Loading presentation...

Present Remotely

Send the link below via email or IM

Copy

Present to your audience

Start remote presentation

  • Invited audience members will follow you as you navigate and present
  • People invited to a presentation do not need a Prezi account
  • This link expires 10 minutes after you close the presentation
  • A maximum of 30 users can follow your presentation
  • Learn more about this feature in our knowledge base article

Do you really want to delete this prezi?

Neither you, nor the coeditors you shared it with will be able to recover it again.

DeleteCancel

Make your likes visible on Facebook?

Connect your Facebook account to Prezi and let your likes appear on your timeline.
You can change this under Settings & Account at any time.

No, thanks

平成28年度第1回 東京都健康安全研究センター 環境保健衛生講習会プレゼン資料

ご参加ありがとうございました。皆様のご質問やご意見をご一緒に考えてみました。参加者から頂いたご意見を追加しました。配布資料はこちらをご覧下さい。http://monitoring.tokyo-eiken.go.jp/etc/eventinfo/
by

ichiro yamaguchi

on 4 October 2016

Comments (0)

Please log in to add your comment.

Report abuse

Transcript of 平成28年度第1回 東京都健康安全研究センター 環境保健衛生講習会プレゼン資料

MRI:磁気共鳴画像(原子核のスピンを利用して水素を画像化)、MRA:磁気共鳴血管撮影(MRIの原理を用い血管のみを画像化)これらはいずれも放射線を用いていない。
アイソトープは同位体で医療では放射性同位体のことを称している。

読売オンライン:
『東京電力福島第一原子力発電所から北に約70キロ離れた阿武隈川河口(宮城県岩沼市)から今年8月、1日あたり525億ベクレルの放射性セシウムが海に流出していたことが、文部科学省の委託を受けた京都大防災研究所や筑波大などの調査でわかった。

 東電が4月時点で推計した同原発からの海への総流出量に比べると約10万分の1の値だが、専門家は「流域の生態系などの影響に注意が必要だ」と指摘している。

 同川の2地点と、計画的避難区域に指定されている福島県川俣町などを流れる支流の口太川の4地点で8月10~30日、流れる水や土砂の量を調べ、土砂に含まれる放射性セシウムを計測、流下量を計算した。

 岩沼市の河口では、放射性セシウム525億ベクレルが流出。上流側に南西約40キロの福島県伊達市内では、計1763億ベクレルに達した。放射性セシウムの9割以上は、水中の土砂に含まれており、河口までのダムで一定量はせき止められたとみられる。』(2011年11月24日21時23分 読売新聞)
ALARA
無理なく到達可能な範囲で
できるだけ低くすべき
(リスク管理の基本原則)
IAEA TECDOC-1788:食品摂取による線量を推計する際の参照濃度
東京電力の資料を紹介
http://www.tepco.co.jp/decommision/planaction/landwardwall/index-j.html
水バランスシミュレーション
http://www.tepco.co.jp/news/2014/images/141202b.pdf
海水の放射性物質濃度推移

汚染されたことは間違いないのに…
局所ではより面積あたりの放射能量が高いところがある…
原子力規制委員会でも激しい議論…
追加で頂いた質問
放射線管理区域での表面汚染密度の管理基準を超えるようなところで暮らしていてよいのですか?
示された疑問
Q.表面汚染密度と空間線量率の関係は?
http://www.rist.or.jp/atomica/data/dat_detail.php?Title_No=09-04-05-01
さらに追加で頂いた質問
Q.表面汚染と空間線量率の関係は?
汚染の広さなどで異なります。
http://trustrad.sixcore.jp/ground_surface_contamination.html
このような線量は評価できて、リスクの大きさも推定できます。そのデータを元に皆さんで対策を考えることもできるでしょう。
考えるのが難しい場合には考えることを援助して下さる専門家の援助を受けることも考えられるでしょう。
行政を信頼して難しいことを考えないという考え方もあり得ると思います。あなたが考えるべきことを考えることも大切だと思います。
行政が信頼できない場合は、何故、信頼できないか思いをぶつけられては…
サンプルサイズが小さい欠点があるが、それぞれの試料を精度よく測定
限界
サンプルサイズが小さく代表性に限界がある
人々の食生活は多様でバラツキが大きい
他の研究結果と合わせると…
集団での中央値は、この程度であると考えられそう

現存被ばく状況をどう生きるかの問題
計画被曝状況とは異なる(受け入れたくない)現実

受ける線量のレベルは低く、特別な状況ではないと捉える方も多い(促進焦点モード)

会場からリスクの対応ではバランスを考えることが大切というご意見も頂きました
測定では品質管理が重要です
K-40は線量換算係数を仮にあてはめて計算
カリウムは恒常性があり、摂取量が線量と関係しない
カリウムの摂取を減らして線量を減らそうとするのは意味がない
講習会中に頂いた
その他のご質問やご意見
単位の接頭語を教えて欲しい。
説明無しに、マイクロ、ミリ、メガという用語を用いたので話しについて行けなかったようです…
配慮が足りず申し訳ありませんでした
ミリは千分の1でマイクロはその千分の1です(百万分の一)
メガはキロの千倍です
東葛地区のことが気がかり
汚染土壌がご親戚の家の側に積まれているそうです
汚染土壌などの処理・処分が課題となっています
千葉県では千葉市と他の自治体間で集中保管か分散保管かを巡って意見の対立があるようです
広い範囲で放射性物質が広がったままにするよりも、集めた方が受ける線量は小さくなる(自己吸収効果が効いてくるので)。
汚染土壌が集積してあることのリスクは評価されています。
東京都の埋立処分場では放射性セシウムの溶出防止のための策が講じられています。
保育園で園長が○○を放射能に効くとして園児に飲ませています。
多くのスタッフも園長を信じています。
一方、一部の保護者はそのことに懐疑的になっています。
子どものためにできることを取り組もうとする動機は正しいので、科学的な根拠に基づく取り組みにできるとよいと思います
フミン酸に頼る心情を理解した対応が必要そう…
行政の取り組み
(1)東京都による緊急調査・指導
根拠なく「放射性物質完全除去」などとうたい、消費者を誤認させる広告・表示 を行ったインターネット通販事業者を指導
平成23年度は、放射性物質対策商品、防災等商品、健康食品等の広告・表示の調 査に重点的に取り組んだ結果、582件(431事業者)の不当 表示の修正・削除等 を通販事業者に対し指導しました。
http://www.metro.tokyo.jp/INET/OSHIRASE/2012/06/20m6l301.htm
(2)国民生活センター
放射性物質への不安につけこむ広告や勧誘にご注意を!
http://www.kokusen.go.jp/news/data/n-20110721_1.html
園医なども交えて対応を検討なさってもよいかもしれません
土壌濃度が360Bq/kgで健康影響があったという報告があったことが気になっています。
都から移住すべきかどうか悩んでいます。
マーチン・トンデル先生(2012年と2015年の国際環境疫学会でご一緒しました(2015年はご一緒にシンポジウムを企画))の研究がアップデートされていることを紹介しました
リスクを見逃したくないという態度で臨む研究はリスク対策上必要ですが、確定しないリスク情報に悩まされてしまう(特に避けたいと思っているリスクに関して)問題があります
過酷事故での想定が未だに甘いのではないか。
工学的には事故は起こりえるので事故時の備えが必要ではないか。

PET検査とガンマカメラやSPECT検査との違い
PET検査は陽電子を放出する核種を用いています。
陽電子は電子と出会うと消えてしまい(質量があった存在がなくなってしまいます)、2本の消滅光子(反対方向に飛んでいきます)を発生 させるので、位置情報の精度を高くできます。
比較的狭い範囲に放射性物質が集まっている場合には、そこではGM 計数管でのβ線の計測数が増加しても、滞在場所での線量率には効いてこず、受ける線量が増えないことを頭で理解できていても、そのような存在が許せない…
トリチウムは放射性物質ですか?
トリチウムの基礎的な情報を解説させていただきました
東電福島第一原子力発電所の処理水の処分に関して疑問を持たれておられるのことでした
この課題に関して、海洋に放出することが合理的な解決策であると信じておられる方から、そうしてもが大きな問題をもたらさないことの保証が求められる場面もありました。
トリチウムの環境中のマスバランスを考えることが、海洋中のトリチウムの存在がもたらす問題の程度を考えることに役立つかもしれません
家電製品の安全性は?
疑問に沿って最近の動向も解説させていただきました
電子銃を用いるディスプレイの安全性に関心を持たれていました。
ブルーライトハザートのように新しい健康問題として懸念されている課題もあります。

話し手は誰?
国立保健医療科学院のウエッブページもご覧下さい
原発事故に関連して関わった国際的な取り組み例です
世界保健機構(WHO)の予備的な線量推計や国際原子力機関(IAEA)の飲食品の放射線安全に関するクライテリアの作成
2時間の滞在で公衆の線量限度に達することから人々に心配をもたらしました
昔は高かった?
大気圏核実験の影響です
講習会後に頂いたご意見
ご意見ありがとうございました
日ごろから放射線については何かと気になることが多く、理解できないものが多かった。特に福島の事故以来関心が深く、不安のみが先行していた。でも、本日、それほど気にしないで生活できるとわかった。
もう一度、資料をじっくり読ませていただきます。
この資料でわからないところは
ご遠慮なくご質問下さい

質疑応答の時間をたっぷり取ってほしい。講義で使用していた資料を配布してほしかった。
案内が漏れており申し訳ありません。
こちらが講義で使った資料です。
ご質問頂けるとありがたいです
内容が広すぎたような気がします。
すみません。皆様の疑問をご一緒に考えられればと思いましたが、進め方を工夫すべきでした。
講義内容については、事前質問での回答が主だったため、基礎的な知識に対する講義を伺いたかった。
ご希望に添えず申し訳ありません。
講義でご紹介させて頂いた環境省の統一的基礎資料などへのご質問もお寄せ頂ければと思います。

基礎から学ぼう放射線という表題だったので、基礎を教えてもらえると期待してきたがそうではなく残念でした。講義の話は難しくてついていけない部分が多くあった。実習は大変参考になった。
放射線入門、概論として受講しております。ガンマ線が測定対象となることの意味を理解した。(実際に計測器を自作しているので)
質問に関して、きちんとした回答を話してはいない。常に安全だということを基準に話を進めていることに違和感を感じた。わざわざ来た甲斐がなかった
ご期待に添えず申し訳ありません。
疑問を感じるところを教えて頂けませんか?

東京都はもちろん、福島県でさえ放射能の脅威は無くなって安全なのに、なんで公金を使って放射能測定(給食など)をやるのか?国がいっそ「事態は収束したので安心しろ」などと言ってくれれば、今放射能対策に使っている公金を別のことに使えると思った。
色々な考え方があるので、皆さんで決めるしかないのではないでしょうか…
現在、東京都は安全ということでよろしいでしょうか?
リスクの程度はお話しさせて頂いたとおりです。懸念なさっておられることがあれば、教えて頂けませんか?
福島事故のみでは、食品・水に対しては安全と感じた。ただし、原発何個が破損した場合の想定が安心のために必要と感じる。
この違いは事故による影響が小さくなりつつあることを示す
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jjrsm/14/2/14_45/_article/-char/ja/
Full transcript