Loading presentation...

Present Remotely

Send the link below via email or IM

Copy

Present to your audience

Start remote presentation

  • Invited audience members will follow you as you navigate and present
  • People invited to a presentation do not need a Prezi account
  • This link expires 10 minutes after you close the presentation
  • A maximum of 30 users can follow your presentation
  • Learn more about this feature in our knowledge base article

Do you really want to delete this prezi?

Neither you, nor the coeditors you shared it with will be able to recover it again.

DeleteCancel

Make your likes visible on Facebook?

Connect your Facebook account to Prezi and let your likes appear on your timeline.
You can change this under Settings & Account at any time.

No, thanks

position

No description
by

tom hasegawa

on 16 July 2013

Comments (0)

Please log in to add your comment.

Report abuse

Transcript of position

Why did you choose this position?
Step 3
1.患者の要素
  疾患・現病歴(期間)・既往歴
  運動パターン(職歴・趣味)
  アライメント(バイオメカニカル)
  身体能力(持久力・心肺機能)
Step 2
「なぜその肢位を選択したのか?」は
1.患者の要素
2.求める課題の必要要素
3.肢位の持つ構成要素
            に依存する。
さあ、何がみえるかな?
Step 1
治療を開始するにあたり、
「何をするか? 
  どのように展開するか?」
 と同じくらい
  「どの姿勢で治療を行うか?」
          は大切である。
Tatara RH-hp
Tom hasegawa

Step 5
3.肢位のもつ構成要素
Step 4
2.求める課題(動作)の構成要素
  例)前方リーチ
     抗重力姿勢制御(APA’s)
     肩の運動性と安定性
     前方への重心移動とpBOS
     身体図式
Step 5-A
Supine
Step 5-B
Side - lying
Step 5-C
Sitting
Step 5-D
Step 5-E
Standing (bipedal standing)
Step 5-F
Standing (single leg stance)
Step 5-G
Supine sitting (Semi supine)
広い支持面と低い重心
 最小の姿勢制御活動
 覚醒水準の低下
全身が伸展位
 姿勢制御なしの立位肢位
 四肢の連結が必要 
 視覚による協調の低下
 CHOR       
一側支持と体幹のバランス反応    
 上側肢は自由、下側肢外転活動
 機能的非対称
croock lying 
背臥位で両下肢屈曲位
 骨盤後傾位で足底接地
 姿勢制御なしに下肢の分節的活性化が可能
 姿勢制御なしの坐位肢位
体幹伸展位・下肢屈曲位
 体幹の選択的分離運動
 下肢支持(一側)と自由なHAT
体幹の正中軸獲得
Supine to sitting
Sit to supine
上半身の抗重力伸展活動と体幹の分節運動
 リーチ活動と殿部支持
体性感覚情報の減少と視覚・前庭情報の増加
坐位バランス
後方の身体図式と前面筋の遠心性収縮
 下肢伸展と後面での重心支持
体性感覚情報の増加と視覚・前庭情報の減少
STS  Sit to stand  
Stop Standing
bipedal standing
足底支持と抗重力伸展活動
足-股関節戦略の切り替えとHATの維持
前庭系活性化 
歩行の構成要素
 足関節戦略と抗重力屈曲活動   
 骨盤コントロールとHATの維持
(後方の)身体図式
前庭系の低下と橋網様体系の活性化
Prone standing
bipedal standing
足関節戦略の中で股関節屈曲位
 前方への重心移動と背筋の遠心性収縮
 長いback-line
HAT伸展維持と自由な上肢
コアコントロール・APA’s
支持基底面・CHOR
アライメント   
分離運動
・・・など基本的文言は一部省略していますが
  当然重要ですよ!!!
Standing(backward step)                                     
より強い一側での伸展活動
 重心移動(横上方向)とバランス
 単脚での支持性
 骨盤の滞空(p&aAPA's)
 前庭系の活性化
CHOR(手の機能)
全身の伸展活動
 足底(踵)の支持と足関節バランス
 肩甲骨の位置
 アライメントの関係性
正中軸(身体図式)の獲得
Prone
広い支持面と低い重心
全身の伸展位
 頭部回旋・足底屈内反位
 腰椎過伸展(骨盤前傾)・肩甲骨外転位
All four
両手掌と膝が支持面
 体幹前面が下となる(抗重力活動が逆)
 視線を床に向けるのが自然
 上肢支持の調整が容易(背屈角度が必要)
closeでの四肢対角線の動きが行える 
全身に屈曲位
 下肢活動性を維持し、HATの重さを除く
 体幹の遠心性収縮・肩甲帯への介入
Pronr sitting
体幹伸展位・下肢屈曲位
 広い支持面と背臥位より高い重心
 坐位姿勢困難な方の四肢促通
sit to supineの介入として・・・
SLS
股関節の伸展
前面筋の遠心性収縮
機能的非対称
歩行への介入
Full transcript