Loading presentation...

Present Remotely

Send the link below via email or IM

Copy

Present to your audience

Start remote presentation

  • Invited audience members will follow you as you navigate and present
  • People invited to a presentation do not need a Prezi account
  • This link expires 10 minutes after you close the presentation
  • A maximum of 30 users can follow your presentation
  • Learn more about this feature in our knowledge base article

Do you really want to delete this prezi?

Neither you, nor the coeditors you shared it with will be able to recover it again.

DeleteCancel

Make your likes visible on Facebook?

Connect your Facebook account to Prezi and let your likes appear on your timeline.
You can change this under Settings & Account at any time.

No, thanks

主題科目「国際研修」

No description
by

Yusuke Sakurai

on 11 April 2016

Comments (0)

Please log in to add your comment.

Report abuse

Transcript of 主題科目「国際研修」

開講予定科目
コースの概要
単位授与までの流れ
注意事項
評価方法
03-5454-6197
sakurai@global.c.u-tokyo.ac.jp
Globalization Office (10-17.00)
.
.
目的:
中国語サマースクール(中国)南京 9月に秋学期の科目として実施予定 説明会など、別途通知を出す。
カザフスタン(ナザルバエフ大学) A2タームに出講予定3月上旬を検討中・治安状況しだいでトルクメニスタンに変更の可能性あり(JASSOの派遣奨学金5人分)
UTokyo/ANU Exchange in Canberra/Kioloa Aセメスター1月末から2月初旬(UTokyo/ANU Exchange in Tokyoは開講しない)
村松先生「イタリア語イタリア文化海外研修」
ガリー先生「Tokyo: Representation and Reality」
森井先生「EUの現状と課題」
森井先生「ボン大学ドイツ語サマースクール」TLP生優先
伊藤先生「UTSIP in Kashiwa」 
異なる言語・文化の環境に触れ、国際交流の現場を体験し、グローバルな視野を養う機会を得る。
学生にとってはじめての海外経験を後押しする科目である。
進んで自分の視野を開こうとする、学生の積極的な参加姿勢が望まれる。
受講にあたっては海外渡航経験の有無は問わない。 
海外での学びの経験が単位として認定される。
海外の学生との合同学習などを含む短期の海外研修
海外教育機関との海外での共同教育プログラム
海外の学生との日本国内での研修
海外の教育機関が提供するプログラムを利用した研修
履修に際する注意事項
全体オリエンテーション
主題科目「国際研修」
担当者紹介
伊藤たかね 教授
大学院総合文化研究科言語情報科学専攻
櫻井勇介 特任講師
大学院総合文化研究科国際交流センター
Sセメスター:
Aセメスター(予定):
× 現地の学生が街を紹介するべきだ。
クレジットカード付帯の海外旅行保険は不可
Aセメスター/A1・A2タームの国際研修の成績が出るのは、前期課程修了判定後となるため、前期課程修了要件に成績が算入されないことがある。2年生で国際研修を履修する学生は注意すること。
国際研修の主旨:
主なコースの種類:
「外国を楽しみたい」という人のコースではない。
履修上の注意
渡航と現地での注意
オーストラリア国立大学英語中上級(オーストラリア)
シドニー大学英語研修(上級)
シドニー大学英語研修(上級)TLP対象
メキシコ国際研修:古くて新しいメキシコの豊かさを知る
未定:
http://www.globalkomaba.c.u-tokyo.ac.jp/outbound/program/globalpraxis/index.html 
過去の国際研修報告:
個別授業の説明会日程に注意して参加してください。
以下のような様々な方法で評価が行われている。
口頭発表
レポート
小テスト
授業参加等の総合評価
講義への貢献
ブログ報告
21 KOMCEE WEST B1F (国際研修担当 櫻井勇介)
http://www.globalkomaba.c.u-tokyo.ac.jp
https://www.globalkomaba.c.u-tokyo.ac.jp/en/mail/index.html(メーリングリスト)
開講予定科目のガイダンス実施日
問い合わせ先
11日のガイダンスに参加してください。
村松真理子先生

ガリー・トム先生
http://goo.gl/55AAEV

9号館313号室(事務室)Tel/Fax:03-5454-6112

新領域創成科学研究科国際交流室 ilo@k.u-tokyo.ac.jp
行き先・企画により、20万円40万円くらい
オーストラリア@ANU 30万円(航空券・宿泊費・食費・交通費)
オーストラリア@東京 6万5千円(宿泊費・食費)
シドニー英語研修 40万円
旅費概算
評価方法
(コースによって違いや前後がある)
渡航
帰国
単位授与

課題提出(評価)
書類選考結果通知
OSSMA登録ガイダンス(渡航前危機管理説明会)
書類提出
書類選考
履修登録変更
履修登録
海外旅行保険・OSSMA登録
旅行代金支払い
事前講義
残金支払い
ガイダンス参加
ビザ申請
ガイダンス予定
旅費概算
EUの現状と課題(ドイツ)
「TOEFL100点以上をめどとするが、応募時にスコアを有してなくても応募は可能。ドイツ語は必要ない」
選抜基準の例
× 先生が現地の学生と仲良くなれるように調整するべきだ。
× 現地の学生がフレンドリーに話してくれるべきだ。
× 現地の学生が車を運転してくれるべきだ。
自ら積極的に現地の学生や人々と交流を持とうとすること(旅行客ではない。待っていても誰もあなたのことを気に留めない)。
世界情勢によって急な中止もありうる(昨年度は1週間前にマレーシア研修が中止になった)。適切な方法で返金がなされるが、全額は返ってこない。
年齢、授業内容、現地の法規に関わらず、飲酒は不可(「国際研修」は授業である)。
研修参加中は安全管理上の理由から担当教職員の指示に従わなければならない(誓約書に誤った名前を記載したなどの言い訳は許されない)。
現地集合、現地解散は理由を問わず不可(危機管理上の理由から・だれが・どこに・いつまでいるという確認が煩雑になる)
学生が負担する費用については、授業により異なる。奨学金が出るものと出ないものがある。
海外での研修の場合OSSMA(要説明)の登録と海外旅行保険の加入は必須である。
興味のある学生は、個別のガイダンスにも参加すること。
履修科目登録機関後に選抜の結果が発表される授業もある。(その場合、「履修科目確認・訂正期間」に修正する)
研修のため海外に渡航する前に事前講義が実施される授業や、他の科目の履修が条件とされる授業もある。
主な対象は、前期課程の全学生(1年生、2年生)だが、後期課程の学生にも開講されている科目もある。
参加者の選抜を行ったり、ある水準以上の語学力を求めたりする場合がある。
メキシコ国際研修
「これまでにスペイン語を学んだ経験がある(レベルは問わない)」
UTokyo/ANU Exchange in Tokyo
「TOEFL 90-100+/IELTS 6.5-7+」
「UTSIP in Kashiwa」(夏季インターンシップ)に興味がある方は先に6限 「117教室」へ!! 現在ガイダンス中!!
本スライドは goo.gl/dv8glH でアクセスできます!!
「イタリア語イタリア文化海外研修」


「Tokyo: Representation and Reality」


「EUの現状と課題」「ボン大学ドイツ語サマースクール」

「UTSIP in Kashiwa」
伊藤先生「UTSIP in Kashiwa」(夏季インターンシップ)4月8日 6限 117教室
森井先生 「ボン大学ドイツ語サマースクール」TLP生優先、TLP生以外への説明会未定
ガリー先生「Tokyo: Representation and Reality」 4月7日 昼休み/4月13日 18:45-19:25 157教室
村松先生「イタリア語イタリア文化海外研修」 4月11日 6限 112教室
森井先生「EUの現状と課題」 4月8日12:20-, 523教室
Full transcript