Loading presentation...

Present Remotely

Send the link below via email or IM

Copy

Present to your audience

Start remote presentation

  • Invited audience members will follow you as you navigate and present
  • People invited to a presentation do not need a Prezi account
  • This link expires 10 minutes after you close the presentation
  • A maximum of 30 users can follow your presentation
  • Learn more about this feature in our knowledge base article

Do you really want to delete this prezi?

Neither you, nor the coeditors you shared it with will be able to recover it again.

DeleteCancel

Make your likes visible on Facebook?

Connect your Facebook account to Prezi and let your likes appear on your timeline.
You can change this under Settings & Account at any time.

No, thanks

ホームページ講座プレゼン資料

No description
by

Yuichiro Okuda

on 23 April 2013

Comments (0)

Please log in to add your comment.

Report abuse

Transcript of ホームページ講座プレゼン資料

誰に、どうなってほしいのか 貴校における

1.コミュニケーション課題
2.メインターゲット
3.コミュニケーションデザイン
4.Webの位置づけ・役割
5.Webサイトにおけるゴール

を明確にしましょう。

8分で書いて、グループ内で発表 Work Time ! Navigator: Yuichiro Okuda @Corenet Welcome to the
"Wonderful Web World"! http://www.google.com/ アクセスツール
の多様化 UGC (User Generated Content)の増加 情報過剰・フラット化 コミュニケーションを
デザインしよう! 知ってもらう 調べてもらう 信頼してもらう 雑誌、新聞、交通広告、
外部サイト、パンフレット、
チラシ、外部相談会 etc… 自校Webサイト、外部サイト、
学校説明会、説明会資料、
募集要項 etc… PR、学校説明会 etc… 口コミ、ネチコミ
(塾・親族・友人・ネット上) 対象:受験生・保護者の場合 ターゲット分析の方法

説明会アンケート/入試データ分析
在校生・保護者ヒアリング
アクセス解析
ユーザビリティ・テスト etc… ゴールは具体的に!

例:英語教育のページを見た
  後に、説明会予約をする。 必要 知りたいことを、分かりやすく 「知りたいこと」は
詳しく伝える 直感的に、早く
理解できるように! 更新!動画!対話!
Webの特性を活かす 状況によって
「知りたいこと」は
異なる 知りたいことから、伝えたいことへ 知りたいことに
たどりつきやすく 知りたいことから
伝えたいことへ step1 step2 <重要な要素>
トップページ
ナビゲーション
フッタリンク
アクセスが多いページ
行動に直結するページ
 (資料請求、来校、出願など) もっと多くの人に
知ってもらう つながる⇔動かす
ソーシャルメディア 体制・運用こそ
Webの命! Homework! 1.下記2点をワークシートに記入し、次回持参

①貴校ホームページで「コンテンツ」
「サイト構造」においての問題点は?

②またその改善策は?
  

2.Facebook、Twitterを使ってみよう!

※いずれも別紙を参照ください。 http://onogakuen-jyoshi.jp/index.html http://www.hiroogakuen.ed.jp/ http://www.tjk.ac.jp/sp/index.html http://www.shutoku.ac.jp/ http://www.hachioji-jissen.ac.jp/ http://www.hakuoh.ed.jp/index.html 1.コミュニケーション課題

2.メインターゲット

3.コミュニケーションデザイン

4.Webの位置づけ・役割

5.Webサイトにおけるゴール 「みんなのため」は
誰のためでもない http://www.nit-komaba.ed.jp/j/index.html http://www.shogak.ac.jp/mh/index.html http://www.t-junshin.ac.jp/jhs/index.html http://www.ohyu.jp/ 先進校事例1 鴎友学園

・シンプルで洗練されたデザイン

・伝えたいことを絞り込み、
 分かりやすく図で示す

・教員や卒業生の姿が見える

・ユーザー目線の細かい配慮
 (Q&Aの質問一覧、印刷用地図) 先進校事例2 東京純心女子

・校風が伝わる暖かいデザイン

・伝えたいことを分かりやすく図解

・各ページに新着情報を提示
 →学校が「動いている」様子が伝わる

・生徒の活き活きとした姿が見える

・アクセス案内が丁寧
 (バス停案内、時刻表など) 先進校事例3 広尾学園

・トップページが頻繁に更新
 →学校が「動いている」という印象

・大量の情報を、見出しや写真、図の力で
 分かりやすく魅せている

・動画、写真中心のブログ
 →頻繁な更新を支える体制

・在校生保護者との関係構築にも活用

・英語版サイト

・知りたいことにたどりつきやすい
 サイト構造(ナビゲーションなど)

・フッタリンクの活用(来校誘導) 先進校事例4 小野学園

・伝えたいことを絞り込み、ユニークな
 見せ方で関心を惹きつける

・現場教員や生徒も巻き込んだブログ
 →校内の様子が活き活きと伝わる

・写真つきのアクセス案内(印刷用)

・大量のQ&Aをカテゴリ別に整理

・Webサイト内に掲示板を設置
 →ネガティブ書き込みにも誠実対応
 →ネチコミの場を自校サイト内に作る
  (先進的かつ効果的な対策) 先進校事例4 修徳学園

・写真つきナビゲーション
 →直感的理解を促す

・階層性よりユーザー視点を重視した
 サイト構造

・フッタリンクの活用
 →「関連リンク」と「サイトマップ」で
  ユーザーの回遊性高める

・新着情報をTwitterと連動
 →いつでも・どこでも情報発信 「続きはWebで」 リピート促進 利用者:5,060万人
(ネット人口の52.0%)

Facebook:24.5%
Twitter:26.3%
 mixi:26.1% 2012.5 インプレスR&D 年代別の利用率

10代:71.7%
20代:63.9%
30代:48.3%
40代:33.7%
50代:27.4% 2011.3 総務省 小学生の親の利用率

Facebook:42.6%
Twitter:43.2%
mixi:43.9% 2012.2 コアネット 利用者増! どう活用? Step1 自校の評判と作法の把握

Step2 在校生/保護者/卒業生
などとの関係深化

Step3 教育活動・広報への利用 http://twitter.com/bunsugi https://www.facebook.com/toingakuen https://www.facebook.com/BEAT.Socla 口コミの力 http://niiza.rikkyo.ac.jp/news/2011/03/8549/ https://www.facebook.com/ads/manage/adscreator http://www.inter-edu.com/ http://www.honjo-higashi.ed.jp/mailmag/index.html ◆ディスカッションテーマ1
 「ソーシャルメディアに関するリスク」

・どんなリスクが想定できるか

・リスクそれぞれへの対策は?
  

◆ディスカッションテーマ2
 「ソーシャルメディアの可能性・活用方法」 Work Time ! リスクは? (企業の場合)下記いずれかから生じる
1企業の施策 2一般従業員 3ユーザーの声

→ 昨今の炎上事例のほとんどは2か3
 「自社がソーシャルメディアに
  取り組んでいるか否か」は関係がない

→ 鎮火のカギは早期対応+炎上メディアでの対話
 「ソーシャルメディアを利用しないリスク」が
  高まりつつある トップの後押し・
率先垂範が最重要 全校体制で
発信頻度アップ! こまめに分析し、
小さな改善を重ねる 戦略構築ができる
専門家との協働 ディスカッションテーマ
「体制・運用に関する悩みと工夫」

◆どんな悩みがあるか

◆悩みそれぞれへのアドバイス Work Time ! http://shinagawajoshigakuin.jp/21fromPrincipal/ http://www.nihongakuen.ed.jp/ 補足:コミュニケーションデザインの流れ

1.思い込みを捨て、激変する社会や生活者の
  「今」を感じ、検証する

2.コミュニケーション課題を明確にする

3.誰を、どうしたくて、そのために何をするか
  を考える(全体視点で)
   ・フェーズごとに最適なメディアを探す
    (必要に応じて、創る)
   ・仕組みではなく気持ちをデザインする
   ・ターゲットをしっかり把握する
   ・個々のコミュニケーションはシンプルに

4.コミュニケーションの細部を設計する ディスカッションテーマ
「コンテンツ・サイト構造について」

・自校サイトにおける改善点は?
   Work Time ! コアネット教育総合研究所 
Web・ソーシャルメディア関連サービス紹介
Webサイト簡易診断
アクセス解析、ユーザビリティテスト
Webリニューアル/追加コンテンツ企画
Web広告(インターエデュ、Facebook等)
Web説明会予約・出願・合否発表システム

ソーシャルメディア導入支援
ソーシャルメディア研修・勉強会 その他 各種ご相談承ります 奥田 okuda@core-net.net HP活用実践講座 http://prezi.com/75j0olocwrxs/presentation/ 先進校の事例に学ぶ! Prezi資料URL スマホからもご覧いただけます! 重いですが・・・
提出方法
①本日、受付にて提出
②045-914-3015へFAX
③ http://www.core-net.net/questionnaire.ppt へアクセスし、アンケート用紙をDL後、メールにて提出 
提出先: コアネット金子 kaneko@core-net.net アンケートにご協力ください! http://www.sanno.ac.jp/exam/new_contents/ 高校生の利用率

Facebook:22.6%
Twitter:50.2%
mixi:37.9% 2012.4-6 リクルート進学総研 インターエデュ 立教新座中学校・高等学校 本庄東高等学校(学校法人小林学園) 文化学園大学杉並中学・高等学校 学校法人 桐蔭学園 東京大学 x ベネッセ:ソーシャルラーニングプログラム「Socla」 Facebookに広告を掲載 品川女子学院 校長日記 日本学園
Full transcript