Loading presentation...

Present Remotely

Send the link below via email or IM

Copy

Present to your audience

Start remote presentation

  • Invited audience members will follow you as you navigate and present
  • People invited to a presentation do not need a Prezi account
  • This link expires 10 minutes after you close the presentation
  • A maximum of 30 users can follow your presentation
  • Learn more about this feature in our knowledge base article

Do you really want to delete this prezi?

Neither you, nor the coeditors you shared it with will be able to recover it again.

DeleteCancel

Make your likes visible on Facebook?

Connect your Facebook account to Prezi and let your likes appear on your timeline.
You can change this under Settings & Account at any time.

No, thanks

...

No description
by

Akane Y

on 25 November 2013

Comments (0)

Please log in to add your comment.

Report abuse

Transcript of ...

1歳3カ月 急成長(40語)
     ↓
  6か月 (160語)
     ↓
  9か月 (250語)
早期形成型
志水佑后
山上茜

動機・目的
方言とは?
先行研究による方言の定義
方言周圏論(蝸牛考) [柳田國男]
蝸牛考→方言周圏論
蝸牛(かたつむり)の方言の調べ方
調査
調査内容
(過ごしやすい春の気温で) 「だんだん気温も(  )なってきたなー」
M・Sの違いは何?
母親の出身地と家庭内の方言使用
結論
方言区画論
調査 結果
M
:京都府出身 神奈川県在住7年 
  母…兵庫県出身
  父…大阪府出身
 
S
:大阪府出身 東京都在住 2年
 母…北海道出身
 父…大阪府出身 
T
:東京都出身 東京都在住 20年
  母…埼玉県出身
  父…東京都出身
「笑えないギャグばっかり言って(   )先生」(どんな先生?)
形容詞・形容動詞に注目
「紙が(    )せいで使っていたら破けちゃった」
など30項目
現在関東在住    同学年(平成4年度)    女性
全く違う言葉
いらち
からい
ぬくい
おもんない
「い」の欠落
さむなって
あつなって
しんどい
寒い
暑い
せっかち
暖かい
しょっぱい
面白くない
つらい
副詞
めっちゃ
とても
M…母親が関西出身で、家では関西弁
  今年三月まで家族暮らし

S…母親が北海道出身で、家では標準語
  1人暮らし
1歳3か月(10語)
     ↓
  6カ月 急成長(20語)
     ↓
  9カ月(100語)
      
標準型
親との関係>土地の関係
家庭内の言葉が外での会話でも影響される
関東でも関西弁を話してしまう
関西でも完璧な関西弁ではない
話し言葉
成人言語を話す親の交流によって子供の言葉が形成
関東地域に住んでいる関西人
関西弁を使用
標準語(東京弁)を使用
この差は何か?
場所が違うから?
ずっと方言で話していたから?
日常会話
先行研究・アンケート
ことばの地域差(柴田武・1977年)
私達はどのようにして差がある言葉を話すのか?
その人が言語形成期を
どこ
で過ごし、
どこ
に移住したかで決まる
方言形成の要素とは
「方言は、ことばの差を地域差として
とらえた場合の言語である」
柴田によると…
先行研究より
言語習得過程についての人間関係学的研究 (佐々 加代子 1992)
方言区画論 [東条操]
内地方言
東部方言
西部方言
九州方言
琉球方言
奄美大島方言
沖縄方言
先島方言
大辞林より
方言区画とは「全国の方言を地図上に総合的に結論づけてその区画を示したもの」であり「区画とは、ある範囲に、土地を外側から人為的に区切ることであり、方言区画も方言という言語自体が直接の対象ではなく、区画される対象はあくまでも土地なのである。」
(東条操)
三省堂「全国方言辞典」
(柳田國男)
研究方法
第一:方言量
第二:方言領域
第三:方言境界
第四:方言複合
目的
全国で使われる方言は
どのように広まり、どのように形成されたのかを「カタツムリ」の言葉を用いて調査する、というもの。
結果
カタツムリの方言
デデムシ・デンデンムシ系
マイマイツブロ系
カタツムリ系
ツブラ・ツグラメ系
ナメクジ同名系


これらすべては京都から生まれ、それが
京都を中心とした同心円状に分布している
蝸牛考について
蝸牛考
方言周圏論:
これら5は京都から生まれ、それが
京都を中心とした同心円状に分布している
早期形成型
文化の中心地で相次いで新語が生まれ、それが波紋のように周辺に伝播(でんぱ)した結果、同心円状の分布が形成され、発生の古い語ほど外側の遠隔地で見いだされる。(大辞林)
1歳3か月 急成長 (40語)
    ↓
  6か月  (140語)
    ↓
  9か月  (250語)
中心から言葉が円状に広がり周囲に影響を及ぼし、
そして、それが方言の成り立ちだと証言。
要は、地域によって方言が形成される
方言周圏論と方言区画論の定義:
それぞれの土地または地域が
人それぞれの方言を形成する
親の言葉によって子の言葉も変わる
言語=方言
S:関西地方生まれ
→完璧な関西弁がでにくい
M:7年間、関東在住
 →関東で関西弁を話し続ける

 →地域の問題?
ほかの要因があるのではないか?
身近な3人を対象
調査から
Full transcript