Loading presentation...

Present Remotely

Send the link below via email or IM

Copy

Present to your audience

Start remote presentation

  • Invited audience members will follow you as you navigate and present
  • People invited to a presentation do not need a Prezi account
  • This link expires 10 minutes after you close the presentation
  • A maximum of 30 users can follow your presentation
  • Learn more about this feature in our knowledge base article

Do you really want to delete this prezi?

Neither you, nor the coeditors you shared it with will be able to recover it again.

DeleteCancel

Make your likes visible on Facebook?

Connect your Facebook account to Prezi and let your likes appear on your timeline.
You can change this under Settings & Account at any time.

No, thanks

電子書籍

電子書籍
by

zombie tk

on 10 September 2013

Comments (0)

Please log in to add your comment.

Report abuse

Transcript of 電子書籍

電子書籍について
電子書籍とは?
デジタルデータの本
2009年後半、iPad 発表から
電子書籍に関する報道が急増
日本では?
2008年 に 既に電子書籍市場は
464億円規模(アメリカの 3 倍)
しかも年々増大
ただしケータイ小説/マンガ/写真集が主
講談社、小学館、集英社他31社による
日本電子書籍出版社協会も発足。

今後は確実に普及していくはず
ハードウェア
ビジネスモデル
コンテンツ
電子書籍ブックリーダー
iPad
(アップル)
キンドル
(アマゾン)
PCからでも読めるが
携帯性、扱いやすさから
専用のリーダーが
利用されることが多い
239ドル
アメリカでシェア7割

E Ink(電子インク)使用
反射光を利用するので目が疲れない
モノクロ
300 グラム弱
充電無しで数日~ 1 週間
通信契約はアマゾンが代行

amazon で買ったら直接ダウンロード
kindle for iphone/PC で書籍を共有
現在日本語未対応(2010年中対応予定)
文庫本っぽい
紙の書籍
コンパクト
かさばる
読みやすい
読みにくい
店舗 or 通販
オンラインで
即購入
nook
(バーンズ&ノーブル)
リーダー
(ソニー)
その他,カナダ、中国等の
メーカーでも
専用リーダーが多数発売
雑誌っぽい
電子書籍はどういうもので、何が変わるのか?
著者
取次
書店
読者
出版社
著者
読者
電子書籍プラットフォーム
http://satoshi.blogs.com/life/2010/03/books.html
Padのインパクト:電子書籍のビジネスモデル
印刷
35%
25%
8%
22%
10%
65%(アマゾンの通常契約)
35%
セルフパブリッシングの時代に
個人で出版できる
マンガでは既に事例有り

・佐藤秀峰 
 漫画 on Web で Web上で読めるマンガを直販



・うめ
 日本語のマンガを初めてアマゾンで出版
僕から出版社にお金を分配する未来――電子書籍出版秘話 http://bizmakoto.jp/bizid/articles/1003/25/news029.html
http://mangaonweb.com/welcome.do
「アンビエント」化



「マイクロコンテンツ」化



「ソーシャル」化
「電子書籍は本より不便だが本棚より便利」
新作/旧作、プロ/アマ関係無く一様に使用可能
新聞/雑誌なら記事単位、短編集なら短編単位で切り売り
好きなものをみんなで共有できる
結局、電子書籍で何が変わるか
外見
中身
売り方・作り方
写真:産経新聞
小田嶋 隆
iPadは、本棚なきコトバダイバーたちを生む
http://business.nikkeibp.co.jp/article/life/20100401/213774/
499ドル

液晶使用
カラー、動画もいける
700グラム
バッテリー駆動期間 10 時間

iBookstoreで買ったら直接ダウンロード
汎用端末

2010年4月下旬日本発売
(iBookstore 日本語未対応の噂)
出版社はどうなるのか?
・編集として著者と合同でコンテンツ作成
・問い合わせ窓口/訴訟リスク引き受け
・総合プロデュース
・ブランド
著者
読者
出版社
著者
著者
・場所を取らなくなる。軽くなる
 通勤や移動中に持ってく本に悩まない

・(たぶん)価格は安くなる

・これまで入手困難な書籍を入手可能になる
 絶版本、量が中途半端で本にならなかった原稿

・著者と読者の距離が短くなる
 コンテンツ制作 + コミュニティの運営管理

・読者同士の距離も短くなる
 購入履歴から似た好みの人を探したり
 その人が薦めてる本を買ったり
紙の書籍
(physical book)
電子書籍
(electronic book)
・キンドルが200万台出荷
・2009年クリスマスの売り上げで電子書籍が
 紙の書籍を上回る(アマゾン発表)
・ダン・ブラウン(ダヴィンチ・コード)の新作
 『ロストシンボル』は電子書籍版も同時発売

・iPad は 初日で30万台出荷(2010年中に700万超?)
・iBookStore の売り上げは 25 万冊以上

・アメリカの電子書籍市場は前年同期 3 倍
 2009年度 1億6580万ドル(149億2200万円)
参考資料
・『電子書籍の衝撃』
 佐々木俊尚,ディスカヴァー携書/新書,2010/4/15

・『iPad VS. キンドル 日本を巻き込む電子書籍戦争の舞台裏』
 西田 宗千佳,brain on the entertainment Books,2010/3/12
ご静聴ありがとうございました
『電子書籍の衝撃』
佐々木俊尚,ディスカヴァー携書/新書,2010/4/15
『電子書籍の衝撃』
佐々木俊尚,ディスカヴァー携書/新書,2010/4/15
Full transcript