Loading presentation...

Present Remotely

Send the link below via email or IM

Copy

Present to your audience

Start remote presentation

  • Invited audience members will follow you as you navigate and present
  • People invited to a presentation do not need a Prezi account
  • This link expires 10 minutes after you close the presentation
  • A maximum of 30 users can follow your presentation
  • Learn more about this feature in our knowledge base article

Do you really want to delete this prezi?

Neither you, nor the coeditors you shared it with will be able to recover it again.

DeleteCancel

2016/6/14 牛久薬剤師会研修会 スライド資料

No description
by

Hiroshi Kobayashi

on 30 November 2016

Comments (0)

Please log in to add your comment.

Report abuse

Transcript of 2016/6/14 牛久薬剤師会研修会 スライド資料

会社紹介
保険薬局システム
医療情報システム
─ 開発・販売・サポート ─
医療機関向けシステム
介護施設向けシステム
その他 業務システム
レセプト、届出
Excelの使い方まで何でもサポート
デザイン
薬袋、シール、WEB、ロゴ、チラシ、パンフ
    etc...
在宅って
必要なの?

平成13年(2001) 設立
茨城県牛久市南7-4-11
茨城県薬剤師会賛助会員
第6961402号
茨城県県南エリアを中心に
    薬局様を
トータルサポート

在宅、在宅っていうけど、なんで?
みなさんに質問です!
Q. 在宅をはじめたいですか?


始めたいけど…どうすればいいの?
ウチは一人薬剤師だから…在宅は無理
少子高齢化
2025
キーワードは…
地域完結型
地域包括
ケアシステム
生産人口が減少

非生産人口が増加
超高齢社会
実例に学ぶ!薬局の在宅訪問
牛久薬剤師会, 茨城県薬剤師会 共催研修会
Seminar of Medication teaching for home treated patient
1.在宅訪問を始めるにあたり知っておくべき5つのこと
メディカルサーブ株式会社
小林  裕
株式会社シグマソリューションズ
棚木  広

問題
団塊の世代が75歳以上に
2,000万人
65歳以上
3,600万人
認知症
高齢者数
在宅ニーズの 増 加
でも
医療費は
大丈夫なの?
病院完結型
ベッド数  - 20万床
在宅患者数 +30万人
医 師
看護師
ケアマネ
在宅医が在宅医療の現場として薬剤師に望むこと
もっと積極的に在宅訪問をしてほしい
24時間対応してほしい
TPN調剤をしてほしい
麻薬を取り扱っている薬局が少ない
なぜこの薬を服用しなければならないかを具体的に患者さんに説明してほしい
地域医療連携
訪問看護師が薬剤師に望むこと
地域のチームの一員として担当者会議に参加してほしい
複数の医療機関の薬を把握していると相談しやすい
薬の管理のみならず、患者さんの生活に入り込んだ指導を
副作用を早期に発見し、医師にアドバイスして欲しい
医師に薬剤の変更を提案してほしい
介護支援専門員が薬剤師に望むこと
担当者会議に積極的に出席して欲しい
患者さんのレベルに合わせた説明をしてほしい
独居で認知症の方は担当者会議で注意点を指導してほしい
在宅での麻薬の管理について教えてほしい
患者さんの状況にあった服用を提案してほしい(分3→分2)
2025年問題が
薬剤師を待っている!

在宅を始めるためには
どんな準備が必要なの?
介護保険
「介護保険優先の原則」
要介護認定を受けている患者さんは「介護保険」を使用
それ以外の患者さんは「医療保険」を使用
とは?
必要な届出や書類を準備しよう!
届 出
関東信越厚生局
「在宅患者訪問薬剤管理指導に係る届出」
国保連合会
「介護給付の請求及び受領に関する届」
茨城県
「生活保護法及び中国残留邦人等支援法に係る医療援助を介護扶助の申請」
保健所
「麻薬小売業」の免許申請
保険薬局は「介護療養管理指導事業所」としてみなし指定されている
薬局で準備
するもの
運営規定
介護保険サービス事業者としての掲示
訪問薬剤管理指導の届出を行っている旨の掲示    
薬局内掲示物
契約書類
契約書
重要事項説明書
薬学的管理指導計画書
訪問薬剤管理指導記録簿
医師への報告書
身分証明書
領収書
[ 介護保険 ]
[ 介護保険 ]
[ 介護保険 ]
[ 医療保険 ]
業務書類
どうやって在宅患者さんを
確保するの?

介護保険と医療保険の
違いを理解しよう!

Case1
訪問医からの依頼
事前に地域の在宅クリニックなど訪問して挨拶などして備えておく
在宅医療などの研究会、勉強会などに積極的に参加して知り合っておく
Case2
ケアマネからの依頼
居宅介護支援事業所や訪問看護ステーション、ヘルパー事業所等に在宅医療に携わる薬局として挨拶し、関係を築いておく
介護施設や地域包括支援センタ-等にもPRしておくとよい
Case3
外来患者さんからの依頼
自分の薬局でお薬を渡していた患者さんの通院や来局が困難になった場合
患者さんやご家族から「薬の管理が出きなくなった」「薬がうまく飲めない」などの相談から始まる
2.調剤システム「エリシア」を使用しての在宅業務のご紹介
Case4
基幹病院の地域連携室から
地域医療連携室から退院患者さんを紹介してくれるケース
普段から連携室と交流を深めておく必要がある
Case5
患者さんから電話で依頼
患者さんやご家族がインターネットで調べて直接電話がかかってくるケース
まれではあるが、普段からポスターやリーフレット、またWEBサイト等でPRしておくとよい
Case6
自分で事業所を立ち上げる
薬剤師はケアマネの資格が取りやすい
自分で「居宅介護支援事業所」を立ち上げることも可能
Case7
有志でネットワークを立ち上げる
近隣の薬剤師の有志で在宅ネットワークを立ち上げた実際の事例がある
サポート薬局の連携や在宅業務の情報交換などメリットが多い
訪問介護の生活援助サービス
「買い物や薬の受け取り」
・20分~45分 191単位
・45分~    236単位
居宅療養管理指導費 503単位
[ 時間制限無し ]
提案例
多職種にアピールして、まずは
一人の患者さんから始めよう!

在宅訪問の現場から
在宅訪問における薬剤師の役割は…
薬をきちんと飲めるように
支援すること
服薬支援
患者さんの状態をチェックすること
体調チェック
得られた情報を多職種にフィードバックし、ADLとQOLの向上に関わること
多職種連携
実際の在宅訪問の流れ
医師からの訪問指示
患者からの同意を得る
計画書の策定
介護保険の場合は
契約書を交わす
[ 要介護認定の確認 ]
介護保険で請求
実際の在宅訪問の流れ
処方せんをFAXで受ける調剤
患者宅に
訪問指導
医師・ケアマネに報告
決して配達だけでは
終わらないように
[ 薬、医療材料の準備 ]
[ 処方せん原本も応需 ]
[ 報告書をFAX ]
レセプト
電子媒体
介護保険の場合
伝 送
インターネット
伝 送
ISDN回線

MO, FD, CD-R
電子証明書
伝送ソフトが必要
平成30年3月末まで
国保連合会へ提出
請求を開始する月の
前々月の20日まで


提出期間 [ 1日~10日まで ]
医療保険と同封でも可
請求を開始する月の
前月末日まで
請求を開始する月の
20日まで
請求を開始する月の
20日まで
封書に
「介護給付費請求明細書在中」
と記載
残薬管理
470
億円
備えておくと便利なツール
担当者
会 議
処方
提案
薬剤師
目線で
おくすりカレンダー
一包化カラー薬袋
タブレット端末
つり銭用現金、印鑑、電卓
ピンセット、消毒用アルコール
文房具(マジック、セロテープ、ハサミ、ユニパックなど)
領収書
保冷バッグ
台車、キャリーカート
Case1
早い時期に信頼関係を構築
── チューブから投薬している患者さん
「薬、詰まりませんか?」
簡易懸濁法を提案することでご家族の負担を軽減
心をつかむ
Case2
常に先の先を予測
── がんのターミナル患者さん

急なオーダーにならないように事前に予測して用意しておく
薬剤師にしかできない
仕事が在宅にはある!

デュロテップパッチ
3日に1回貼付 12日処方、15日処方
他のくすりと周期がずれる
Case3
ラコールでプリン作り
── 嚥下困難の患者さん
ラコール嫌いな患者さん多い
いろんなレシピで楽しんでもらう
ラコールやエンシュアはゼラチンでは固まらないが粉寒天だと簡単に固まる
在宅の仕事は
1. 患者さんの状態を見る力
2. 現状を改善すための提案力
3. 患者さんに心を開いてもらって  相談してもらう技術
薬剤師として今まで培って
きた技術を総動員
多職種の連携がキモ!
医師
看護師
薬剤師
ケアマネ
ヘルパー
栄養士
MLで
情報共有
薬剤師が入ることで、医師・看護師・ヘルパーの負担が軽減
それぞれ本来の業務に専念できるようになる
2018年のダブル改定
一歩踏み出すチャンス!!

便通の悪い患者さん
エンシュア・リキッド
エンシュア・Hはお腹が緩みやすい特性を利用(便秘薬不要に)
エンシュア・H
Case4

トライ&エラーのくりかえし

相談を
受ける
Dr.に
提案する
改善する
薬剤師に
相談してよかった
Dr.「患者さんはそういうことを悩んでいるんだ…」
  「そういう手があったか」
薬剤師の目線で提案・改善を!
やりがい
 
18

30

平成27年厚生労働省「認知症施策推進総合戦略~認知症高齢者にやさしい地域づくりに向けて~(新オレンジプラン)」
700
万人
すまい
医 療
介 護
予 防
生活
支援
2015年内閣官房有識者調査会
地域包括ケアシステム
とは?
多職種連携
して一体的
に提供する
「地域包括ケアシステムにおける」薬局・薬剤師による薬学的管理及び在宅服薬支援の向上及び効率化のための調査研究事業」(平成26年老人保健健康増進事業)
「地域包括ケアシステムにおける」薬局・薬剤師による薬学的管理及び在宅服薬支援の向上及び効率化のための調査研究事業」(平成26年老人保健健康増進事業)
「地域包括ケアシステムにおける」薬局・薬剤師による薬学的管理及び在宅服薬支援の向上及び効率化のための調査研究事業」(平成26年老人保健健康増進事業)
医師や薬剤師の配置基準があるかどうか?
Full transcript