Loading presentation...

Present Remotely

Send the link below via email or IM

Copy

Present to your audience

Start remote presentation

  • Invited audience members will follow you as you navigate and present
  • People invited to a presentation do not need a Prezi account
  • This link expires 10 minutes after you close the presentation
  • A maximum of 30 users can follow your presentation
  • Learn more about this feature in our knowledge base article

Do you really want to delete this prezi?

Neither you, nor the coeditors you shared it with will be able to recover it again.

DeleteCancel

Make your likes visible on Facebook?

Connect your Facebook account to Prezi and let your likes appear on your timeline.
You can change this under Settings & Account at any time.

No, thanks

14卒 プロダクト研修 - ディレクション

No description
by

Daiki Taniguchi

on 18 April 2014

Comments (0)

Please log in to add your comment.

Report abuse

Transcript of 14卒 プロダクト研修 - ディレクション

REALWORLD
プロダクト研修

プロダクト実装における
構成要素
Web Direction
Web System
Web Design
そもそもなぜプロダクトを作るのか?
課題解決
「意味あるプロダクト」の実装フロー
今抱えている
課題の明確化
課題解決策
の明確化
課題解決策を
プロダクト要件へ反映
プロダクトの実装
ディレクション(的なこと)は、全員やります
・事業全体を見るプロデューサー
・クライアントから仕事を貰う営業
・数値を見るマーケ
・実装するエンジニア・デザイナー
特定の職種の人が持つべきスキルというよりも、
本質的な
「考え方」
であり
「仕事の仕方」
ディレクション
デザイン
システム
・事業をスケールさせるための課題・設計(プロデューサー)
・クライアントから貰った課題(営業)
・数値から導き出された課題(マーケ)
・課題解決(のためのコンセプト)をサービスへ反映(デザイナー)
・課題解決(のための仕組み)の設計・実装(エンジニア)
・課題を解決するプロダクトの考案
(プロデューサー・営業・マーケ・デザイナー・エンジニア)
・仕様の検討(同上)
ディレクターは、全部やります
・事業全体を見る
・クライアントから仕事を貰う
・数値を見る
・実装する
もしくは

・ディレクターって具体的に何やってるの?
・デザイナー=絵を描く人?
・エンジニアって黒い画面だけが友達なんだよね?
Presented by
Kazuya Takahashi, Tomohiro Nishijo, Daiki Taniguchi
なんとなくは分かるけど・・
目的なくプロダクトを作っても
無意味

・あれ、つまりディレクションって…?
・デザイン=絵を描くこと…?
・エンジニアは黒い画面だけ見ていればいいのだろうか…?

これらの疑問を解決して、
「プロダクト実装の全体感を見通せるようになる」
3日間にしましょう!

頭の片隅に留めておいて
欲しいことを最後にもう一度

「手段」は
「目的」

あって初めて意味を持つ

Introduction
・プロダクト実装の構成要素/目的/フローをざっくりと。
・3日間の研修で吸収して欲しいこと。
・一つ頭に入れておいてください。
では目的を見据えたプロダクト実装とは?
その前に、
・KPI○○を上げるための機能xx
・一連のユーザーテストとしての機能yy
・△△な市場にリーチするためのサービスzz

ディレクションとは、
「解決策」を形にして、
実際に課題を解決すること。
もう少し具体的に
具体的スキル?
予算管理
見積もり作成
契約書作成・締結
法務相談
事業数値計画
クライアント折衝
コンセプト固め
ユースケース作成
仕様書作成
サイトマップ作成
ワイヤー作成
スケジュール管理
リソース管理(ヒト・モノ・カネ)
想定アクセス数試算
サーバ手配
ドメイン手配
SEO対策
etc etc…
エッセンス
実践&トレーニング
・常に上位目的を見据えながら、
・課題解決までの道筋を立て、
・他者を巻き込み、協力を得て、
・課題解決策を実際に形にすること。
Q1.
げん玉をより活性化させるため、
サイトリニューアル計画を考案してください
※実装まで行う前提で
oh…
まず何が必要か?
各自3分でアウトプットすること
Tips1. 課題は「解く」前に「見極める」
・本当に「解くべき課題」なのか?
・多くの人は、取り組む必要のない問題に時間を
費やしている
Tips2. 最初の3分で
・課題〜解決までの全体像を描く。
・それぞれ「誰が」「何を」「いつまでに」?
・その中で自分のバリューは?
 →俯瞰的に眺める。
Tips3. 逆算で動く
・ゴールを決めて、「現状との差分」を考える。
 →最終到着地点に誤りがないか分かる。
 →解決までの全体像が分かる。
Tips5. 整理手法例:ツリー分解する
・例えば事業数値は各指標に分解できる。
・課題が具体的であるほど、打ち手の精度が上がる。
Tips4. 課題は、まず整理する
・「なんとなくこんな問題がある」状態では、
いつまでたっても解決されない。
・細かく分解することで、「まず取りかかれる状態」を作る。

Tips7. 悩むことと考えること
・「悩む」は「答えが出ない(出す気がない)」
・「考える」は「答えが出る(建設的な道筋)」
→常に「今自分は何を考えているのか?」を可視化
Tips13. 右脳と左脳・拡散と収束
・アイデアの拡散とロジックによる整理は、
どちらかに絞って集中して行う。
・自分の得意不得意を知り、チームで補完し合う。
Tips11. 仮説と検証
・「仮の答え」を持ち、正しいか「検証」する
→間違っていたらまたやり直し、のサイクル
→積み上げ型よりも
 早い(手戻りが少ない)・精度が高い
Tips8. 「紙に書く」は最強の思考ツール
・書くこと=考えること
・PCとにらめっこ=悩むこと
Tips12. 選択と集中
・一つのページにたくさんの機能
・一度に複数の課題
・一度に複数のタスク
→たいてい、一兎も得られません。
→Be simple!
Tips15. 会議には、ゴールを。
・関わる人が増える程、話をまとめるのは難しい
・最初と最後に「この会議のゴール(結論)は?」
Tips17. 「伝える」ことと、「伝わる」こと
・いくら「伝えた」つもりだったとしても、
相手の理解・行動に繋がっていなければ意味無し。
「伝わる」コミュニケーションに改善を。
Tips16. 発信する責任
・「自分は前から考えてたのに」は通らない
・発信できないのは、自分の考えを上手くまとめられていない証拠
Last Tips. 自責
・上司の指示が的確じゃなかったから…
 →なぜ自ら情報を取りにいき、改善を計らなかったのか?
・自分はやった。あの人がちゃんとやらなかっただけ。
 →あなたの存在価値は切り出しの作業者?
Tips9. アウトプットのコツ
・BestよりもBetter
 →完成度60% > 100%目指してタイムオーバー
 ※完成度60%…「全体像」は整理出来ていること
Tips10. インプットのコツ
・基礎から着手する
・先人の知恵を借りる
・インプットとアウトプットはセット
Tips21. ベクトルが自分に向きすぎてない?
・恥ずかしいのは、自分が中心だと考えているから。
 →周囲はそんなに気にしていない。
Tips20. 失敗をどう捉えるか
・一時の恥を捨てれば、
 「挑戦・失敗」=「成長」
  →良いことしかない。
発生売上
AC件数
ACUU
訪問UU
承認率
単価
AC/ACUU
AC率
承認売上
Q2.
今月、げん玉の売り上げが大幅に減少しています。
その改善策を練り、実際に機能として実装するために
必要なことまで整理してください。
Q3.
今月、げん玉の発生売上が先Q平均と比べて20%減少しています。
分析の結果、売り上げ減少の主要因として、
訪問UUが下がっていることが分かりました。
その改善策を練ってください。
Q4.
今月、げん玉の発生売上が先Q平均と比べて20%減少しています。
分析の結果、売り上げ減少の主要因として、
訪問UUが下がっていることが分かりました。
さらに、その改善策のプランニングは出来上がっています。

実際に改善策を機能として実装するために必要なことを
整理し、エンジニアとデザイナーを巻き込める状態を作ってください。
Q5.
今月、げん玉の発生売上が先Q平均と比べて20%減少しています。
分析の結果、売り上げ減少の主要因として、
訪問UUが下がっていることが分かりました。
さらに、その改善策のプランニングは出来上がっています。

実際に改善策を機能として実装するために必要なことを
整理し、エンジニアとデザイナーを巻き込んで下さい。
まず、課題と出会ったら
解決すべき課題だと分かったら
頭の使い方1
チームで働くということ
さらに成長していくために
頭の使い方2
Tips6. その整理、「構造化」されてる?
・ツリーの関係
 →左右は同レベル関係(MECE)
 →上下は親子・因果関係(Why So? So What?)

Tips14. 具体と抽象
・抽象化:俯瞰できるが、ディティールが弱い。
・具体化:アイディアは出るが、全体を見失いやすい
 →セットで扱う。いま自分はどちらの思考か?
各自10分でアウトプットすること
各自20分でアウトプットすること
各自20分でアウトプットすること
各自10分、
その後チームに分かれて30分でアウトプット
…の前に、以下それぞれを書き出してみよう

・デザイン研修で学んだこと
・システム研修で学んだこと
・「世界一シンプルな戦略の本(1章)」を読んで学んだこと

これらを念頭に置きつつ、実践!
Tips19. アイデアに価値はない
・一番難しいのは実行。
・実行に落とし、「課題を解決」して初めて
価値となる。
・机上論では分からない・得られないことが大半。
Tips18. 仕事(タスク)の受け方
・「いつまでに」「何を」?
・不足している情報はないか?
・「相手の求めること」と「自分の理解」にギャップはないか?
お疲れさまでした!
最後に、
・今回自分が得たこと
3つ書き出してみましょう。
その3点を、今後の研修や実際の業務において、
ぜひ実行していってください。
・「誰かのせい」にした時点で成長は止まる。
・変えられるのは、自分だけ。
・Introduction
・「世界一シンプルな戦略な本」まとめ
・ディレクションって?
・実践&トレーニング!
・最後に
世界一シンプルな戦略の本
まとめ
ディレクションって?
Full transcript