Loading presentation...

Present Remotely

Send the link below via email or IM

Copy

Present to your audience

Start remote presentation

  • Invited audience members will follow you as you navigate and present
  • People invited to a presentation do not need a Prezi account
  • This link expires 10 minutes after you close the presentation
  • A maximum of 30 users can follow your presentation
  • Learn more about this feature in our knowledge base article

Do you really want to delete this prezi?

Neither you, nor the coeditors you shared it with will be able to recover it again.

DeleteCancel

Make your likes visible on Facebook?

Connect your Facebook account to Prezi and let your likes appear on your timeline.
You can change this under Settings & Account at any time.

No, thanks

メンタルヘルスについて

No description
by

otto markon

on 4 January 2013

Comments (0)

Please log in to add your comment.

Report abuse

Transcript of メンタルヘルスについて

メンタルヘルスについて 30,000人 1978 2012.1~11 1998 京都府精神保健福祉総合センター
臨床心理士 マルコン オットー 2012.12.23
あけぼの学園八木寮 日本の自殺者数の推移 無職者
配偶者がいない人

自殺報道後 『うつ状態』は・・・ 

脳や身体の疾患
心理的なきっかけ
原因不明(気分障害=「うつ病」) うつ病は気づき(かれ)にくい (2002年世界精神保健の日本調査) うつ・うつ病にかかったことのある住民の割合は?? ・うつ病では15人に1人の割合
・いずれかの不安障害では10人に1人の割合 では、   
そのうち医療機関で治療を受けていた住民は?? わずか1/4だけ うつ病患者さんの1日の経過 UTU-NET(http://www.utu-net.com/index.html) 気持ちのサイン

『憂うつ感』
『興味・関心の低下』
   物事の判断がにぶくなる
   自分に自信がなくなる
   自分を責める
   ささいなことから不安に陥りやすい UTU-NET(http://www.utu-net.com/index.html) からだのサイン 2週間以上続く不眠はうつのサインかも もしもうつ病になったら・・・ ・休養

・薬物療法

・精神療法 心の健康づくり計画の策定 セルフケア ラインによるケア 事業場内産業保健スタッフ等によるケア 事業場外資源によるケア 労働者による 管理監督者による 理解
気づき
対処 職場環境等の改善
個別の相談対応    とは・・・

「物理学」からの言葉
セリエの(Hans Selye、1907-1982)提唱したストレス概念 『ストレス』 自己防衛のための反応
=「ストレス」 外から加えられた刺激

=「ストレッサー」 抵抗力 正常な水準 警告期 抵抗期 疲弊期 心理的側面 行動的側面 身体的側面 ストレス反応には・・・ (初台関谷クリニック式 / ストレス度自己チェック法)
http://www.hatsudai-sekiya.com/060_stresscheck.html 5以下 6~10 11~15 16以上 正常範囲 ストレス予備状態 ストレス状態(要注意) ストレス病(要医療) 「社会再適応評価尺度」
 Holmes and Rahe ものごとを
ストレス
と受け取るか?? ストレスに
どう
付き合うか?? ストレッサー 認知 コーピング ストレス反応 ご静聴 ありがとうございました。

また 感想をおしえてください。 京都府精神保健福祉総合センター
臨床心理士 マルコン オットー 仕事上のストレッサー 仕事外のストレッサー ストレス反応 健康被害 緩衝要因 個人要因 軽減 強化 早期発見
随時対応 早期発見
早期対応 認知の歪み
 全か無か思考
 一般化のしすぎ
 心のフィルター
 マイナス化思考
 結論への飛躍
 拡大解釈と過小評価
 感情的決め付け
 すべき思考
 レッテル貼り
 個人化(責任転嫁) コーピングのいろいろ リラクセーション法も
いろいろ・・・

・自律訓練法
・呼吸法
・漸進的筋弛緩法
   などなど・・・ ・遅刻、早退、欠勤が増える

・休みの連絡がない(無断欠勤)

・残業、休日出勤が不釣り合いに増える

・仕事の能率が悪くなる。思考力・判断力が低下する

・業務の結果がなかなかでてこない

・報告や相談、職場での会話がなくなる(あるいはその逆)

・表情に活気がなく、動作にも元気がない(あるいはその逆)

・不自然な言動が目立つ

・ミスや事故が目立つ

・服装が乱れたり、衣服が不潔である。 「いつもと違う」部下の様子 1.声をかける
 「疲れてるのでは?」
 「 気がかりなことがあれば話してくれませんか?」

2.声をかけても話してくれなかった場合
 いつでも相談に乗るといって、
 相談しやすい状況を作っておく

3.数日して同様状況なら、再度声をかける
うつ病や自殺が強く疑われたら、産業医や保健師、
精神科医に相談
相談にのり、援助を行うと伝える 声かけ 1.プライバシーに注意しながら、余裕を持って話を聞く
  ・自分自身に余裕のある時に
  ・相手のペースに合わせて
(悩みをうまく表現できないことも多い)
  ・心をこめて聞く

2.結論を急がない
  ・まず聞いてあげるだけで良いことも多い
  ・原因追及にこだわらない
  ・評価、批判をしない。話をはぐらかさない

3.自分一人で抱え込まない 相談を受ける時の留意点 ・症状が安定していて、再発のおそれがないこと。

・仕事に対する意欲が見られること。

・職務を行う為の、持続力、集中力、体力があること。

・必要な程度に対人関係能力が改善されていること。

・家庭や職場での生活のリズムが確立していること。

・再発予防のため、通院、服薬が守れること。 職場復帰の本人側の条件 1.まず職場の生活に慣れさせる
本人は不安緊張を感じている。安心して再スタートできるように、自然にあたたかい態度で接する。

2.仕事と量は段階的に増やす
職場復帰はもとの職場、もとの仕事が原則。
主治医の意見も聞き、軽い単純な労働から複雑、密度の高い労働へ。
対人業務、チームでの業務は避けた方が無難。
自己のペースで行える仕事を与える。

3.通院や服薬、生活面にも配慮を
 
4.職場復帰後数ヶ月は、軽減勤務等の配慮が必要 職場復帰で気をつけたいこと 坂野雄二監修 「学校、職場、地域におけるストレスマネジメント実践マニュアル」 職場環境等の改善によるストレス対策のポイント 京都府の自殺者数推移 セルフケア・・・ ラインケア その理由は・・・ 治療に効果があると思わなかった 自分で何とかしたかった 3/4 2/3 独りでに改善すると思っていた 1/3 どこへ行けばいいかわからなかった 1/5 
Full transcript