Loading presentation...

Present Remotely

Send the link below via email or IM

Copy

Present to your audience

Start remote presentation

  • Invited audience members will follow you as you navigate and present
  • People invited to a presentation do not need a Prezi account
  • This link expires 10 minutes after you close the presentation
  • A maximum of 30 users can follow your presentation
  • Learn more about this feature in our knowledge base article

Do you really want to delete this prezi?

Neither you, nor the coeditors you shared it with will be able to recover it again.

DeleteCancel

Make your likes visible on Facebook?

Connect your Facebook account to Prezi and let your likes appear on your timeline.
You can change this under Settings & Account at any time.

No, thanks

地域医療×IT

No description
by

sasaki hiroshi

on 26 November 2012

Comments (0)

Please log in to add your comment.

Report abuse

Transcript of 地域医療×IT

在宅医療 武藤真祐先生 医学博士・MBA・米国公認会計士
医療法人社団 鉄祐会
「祐ホームクリニック」理事長

東京・石巻で在宅医療に従事 在宅医療とは? 患者の自宅で行う医療
対象:主に通院困難な高齢者
  どうして在宅医療が必要? ①社会的期待 ②政策的期待 死亡者は増えるが、病院の数は増えない

死亡者の増加分は病院以外で対応

「家」で看取る在宅医療 在宅医療導入による平均在院日数の大幅な短縮

入院にかかる医療費の削減

医療経済的な効果  祐ホームクリニック 2週に1回程度の定期訪問
24時間365日の緊急対応
他病院・他業種との連携 患者数350名弱
医師数30名弱
(常勤換算で5名程度)  ITを使った取り組み
with富士通 ・院内で使うシステム(在宅医療の質を上げるシステム)
・多業種と連携する為のシステム
・高齢者を地域で支えるシステム IN THE FUTURE ex.宅急便・コンビニとの連携
ex.テレビを使った双方向通信 地域全体で
高齢者を見守る社会 高齢者先進国としての
モデル提示 もう、誰も
ひとりぼっちに
したくない 武藤真祐著「医の力」より 光城元博さん 日立メディコ
メディカルITマーケティング本部 JAHIS
(保健医療福祉システム工業会) 医療業界に
ITが導入され始めた頃 院内における情報共有 電子カルテ
電子オーダーシステム 医療の多様化

IT技術の進歩 診療情報を
複数の医療機関で
リアルタイムに共有 ex.あじさいネット@長崎 IN
THE
FUTRUE 国民背番号制の導入
&
その情報の利用 もし、全ての医療情報が
クラウドに蓄積されたら 質の高い医療の提供 さらに 医療のアウトカムの正確な評価

医療の最適化 「ビッグデータの1.5次利用」 低コストでの大規模コホート研究
「バイオマーカー」の探索

疾病の原因特定や早期発見、予防
そして新薬の開発 クラウド化された医療情報を利用した
科学技術産業
⇒「ビッグデータの2次利用」 Today,21st century medical technology is often delivered
with 19th century organization,structure,
management practices,and payment models...
By Michael Porter IT:人と人をつなぐツール
Full transcript