4 BE 3.1 BS 100
     胸部X線写真 WNL、頭部CT WNL
     UCG WNL
治 療 :酸素投与の継続
     ネオフィリン経口投与
結 果 :無呼吸発作のコントロール不良の
     ため、呼吸管理目的で札幌医大へ
     転送。後日、RSV(+)が判明。 治療は対症療法のみ 予 防:ワクチンはない。特殊な症例には
    パリビズマブ(モノクローナル抗体)
    の投与もあるが、一般的ではない。 結 論 ○ 発熱、多量の漿液性鼻汁、咳嗽、喘鳴など
  の臨床症状を示す年少児(特に1歳以下)
  ではRSV感染の積極的除外診断をおこなう。
○ ワクチンなどの予防策がないため、標準
  予防策、接触感染予防策の励行が重要。
  その際はアルコール系消毒薬が有効で
 ある。
○ 上記のような年少患者を診察し、重症化が
  予測される場合、積極的に小児科医にコン
  タクトをとってください。
○ 大人を含め、鼻水の多い風邪ひきさんには
  要注意!
Full transcript