Loading presentation...

Present Remotely

Send the link below via email or IM

Copy

Present to your audience

Start remote presentation

  • Invited audience members will follow you as you navigate and present
  • People invited to a presentation do not need a Prezi account
  • This link expires 10 minutes after you close the presentation
  • A maximum of 30 users can follow your presentation
  • Learn more about this feature in our knowledge base article

Do you really want to delete this prezi?

Neither you, nor the coeditors you shared it with will be able to recover it again.

DeleteCancel

第1会場バーチャル技術展示-第14回岩の力学国内シンポジウム

No description
by

Rock Mechanics

on 17 January 2017

Comments (0)

Please log in to add your comment.

Report abuse

Transcript of 第1会場バーチャル技術展示-第14回岩の力学国内シンポジウム

http://www.nishimatsu.co.jp/
山岳トンネルに関する西松建設の開発工法技術
バーチャル技術展示(第1会場)
第14回岩の力学国内シンポジウム
http://www.geolab.jp/geo-graphia/
地下情報の3次元統合可視化ソフトウェア
Geo-Graphia(ジオグラフィア)
http://www.kajima.co.jp/
動画
は画面内の▶をクリック!
http://www.taisei.co.jp
前方地山予測・モニタリング技術
前方地山予測・モニタリング技術
① 現状の課題
② 前方地山の予測
③ モニタリング
山岳トンネル工事では、安全で合理的な施工を行う上で、工事の支障となる断層破砕帯などの脆弱な地質の性状を高い精度で予測することが不可欠です。大林組では、トンネル坑内外の安全と工程確保に寄与すべく、地質不良部などを事前に把握するための探査・モニタリング技術の開発に取り組んでいます。
山岳トンネル掘削時の変状や崩落を検知できるセンサーを用いて、これらをリアルタイムで計測して監視する技術を開発し、OSV技術により計測状況を可視化することで切羽の安定性確保と第三者への影響を防止します。
前方探査技術
予測型CIM
計測・解析技術
脆弱地山での変状・崩壊
切羽崩落
突発湧水
押出し変状
盤膨れ変状
インバート変位の経時変化
最大せん断ひずみ
http://www.obayashi.co.jp
動画
動画
http://www.penta-ocean.co.jp/
(国土交通省 NETIS 登録No. KT-020041-A)
(国交省 NETIS 登録No. KT-060120-A)
(国土交通省 NETIS 登録No. HR-140017-A)
(国土交通省 NETIS 登録No. HR-110027-A)
http://www.kfc-net.co.jp/
岩の力学ニュース
平成28年度
岩の力学連合会賞
「論文賞」「技術賞」
「フロンティア賞」
の募集
https://goo.gl/Es08jo
第2会場へ
【口頭発表】
・高速前方探索: No.96, 1/10 13:00〜 第1会場
・重金属探索: No.106, 1/11 9:00〜 第1会場
・先行天端沈下計: No.98 1/10 13:00〜 第1会場

【ポスター発表】
・インバート変位計: No.80
http://www.comsol.jp/
http://www.kesco.co.jp/comsol/
https://goo.gl/ZVU4us
COMSOL Multiphysicsによる地下環境の熱化学流体構造シミュレーション
COMSOL 技術特別セミナー「地下の見える化」テキスト
Full transcript