Loading presentation...

Present Remotely

Send the link below via email or IM

Copy

Present to your audience

Start remote presentation

  • Invited audience members will follow you as you navigate and present
  • People invited to a presentation do not need a Prezi account
  • This link expires 10 minutes after you close the presentation
  • A maximum of 30 users can follow your presentation
  • Learn more about this feature in our knowledge base article

Do you really want to delete this prezi?

Neither you, nor the coeditors you shared it with will be able to recover it again.

DeleteCancel

Make your likes visible on Facebook?

Connect your Facebook account to Prezi and let your likes appear on your timeline.
You can change this under Settings & Account at any time.

No, thanks

研究説明2013(40+1)

No description
by

Keisuke Yoshiki

on 2 April 2014

Comments (0)

Please log in to add your comment.

Report abuse

Transcript of 研究説明2013(40+1)

吉木G
研究内容紹介

2012年度版
光学
古典,非線形,量子
マイクロメカニクス
力学試験装置,AFM
3次元応力顕微鏡の開発
光整流による発電技術
マイクロマシンの変形計測
マイクロ引張試験装置
非線形光学
量子光学
古典(基本中の基本)
バイオメカニクス
メカノバイオロジー
MEMS製造プロセスを
使った測定機器開発
マイクロメカニクス
生体(細胞,組織)
マイクロマシン(の部品)
加工
その他,アイデア次第
[生体と力の関係を解明]
生命現象は力によって支配されている
生体中の力をイメージングする技術を開発
微小材料はバルクとは異なる力学特性
欠陥の影響が顕著になる
顕微鏡が

であるならば
顕微鏡上にのるほどの微小デバイスは
指先
として活躍
屈折,反射,偏光など,光学機器の設計に必須
ここ20年の先端光学のトレンド
最近勃興した量子光学と比べると古典的な学問に分類されることも
光は波,が前提
光の本質である粒子性,不確定性で捉える
波には起こり得ない新たな現象
1つの光を2つに分けると面白いことが...
長さ200μm程度の試験片の引張試験が可能
感度校正機能による高精度計測
細胞内外の応力分布をマッピングする顕微鏡を開発
交流を直流に変換する電気回路があるが,それと同じ事を光で行う.一度物質に光を吸収させる過程を伴う太陽電池より高効率
興味のあるもの
基礎技術
研究テーマ
基礎技術
興味の
あるもの

研究テーマ
加工
レーザー加工
先端光技術を用いたレーザー加工
(超臨界,ラジアル光加工)
やってることはとても単純
研究の根幹
光と物質の相互作用を利用
光と物質が衝突
新たな光→計測応用
電気等に変換→動力,エネルギー
物質の変性(破壊)→加工
光学
マイクロ
メカニクス
顕微鏡作製
未完成含めて4台の顕微鏡
超解像技術
10nm以下の小さいものも見える顕微鏡
参考:ウィルス100nm
量子相関光励起
ゴーストイメージング
偏光モード変換器
ビーム内の偏光分布を制御する液晶光学素子
立体配向計測(分子の向きを3次元で計測)
レーザー加工の高効率化等
プローブアレイ
AFM(原子間力顕微鏡)の探針を320×320本配置
2mmの範囲で計測が可能
細胞外マトリクス
:コラーゲン
,エラスチン等
細胞骨格
:微小管
,アクチンフィラメント,
  中間径フィラメント
1.マイクロマシンに標識分子を散布する
2.標識分子の位置を追跡することで変形を可視化
3.応力,歪分布に換算→欠陥存在部位が分かる
400nm のバンチングドット状の金属ガラス薄膜を作る
井上先生に助けてもらわないといけないので相談要
多様な物理現象を利用
力学特性を非破壊で
計測する顕微鏡を開発
マルチプローブAFM
AFMとは,極小のレコードの針
試料をなぞって凹凸の像を得る
320*320本のプローブで広範囲を一気に走査
Full transcript