Loading presentation...

Present Remotely

Send the link below via email or IM

Copy

Present to your audience

Start remote presentation

  • Invited audience members will follow you as you navigate and present
  • People invited to a presentation do not need a Prezi account
  • This link expires 10 minutes after you close the presentation
  • A maximum of 30 users can follow your presentation
  • Learn more about this feature in our knowledge base article

Do you really want to delete this prezi?

Neither you, nor the coeditors you shared it with will be able to recover it again.

DeleteCancel

Make your likes visible on Facebook?

Connect your Facebook account to Prezi and let your likes appear on your timeline.
You can change this under Settings & Account at any time.

No, thanks

sience education

No description
by

1981 nor

on 18 December 2012

Comments (0)

Please log in to add your comment.

Report abuse

Transcript of sience education

理科での学びの原動力 導入 の工夫 課題 「内なる問い」に合う課題の設定
見通しが持てる課題の設定

子ども達の主体的な活動
が見られるはず 問題解決 できた! 理科部会 内なる問いが生まれる場面
の工夫 ・「なぜ・どうして」と自ら問いを持とうとする姿
・見通しを持って解決しようとする姿
・論理的に事象と関連付けて説明や考察をしようとする姿
・日常生活の中に理科的な関連を見つけ出そうとする姿 対象と関わって「切実な問い」をもつ場面の工夫 学びの原動力が高まる 必死に解決しようと 「なんで?」「どうして?」「やってみたい」「すげーっ」「新たな疑問!」「知りたい」
「わかりたい」「不思議だ」 対象にふれる 学びの原動力を高める学習活動 疑問や驚きを発生する事が出来れば、自ずと様々な対象に働きかけ、 内なる問い 理科では
事象を比較し、関係付け
条件に着目し推論することを基本に
解釈し・表現していく
ことが大切だと考える 新指導要領
科学的な「思考・判断」

科学的な「思考・表現」 表現力の重視。 思考判断した事を、
イメージや言語活動を通して
表現していく必要がある。 表現を見とる。 本研究授業に向けての授業検討 書く活動から
思考を表現する
為のワークシー
トの実践 液性の判別での授業実践(小6)では
「導入と課題の工夫」から内なる問いを持たせる授業 レンズのきまりを見つける授業実践(中1)では
「教材とワークシートの工夫」から内なる問いを持たせる授業 課題 授業の手だてが、学びの原動力を高めることに繋がっていったかどうかを、どう見取るか。

授業の中での子どもの思考の変容を見取ることができたならば、そこから、学びの原動力が高まったかどうか判断できるのでは? 思考や気づきを言語やイメージに表す
授業を研究していくことが重要。 前時の授業 +極 ー極 電流って何? 内なる問い 電流は使われると減る
 豆電球で使われるも
   のだと思ってい
    る生徒が多い。 予想 豆電球の前後では
電流の強さは変化しない 教材の工夫 思考を高める手だて イメージ図に表現するための手だて 直列回路と並列回路を同時に扱う

明るさの比較から、
電流の強さの比較ができる 測定箇所を自己決定させる

意欲の向上、どうしてその箇所をはかるのか
理由を推論することで、思考力の向上を図る 生徒の思考

豆電球が光っているの
に、電流が減らないのはなぜ? 光るのは電流とは関係ないのでは? 暗 明 より明 明 電流の強さは? 電流の強さは? 電圧の概念に繋がる種をまいておく 理科部会 全体研究授業 事後研究会 理科部会の取り組み(法村)
授業者から本日の授業について
質疑・応答
指導助言 に躍起になる姿 2種類の豆電球を扱う

直列の場合でも電流が同じでも光り方が違う事に気づく どこ
はかる? 前後を
はかれば! ここが同じ
だったら 思考に合った測定ができる 測定結果を振り返ることで、イメージ図の概念を形成しやすくする ・豆電球の前後で、電流の強さは同じ。
・直列回路ではどこの点でも電流の強さは同じ。
・枝分かれした電流の和は全体の電流と同じ。
・電流は豆電球によって減ることはない。
・電流が強くなると豆電球は明るくなる。 イメージできない子どもには、量に着目させ、人や物に例えることでイメージさせる。 未知の液体を判別したいという欲求 内なる問い あの液体は何だろう 既知の方法で判別すればできる 見通しをもって解決しようとする姿 内なる問い どんなときに像ができるのか 論理的に事象に関連づけて
説明や考察する姿 測定箇所を自由決定することにより 解決しようと
躍起になる 新たな疑問! 次につながる 対象を比較し、
関係づけ、条件に着目し
推論することを基本に
分析し、解釈し表現でき
  る姿を育てたい。 なぜ・どうして
と自ら問いを持
とうとする姿 見通しを持っ
て解決しよう
とする姿 論理的に事象
と関連づけて
説明や考察し
ようとする姿 日常に理科的
な関連を持と
うとする姿 この経験が次に繋がる これらの手だてを取ることで、内なる問いを持ち、それを解釈し、表現することができるのではないかと考えました。 実感を伴った展開 や が生まれる 本時のなかで
自分なりのイメージを表現しようとする
姿が見られたか。
そして表現することができたか。
Full transcript