Loading presentation...

Present Remotely

Send the link below via email or IM

Copy

Present to your audience

Start remote presentation

  • Invited audience members will follow you as you navigate and present
  • People invited to a presentation do not need a Prezi account
  • This link expires 10 minutes after you close the presentation
  • A maximum of 30 users can follow your presentation
  • Learn more about this feature in our knowledge base article

Do you really want to delete this prezi?

Neither you, nor the coeditors you shared it with will be able to recover it again.

DeleteCancel

liver biopsy

消化器ブロックPBL
by

KAWAHARA TOMOKI

on 22 April 2010

Comments (0)

Please log in to add your comment.

Report abuse

Transcript of liver biopsy

肝生検 肝硬変 脂肪変化 マロリー小体 多型核球の浸潤 :検査における"Gold Standard"
:経皮的に行われる(局所麻酔。安全・簡単) 適応
1:原因不明の肝細胞疾患
2:長期の慢性活動性肝炎
3:原因不明の肝臓巨大化
4:原因不明の膵臓巨大化
5:画像検査での空洞発見
6:原因不明の発熱
7:悪性リンパ腫 禁忌
重篤な腹水(この場合は経頸静脈的に生検を行う) WHO分類による形態的分類
:大結節性(3mm以上、B型肝炎)
:小結節性(3mm以下、アルコール)
:混合型(アルコール、胆汁うっ帯、Budd-Chiari症候群、ヘモクロマトーシス) 門脈域への炎症細胞浸潤と周囲の肝細胞脱落により、門脈域
と肝細胞組織の境界(限界板)が不明瞭化する状態をInterface hepatitisという。 侵襲性の低い画像検査が主に
用いられるようになってきている 肝臓に脂肪が蓄積した状態
:アルコール性
:食事性 境界不明な好酸性の蓄積物。
脂肪変成した肝細胞内に散見される アルコール性肝炎の65%
アルコール性肝硬変の51%
Willson病の25% Frank_Burr_Mallory Bridging Fibrosis 肝細胞が脱落することで好酸性物質が蓄積 好酸性物質を処理するためにMφが集積
Full transcript