Loading presentation...

Present Remotely

Send the link below via email or IM

Copy

Present to your audience

Start remote presentation

  • Invited audience members will follow you as you navigate and present
  • People invited to a presentation do not need a Prezi account
  • This link expires 10 minutes after you close the presentation
  • A maximum of 30 users can follow your presentation
  • Learn more about this feature in our knowledge base article

Do you really want to delete this prezi?

Neither you, nor the coeditors you shared it with will be able to recover it again.

DeleteCancel

Make your likes visible on Facebook?

Connect your Facebook account to Prezi and let your likes appear on your timeline.
You can change this under Settings & Account at any time.

No, thanks

ヤマト運輸 戦略経営分析

No description
by

Kenji Watanabe

on 28 July 2014

Comments (0)

Please log in to add your comment.

Report abuse

Transcript of ヤマト運輸 戦略経営分析

創業:1919年11月29日(もうすぐ100年)
事業内容:トラック輸送、航空輸送、海運、倉庫
資本金 :1,272億3,400万円
売上高(連結) :1兆3,746億1,000万円
純資産(連結) :5,601億7,200万円
総資産(連結) :1兆0,321億3,400万円
従業員数(連結):193,146名
3社
フィナンシャル事業
1社
オートワークス事業
3社
その他事業
2社
e-ビジネス事業
5社
デリバリー事業
4社
BIZ-ロジ事業
1社
ホームコンビニエンス事業
サービス第一
倫理観
思想を堅実に
礼節を重んずべし
全員経営
ヤマトは我なり
サービスが先・利益はあと
運送行為は委託者の
意思の延長と知るべし
DNA
1957
1919
創業
親子猫マーク
使用開始
商号を「ヤマト運輸株式会社」に変更
宅急便サービス開始
スキー宅急便発売
ゴルフ宅急便発売
コレクトサービス開始
夜間お届けサービス開始
空港宅急便発売
クール宅急便発売
クロネコメール便発売
クイックメンテナンスサービス発売
タイムサービス発売
宅急便受け取り指定
クロネコメンバーズ開始
超速宅急便発売
ドライバーダイレクト発売
Team Member
企業概要
企業理念
ヤマトの歴史
Yamazaki
Kawano
Kobayashi
Cho
Chen
Watanabe
アメリカ
UPSと提携
四国高速運輸を子会社化
年中無休化
1990
持ち株会社制へ移行
シンガポールと上海へ進出
丸井と資本・業務提携
日本郵船との資本、業務提携
Value Chain
財務分析
財務分析
Q&A
ヤマトホールディングス
計:19社
2010
2000
1980
1975
CHRONO GATE
79.9%
6.6%
3.5%
3.0%
4.6%
1.9%
0.5%
1985
1995
離島を含む全国ネットワークの完成
2005
総合力
収益性
安全性・成長性
キャッシュフロー
5 FORCE
【課題】
1.国内市場の成熟化・縮小
2.収益性の低下(サービス過剰)

【対策】
1.海外(特にアジア)展開
2.バリューネットワーキング構想
ヤマトの施策(まとめ)
我々の戦略提案
Full transcript