Loading presentation...

Present Remotely

Send the link below via email or IM

Copy

Present to your audience

Start remote presentation

  • Invited audience members will follow you as you navigate and present
  • People invited to a presentation do not need a Prezi account
  • This link expires 10 minutes after you close the presentation
  • A maximum of 30 users can follow your presentation
  • Learn more about this feature in our knowledge base article

Do you really want to delete this prezi?

Neither you, nor the coeditors you shared it with will be able to recover it again.

DeleteCancel

Make your likes visible on Facebook?

Connect your Facebook account to Prezi and let your likes appear on your timeline.
You can change this under Settings & Account at any time.

No, thanks

勝ちに不思議の勝ちあり。 負けに不思議の負けなし

No description
by

Hideyuki HONDA

on 12 January 2016

Comments (0)

Please log in to add your comment.

Report abuse

Transcript of 勝ちに不思議の勝ちあり。 負けに不思議の負けなし

松浦清
江戸時代中・後期の大名。肥前国平戸藩の第9代藩主。
平戸藩世嗣だった松浦政信(第8代藩主・松浦誠信の三男)の長男。母は政信の側室・友子(母袋氏)。官位は従五位下。死後に贈従三位。幼名は英三郎。号は静山。この号を合わせ、一般には「松浦静山」の呼び名が通っている。

隠居後に執筆した江戸時代後期を代表する随筆集『甲子夜話』で著名である。大名ながら心形刀流剣術の達人であったことでも知られる。
道を貴び術を知れば
 心勇ならずと雖(いえど)も必ず勝つ。
道に背き術に違えば必ず負く。
単に「勝つためのノウハウ」について述べている言葉ではない。
勝ちに不思議の勝ちあり。
負けに不思議の負けなし

松浦清山『甲子夜話』
勝ちに不思議の勝ちあり。
負けに不思議の負けなし。
負けた時には何らかの原因があるものだ。
逆に、勝った時でも負けに繋がる要因があったかもしれない。
人生において大切なこと
失敗学など…
礼節を尊び、感謝と譲る心を重んじる精神が先にあるべき
勝敗よりも重要な事がある。
それに従えば、結果は自ずとついてくる。
目的のために
手段を選ぶ
Full transcript