Loading presentation...

Present Remotely

Send the link below via email or IM

Copy

Present to your audience

Start remote presentation

  • Invited audience members will follow you as you navigate and present
  • People invited to a presentation do not need a Prezi account
  • This link expires 10 minutes after you close the presentation
  • A maximum of 30 users can follow your presentation
  • Learn more about this feature in our knowledge base article

Do you really want to delete this prezi?

Neither you, nor the coeditors you shared it with will be able to recover it again.

DeleteCancel

Make your likes visible on Facebook?

Connect your Facebook account to Prezi and let your likes appear on your timeline.
You can change this under Settings & Account at any time.

No, thanks

「3次元発創法」 とは?

サステイナブル活色デザイン研究会のプレゼンテーション
by

Toshio Katagiri

on 4 September 2014

Comments (0)

Please log in to add your comment.

Report abuse

Transcript of 「3次元発創法」 とは?

サステイナブル活色デザイン研究部会
Sustainable Active-Ruupa Design
SARD
設立準備報告
代表取締役
片桐 敏雄
1万年前のプレゼンテーション
アルタミラの洞窟壁画から学ぶこと
Who?
Who?
1949年 愛知県生まれ

1972年 金沢美術工芸大学/産業美術学科/商業デザイン専攻卒

1973年 (株)日本デザインセンター入社

1978年 (株)ベーシック・クリエイティブ設立

  現在に至る
(財)日本色彩研究所認定 第306号色彩指導者

(社)日本グラフィックデザイナー協会(JAGDA)会員

(社)日本パッケージデザイン協会(JPDA)会員

(社)日本デザインコンサルタント協会(JDCA)会員

NPO法人 サステイナビリティ創造研究学会 会員
サステイナビリティ創造研究学会(FSI)
アルタミラ洞窟壁画は、先史ヨーロッパ時代の区分で主にマドレーヌ期(約18,000年 - 10,000年前)と呼ばれる旧石器時代末期に描かれた野牛、イノシシ、馬、トナカイなどの動物を中心とする壁画である。ユネスコの世界遺産(文化遺産)に登録されている。
(Wikipedia)
プレゼンテーターは
Whom?
誰に向けて
What?
何をしていたのか
Why?
何のために
一族のリーダーが、
仲間と家族に向かって、
狩りの戦略会議をしていた。
生きるため。

種の持続可能な繁栄のため。
Works?
何をしてきたのか
Value Design
Brand Design
Communication Design
バリューデザインは、パッケージデザインなど、商品を開発するにあたって、そのブランドの価値をつくる仕事です。
ブランドデザインは、ブランドコンセプトを明確にし、ブランドの魅力をカタチにしていく仕事です。
コミュニケーションデザインは、真に伝えたいエンドユーザーにブランドの価値を伝える仕事です。
Promotion Design
プロモーションデザインは、ターゲットの意思決定および行動を促し、企業の活動や商品の販売を促進する仕事です。
4つの軸足がぶれないことが、
ブランディング成功の鉄則。
人は誰でも
考える力を持っている

問題の対極に、解決策あり。
アルタミラの洞窟壁画
株式会社ベーシック・クリエイティブ
気付きその2
・ブレーンストーミングの考案者として有名なA・F・オズボーンによる発散発想技法。
・アイディアが浮かばない際に発想する切り口として利用する為のリストである。
・M・I・Tクリエイティブ・エンジニアリング・ラボラトリーがオズボーンの著書か
ら9項目を選んで作成したものが有名であり、以下、その9項目である。

他に使い道はないか(Put to other uses-転用)
他からアイデアが借りられないか(Adapt-応用)
変えてみたらどうか(Modify-変更)
大きくしてみたらどうか(Magnifty-拡大)
小さくしてみたらどうか(Minify-縮小)
他のものでは代用できないか(Substitute-代用)
入れ替えてみたらどうか(Rearrange-置換)
逆にしてみたらどうか(Reverse-逆転)
組み合わせてみたらどうか(Combine-結合)

(コトバンク)
広告界で最もポピュラーな発想法
オズボーンのチェックリスト法
■考案者 Osborn.Alex.F(アレックス・F・オズボーン)アメリカ大手広告会社Batten,Barton,Durstine and Osborn社長■開発時期 1939年発表
問題解決のための発想法いろいろ
面の数は4、辺の数は6、頂点の数は4。
最少の多面体とは?
3次元発創法 のシンボル
ダイマクション地図(ダイマクションちず、英:Dymaxion map)は世界地図のひとつである。地球を多面体上に投影したもので、さまざまな形の展開図へと展開できる。バックミンスター・フラーによって発明され、1946年に特許が取得された。このときの例としては立方八面体(ベクトル平衡体)への投影が示されている。1954年にThe AirOcean World Map(空海一体世界地図)として発表された版では正二十面体への投影に変更され、 今日ではこれが最も有名である。

(Wikipedia)
最小単位の多角形は三角形
–––フラーの受けた啓示バックミンスター・フラー
(マーティン・ポーリー著)より
リチャード・バックミンスター・フラー(Richard Buckminster Fuller, 1895年7月12日 - 1983年7月1日)は、アメリカのマサチューセッツ州出身の思想家、デザイナー、構造家、建築家、発明家、詩人。
あなたにはあなた自身を抹殺する権利はない。
あなたはあなたのものではなく、宇宙のものである。
バックミンスター・フラーの宇宙的発想
人は誰でも、
ARTistになれる。

泉 鏡花(いずみ きょうか)
1873年(明治6年)11月4日 - 1939年(昭和14年)9月7日生まれ。明治後期から昭和初期にかけて活躍した小説家。戯曲や俳句も手がけた。本名、鏡太郎。金沢市下新町生れ。

鐵槌の音

泉鏡花

 天(てん)未(いまだ)に闇(くら)し東方(とうはう)臥龍山(ぐわりうざん)の巓(いたゞき)少(すこ)しく白(しら)みて、旭日(きよくじつ)一帶(いつたい)の紅(こう)を潮(てう)せり昧爽(まいさう)氣(き)清(きよ)く、神(しん)澄(す)みて、街衢(がいく)縱横(じうわう)の地平線(ちへいせん)、皆(みな)眼眸(がんぼう)の裡(うち)にあり然(しか)して國主(こくしゆ)が掌中(しやうちう)の民(たみ)十萬(じふまん)、今(いま)はた何(なに)をなしつゝあるか これより旬日(じゆんじつ)の前(まへ)までは、前田(まへだ)加賀守(かがのかみ)治脩公(ちしうこう)、毎朝(まいてう)缺(かゝ)すことなく旭(あさひ)を禮拜(らいはい)なし給(たま)ふに、唯(たゞ)見(み)る寂寞(せきばく)たる墓(はか)の下(した)に、金城(きんじやう)の蒼生(たみ)皆(みな)眠(ねむ)りて、彌望(びばう)、極顧(きよくこ)、活色(くわつしよく)なく、眼(め)の下(した)近(ちか)き鍛冶屋(かぢや)にて、鐵槌(てつつゐ)一打(いちだ)の聲(こゑ)ありしのみ
活色

「こと」の価値に内在する
能動的で建設的な
事象や事物としての存在

内面から生きる力となり、
いのちを輝かせ、
活力を生む存在
(かっしき:Active-Ruupa)
(しき:ruupa)
日常に潜む見えない「活色」を見える(シンボル)化する
「こころ」に作用する高付加価値を創造するデザイン
活色デザイン
サステイナブル活色デザイン
Sustainable Active-Ruupa Design(SARD)
「活色デザイン」の原理と手法を幅広い分野で研究・実践することにより、普遍的で持続可能なビジネス活性化モデルを構築する
(ARTministrater)
古来より受け継いだ『生きる力』を活用し、
経済、社会、環境の
健全で持続可能な発展に寄与することを
目的とする。

サステイナブル活色デザイン研究会(SARD)は、
3次元発創法 によるパーソナルブランディング
マイブランドブックの表紙
マイブランドコンセプト
マイタイムライン
私の自慢
すべての問題を解決する鍵は、
あなたの脳内にある。

デザインの現場で40年。
いただいたのは、
古代人と3人の偉人による学び。
そして、3つの気付き。
(R)
企業も個人も、
ブランディングを成功させるために
最も必要なことは何か?
それは、
秘められた魅力をカタチにし、
伝えたい相手に的確に伝える
最適なコミュニケーション力。
アイティメディア株式会社/シンボルマーク・ロゴタイプ
株式会社RayArc/シンボルマーク・ロゴタイプ
マーケティングサポーターズクラブ/シンボルマーク
田村商事株式会社/シンボルマーク・ロゴタイプ
スターキッズ・ナーサリー/キャラクターマーク・ロゴタイプ
カゴメ株式会社/トマトケテャップチューブの包装パッケージ/1982
ホーユー株式会社/毛髪ブリーチ剤/キャラクターマーク・パッケージ
ニチバン株式会社/テーピングテープシリーズ/パッケージ
株式会社ヤクルト本社/飲料のパッケージ
JAGDA/平和ポスター/1984
株式会社ナナオ/企業広告シリーズ
株式会社ナナオ/EIZOブランド広告シリーズ
株式会社ナナオ/製品広告シリーズ
株式会社ナナオ/FORIS.TVサイト
株式会社ナナオ/FORIS.TV/デモムービ−
株式会社ナナオ/総合カタログ/2004
株式会社ナナオ/FORIS.TV/カタログ
株式会社ナナオ/展示ブース
株式会社ナナオ/FORIS.TV/記者発表会
(R)
2013/3/9
How?
成功の鉄則とは
Why?
失敗から学ぶ
軸足にあるものとは?
その正体をつきとめるための発創法
それはどこに
Where?
問題を見つけて、
アイデアを探す旅に出よう!
立体的な思考法を展開し、アイデアを収束することで、
隠れていた価値を見える化(創造)する。
創造の喜びは、
『生きる』歓びに通じる。
しかるに家業出精の故を以て、これよりさき特に一個この鍛冶屋を賞し給ひしより、昧爽に於ける市街の現象日を追うて趣を變じ、今日此頃に到りては、鍛冶屋の丁々は謂ふも更なり、水汲上ぐる釣瓶おと、機を織る音、鐘の聲、神樂の響、騷然、雜然、業に聲ありて默するは無く、職に音ありて聞きこえざるは無なきに到れり。剩へ野町、野田寺町、地黄煎口、或ひは鶴來往來り、野菜を擔荷ひて百姓の八百物市に赴く者、前後疾走相望みて、氣競の懸聲勇ましく、御物見下を通ること、絡繹として織るが如し。
 治脩公これを御覽じ、思はず莞爾と、打笑み給ふ。時に炊烟數千流。爾時公は左右を顧み、「見よ我黽勉の民は他よりも命長し。」

明治三十年六月
鉄槌の音

天はまだ暗い。東方の臥竜山の頂きが少し白んで、朝日の紅を帯びた潮が満ちてくる。夜明けの空気が清々しく、神々しく澄み、街並は遥かに見渡すことができる。さて、この国の10万の民は、今、何をしているのだろうか?

これより10日(少し)前まで、前田加賀守治脩(はるなが)公は、毎朝欠かすことなく、朝日を礼拝されていたが、ひっそりと寂しい墓所のように金沢城下の民は皆眠っており、活色(いきいきした暮らしの雰囲気)がなく、眼下の鍛冶屋が打ち降ろす鉄槌(かなづち)の音が聞こえるだけである。

ところが、治脩(はるなが)公が家業に精出しているこの鍛冶屋を特別に賞し、褒美を与えてからは、夜明けの市街の現象が日を追って様子が変わり、今日この頃は、鍛冶屋の鉄槌を連打する音は言うまでもなく、水を汲み上げる釣瓶の音、機を織る音、鐘をつく音、神楽(太鼓や笛、囃子)の響きが、騒然、雑然と聞こえ、仕事に声出す者はあっても、沈黙する者はいない。職業に就くものの音があっても、音が聞こえないことは無いようになった。そればかりか、野町(のまち)、野田寺町(のだでらまち)、地黄煎口(じこうぜんぐち)、あるいは鶴来(つるぎ)の街道から、野菜の荷を負った百姓が八百物市場に赴く者、前後を疾走して、出会い頭の掛け声が勇ましく、物見櫓の下を人馬が続々と行き交い耐えることがない。

治脩(はるなが)公は、これをご覧になって、思わずにっこりと笑みを浮かべられた。そして、飯をたくかまどの煙が無数に立ちのぼった。その時、治脩(はるなが)公は左右を顧みてこう言われた。

「見よ!私の国の勤勉の民は、他所の国の誰よりも命が長い(活力がある)ぞ。」
ART
Active-Ruupa Tetra
活色のシンボル
元気を創る人=
ARTist
1次元的発創=問題点を見つけ、積極的に関わる
2次元的発創=第3の視点から、視野を広げる
3次元的発創=解決策の意義と、意味を発見する
『3次元発創法』とは?
発想法
創造法
発創法
3次元発創法
現代の私たちが
受け継いできたものとは何か?
そして、
何を後世に継承させるべきか?
手段
目的
手法
生きる
さまざまな問題に対峙する
問題点を
立体的に
見える化する
解決策を見つける
実行する
生きる
発想力
創造力
発創力
3次元発創法
ARTistには、
『生きる力』がある。

『生きる力』とは、
さまざまな問題に対処し、
それを解決する力のこと。

技能
『3次元発創法』に係る
研究部会
設立準備報告
代表取締役
片桐 敏雄
サステイナビリティ創造研究学会(FSI)
株式会社ベーシック・クリエイティブ
2013/3/9
心的・内面世界を
正四面体のシンボルに形象化する
さまざまな問題に対するアイデアを次元段階的なステップを踏みながら
シンボライズすることで、解への切り口を求める
片桐が40年に及ぶクリエイティブ業界で培い、

問題解決のためのアイデアを引き出し、

活力を生む源泉となるべきブランディングを

構築するためのメソッドとして開発。
R
1次元的発創=問題点を見つけ、積極的に関わる
2次元的発創=第3の視点から、視野を広げる
3次元的発創=解決策の意義と、意味を発見する
期待される成果

(1)誰でも問題解決のための発想力と創造力が鍛えられ、    基本的な考える力を習得。

(2)学生にとって企業研究を通し、ブランディングの提案力   が得られ就活力に有効。

(3)起業家にとって自己の潜在能力の顕在化と自己アイデン   ティティの確立を実現。

(4)企業にとってブランド価値の形成から、新需要の開拓、   商品力、販売力を向上。

(5)経営者にとって社員の人材育成、後継者育成とともに持   続可能な企業力を向上。
『サステイナブル活色デザイン(SARD)』研究部会/勉強会の実施
第1回勉強会

■開催日:2013年1月19日(土)13:00~16:30

■場所:(株)ベーシック・クリエイティブ

■テーマ1. いきいきと暮らす活力には元気の素がある。
     〜その魅力をカタチにする『3次元発創法』とは?〜
『3次元発創法』のワークショップ
第2回勉強会

■開催日:2013年2月2日(土)13:00~16:30

■場所:(株)ベーシック・クリエイティブ

■テーマ1. 活色デザイン事例<法人>
     「特定非営利活動法人 琵琶を楽しむ会」のブランドコンセプト構築
宮崎県日南市出身。

学生時代、吟詠部にて、菅原雪山流の詩吟を学ぶ。

1985年より薩摩琵琶を田中錦煌氏に学ぶ。

2000年全日本琵琶楽コンクール第一位。
併せて文部大臣奨励賞、NHK会長賞、辻靖剛賞他
受賞。

平家物語など古典を土台とし、民話・説話など「語り」に重きをおいたドラマチックな琵琶演奏を信条
とする。

他流派や異なるジャンルとも積極的に演奏活動を展
開する。

錦心流琵琶全国一水会東京東支部長。本部常任理事。
日本琵琶楽協会会員。社団法人日本吟道学院師範。
●古澤 史水氏 プロフィール
■テーマ2. 活色デザイン事例<個人>
自分による自分だけの「マイブランドブック」
      〜Part1.自画像を描いてみよう!〜
「マイブランドブック」表紙サンプル
【決定デザイン案】
何者なのか?
「活色」のシンボルを見える化し、
元気を創る人をARTistと呼ぶ。
活動報告
生きる力
を創造するための思考ツール
どこから
その生きる力は
どんなカタチ
をして
生まれてくるのか?
シンボル形象化のためには、
3段階の次元的発創ステップを踏む。
ブランディングにおける
アメーバ拡散法によるアイデア展開イメージ
私たちが日常的に抱える問題に対し、
それを解決するための鍵を探す手法。
アイデア
幸福感
達成感
満足感
企業理念
ブランド価値
CSR
3次元発創法は、
4つの
頭の運動
ルール
『3次元発創法』で実現する、新しいデザイン概念。
日常的に抱えるさまざまな問題に対し、
それを解決するための鍵を探してみませんか。
現在は、
1つのテーマに対し、
3つのアイデアに収束する
ピラミッド収束法を開発。
ステークホルダー
正式名称を『サステイナブル活色デザイン研究部会』とし、『活色デザイン』の原理と手法を幅広い分野で研究・実践することにより、普遍的で持続可能なビジネス活性化モデルを構築。ひいては、経済社会の健全な発展に寄与する人材の育成を目的とする。
・『3次元発創法』の考え方のレクチャー。
 その使い方をワークショップ形式で体験する。
・ペルシャが起源とされる琵琶が、7〜8世紀ごろ中国から
日本に伝わり、脈々と受け継がれてきたその魅力を日本の
次代を担う子どもから大人まで幅広い層に向けて、普及・
振興させ、さらには伝統の芸術と文化の価値を通して国際
交流の推進、人材育成を図ることを目的にして設立された。
・「マイブランドブック」の顔となるキャラクターマーク作成
の手順として、自画像を描く。
・自画像を描く目的は、似顔絵を描くことではなく、客観的に
自己と向き合い、観察、描写、表現することで自己のアイデ
ンティティに迫ることにある。
・次ステップでは「自分らしさ」の既定スタイルから脱却し、
新しいスタイルを創造する。
『3次元発創法』に係る研究部会の名称と設立主旨
BASIC CREATIVE INC.2013(C)
おわりに…
はじめに…
会員
募集中
昨今の成熟社会における産業構造は「もの」の価値から「こと」の価値へのパラダイム転換期にあり、私たちが真に必要とする価値とは何か、そして幸福とは何かを追求する気運が高まりつつある。
昨今の成熟社会における産業構造は「もの」の価値から「こと」の価値へのパラダイム転換期にあり、私たちが真に必要とする価値とは何か、そして幸福とは何かを追求する気運が高まりつつある。
Full transcript