Loading presentation...

Present Remotely

Send the link below via email or IM

Copy

Present to your audience

Start remote presentation

  • Invited audience members will follow you as you navigate and present
  • People invited to a presentation do not need a Prezi account
  • This link expires 10 minutes after you close the presentation
  • A maximum of 30 users can follow your presentation
  • Learn more about this feature in our knowledge base article

Do you really want to delete this prezi?

Neither you, nor the coeditors you shared it with will be able to recover it again.

DeleteCancel

Make your likes visible on Facebook?

Connect your Facebook account to Prezi and let your likes appear on your timeline.
You can change this under Settings & Account at any time.

No, thanks

経営に革新をもたらすデータセンターとは

シスコシステムズ合同会社 俵雄一
by

Peers Management

on 2 September 2013

Comments (0)

Please log in to add your comment.

Report abuse

Transcript of 経営に革新をもたらすデータセンターとは

世界は急速に、縮まる
UCSの開発は2006年頃に始まりました。当時、お客さまはデータセンターについて2つの課題を抱えていました。1つは、データ量や演算処理ニーズがどんどん増えて、ただでさえコストセンターであるデータセンターが、さらに高コストになってしまっている。サーバ仮想化などで改善はしているものの、それでも追いつかないという悲鳴に似たお客様の声があったといいます。サーバ仮想化により、1台の物理サーバで複数の仮想サーバを稼働させれば効率向上につながります。しかし、逆に運用が複雑する部分も多く、TCOが逆に上がってしまうと。もう1つは、ビジネスの速さにITが追いついていけないという課題です。つまり、コストを抑えつつビジネスへの即応性は高めたいという、いわば相反する課題があり、シスコとしても解決策を考えてほしいということでした。

 シスコは、ネットワーク分野では経験と知見があり、製品群も幅広く揃えています。しかし、お客様の最大の課題はデータセンターにある。これに対するソリューションを、シスコとしても考えなければならないだろうと。それがクラウド戦略につながりました。ネットワークに強いシスコが、ネットワーク側から見てサーバを仮想化したらどうなるか。従来とはまったく異なる考え方、アーキテクチャ、デザインでこの2つの課題を解決していこうとした点がUCSの特徴です。
サーバからストレージ、IPネットワークへの接続も統合している。各サーバブレードあるいはラックマウントサーバへの物理的な配線は導入時の数本のみ。この物理的な配線を論理的に分割し、ストレージI/Oやサービスのトラフィックなど、目的に応じて割り当てるようになっている。言い換えれば、「仮想マシンをIP/ストレージのネットワークに直結し、その経路にある物理的な存在は可能なかぎり抽象化してしまう」というのが基本的なコンセプト。
従来は、サーバというハードウェア同士やネットワークスイッチ、ストレージというハードウェアを、それぞれでケーブルによって配線してネットワーク機能を提供していました。それによって、サーバで稼働しているアプリケーションをサービスとして利用しようとしてきました。この考え方のままサーバ仮想化の技術が発達していったので、ネットワークの物理接続の依存性が高くケーブルがものすごく増えてしまい、さらに思ったようにサーバが減らないといったことが起きていました。
UCSではサーバもネットワークも論理的に"1つ"のシステムに統合されていて、物理的には大きな箱と太いパイプがつながれている状態です。この箱とパイプの中身は自在に切り分けて分配します。ネットワーク接続は論理的にあらかじめ設定しておき、仮想サーバに対して「メニュー」として提供します。個別に配線をしなくても、すでにつながっている太い管の中から必要な分を論理的に割り当ててやるので、作業的にも格段に楽になります。作業が楽ということは、スピーディに導入できるというのと同義です。
仮想では複数カードを利用できる
ファブリック
1850年
ドーバー海峡
横断電信ケーブル
1858年
大西洋横断電信ケーブル
汽船:1857年
   
16時間30分
電信:1858年
バルチック艦隊が日本に向け出港
1904年10月15日
日本海海戦は、弱者でも戦い方次第で十分に勝利することが可能であることを私達に見事に見せつけてくれた。
戦略なくして、どんな最新技術も、高価な武器も、その効果が発揮されないことは明治時代も今も変わることはないでしょう。
日本では1872年(明治5年)に初めて海底ケーブルが敷設され、関門海峡(1.1km)が結ばれた。 
1905年5月14日
南シナ海上で、バルチック艦隊を見失う
経験したことのない危機に際し、明治日本は官民一体となって立ち向かいました。欧米諸国と比べ様々な面で大きく遅れていた日本は、危機意識を情熱に変えて国家発展の原動力としたのです。
そこで最も重要な役割を果たしたのは、結局のところ、真に危機を感じ取り、経済的発展の重要性を理解し、驚くべき先見の明と、周到な準備をもって有事にあたった指揮官たちでした。
児玉ケーブルが真価を発揮したのも、連合艦隊が獅子奮迅の働きをしたのも、それを正しくコントロールし、的確な運用を行うための戦略があったからです。
1905年5月26日
「敵艦見ユ」無線電信で通報
世界初のIT戦
9日16時間16分
バルチック艦隊 ベトナムのカムラン湾出港
1905年5月19日
石炭輸送船団が上海に寄港、急報が東京に伝わる
1905年5月27日 午前4時45分
信濃丸
三六式無線電信機
麦飯
驚異的な識字率
伊集院信管
下瀬火薬
宮原式汽罐
数々のイノベーション
海底ケーブル
情報量・情報の精度
機敏性
独創的なアイデア
軍事力・経済力で歯が立たないロシアに勝利できた要因
競争優位を確保するための普遍的な条件
世界で一番、ネットワークの
力を信じている企業
1984年カリフォルニア州サンノゼで創業
電力
医療
遠隔医療の実現
スマートグリッドの要
コミュニケーション
ビジネス
様々な企業向けネットワーク機器
大規模ルーティングシステム
通信
小売
教育
都市計画
Smart City Campus, Barcelona
SPAIN
@
スポーツ
シスコシステムズができること…?
より理想的な
コンピューティングを考える!
現行のデータセンターアーキテクチャ
では早晩直面する課題を解決できない
Edouard Bugnion
1970年 スイス生まれ
1996年 スイス連邦工科大学
1998年 スタンフォード大学修士
VMware社を5名で創業
チーフアーキテクトに就任
1998年
2008年 仮想化技術の権威 ブニョン氏
シスコシステムズにCTOとして参画
U
nified
C
omputing
S
ystem シリーズ
ファブリック
エクステンダ
ファブリック
インターコネクト
コンピュータ
Bシリーズ(ブレード)
Cシリーズ(ラック)
UCSマネージャ
QoS settings
Border port assignment per vNIC
NIC Transmit/Receive Rate Limiting
VLAN assignments for NICs
VLAN tagging config for NICs
Number of vNICs
FC Fabric assignments for HBAs
Number of vHBAs
HBA WWN assignments
FC Boot Parameters
HBA firmware
PXE settings
NIC firmware
既存の運用管理ソフトウェアとスクリプト化によって徹底的に自動化。APIは業界標準に準拠し、特別な開発は不要。
UCSの構成と特徴
Advanced feature settings
Remote KVM IP settings
Call Home behavior
Remote KVM firmware
Server UUID
Serial over LAN settings
Boot order
IPMI settings
BIOS scrub actions
BIOS firmware
BIOS Settings
RAID settings
Disk scrub actions
複数の専門家から貴重な時間を奪っていた雑務的な設定作業
専門家が設定したポリシーに従って、論理プロファイル
テンプレートを生成
テンプレート
プロファイル
プロファイル
プロファイル
既存の一般的な環境では vMotion(VMware社)を有効にするために
LAN用NIC(冗長化2枚)
vMotion用NIC
Hypervisor管理ネットワーク用NIC
ストレージアクセス用HBA(冗長化2枚)
必然的にケーブルはスパゲティ状態
構造を極限までシンプルに
高価なファイバケーブル等不要
ケーブル類の在庫も不要
機器を減らすことでコスト削減
故障のリスクを劇的に低減
電力や冷却コストも大幅に低減
配線作業時間が大幅に削減
ネットワーク機器メーカーのDNA
1台あたり96ポート
ロスレス1/10ギガビットイーサネット、Fibre Channel over Ethernet(FCoE), 1/2/4、2/4/8 Gbps Fibre Channelをサポート
仮想・サーバ・ネットワークの深い知識の必要がなく、1名でも設定・運用が可能
データセンター1
データセンター2
複数のデータセンターを1ヶ所で管理
UCSマネージャにより、論理的なプロファイルの適応だけで、アプリケーション・サービスに必要なシステム環境が、即座に構築・設定可能
World Wide 14% (昨年比+2%)
U.S 22.4%(昨年比+3.9%)
*IDC White Paper, April 2012, Case Studies of 5 VCE customers
管理と運用の簡素化
Vblockシステムの検証結果
Cisco UCS
VMWare Virtualization
EMC Strorage
管理操作をラーニング
UCS Platform Emulator(無償公開)
実際のUCS管理ツールと全く同じ操作!
http://developer.cisco.com/web/unifiedcomputing/overview
Customer Proof of Concept
最先端の技術、製品を幅広く検証
お客様固有の環境について徹底した事前検証
シスコのエンジニアが参加し、検証をサポート
CBC – Customer Briefing Center
お客様のビジネスニーズを理解し、最新のビジネスソリューションを提案するためのブリーフィングおよびデモンストレーション環境をご提供
UCSイノベーションワークショップ
11月29,12月6日
日露戦争時も現代と同様に変化の時代。海底ケーブルを敷設し、世界初の情報通信戦を制することができたのは、既成概念の破壊に挑戦したリーダーたちの存在にほかならない。
日本が敷設した海底
ケーブル=児玉ケーブル
軍事力・経済力ではかなわない
→情報・機動性・アイディアで圧倒
イギリスが敷設した
海底ケーブル=All RED LINE

→世界中にケーブルを敷設する必要はなく、同盟によって利用可能となったALL RED LINEを自国の児玉ケーブルと繋ぐことによって、世界中の情報を少ない投資で手に入れることが可能に。→徹底した投資の最適化

本工事の際に500海里分を余分に購入。
そのおかげで日露戦争時に軍用海底ケーブルを
直ちに敷設することができた。
→先見の明によって変化に俊敏に対応
児玉源太郎
陸軍大将
(1852〜1906)
陸軍大将として海底ケーブルを敷設を指揮
素早い意思決定
システムだけ機敏でも無意味、宝の持ち腐れ
機敏性
Intelligence
agility
Idea
情報
アイデア
情報・機動性・アイディア
インフラストラクチャーをもっとシンプルにして、柔軟性と機敏性を持たせたい
仮想化を前提としてネットワークとサーバを融合させた、全く新しいサーバシステム
UCS
逆境で勝つための条件
独創的な
仮想化展開にともなう、新たな運用コストが急激に増加
1902年大英帝国の海底
ケーブル網は地球を一周

日英同盟(1902年)により
アフリカ回りを余儀なくされる
栄光の孤立と言われた大英帝国の初めての同盟国が日本であったことは偶然でしょうか?
明治38年 5月27日
日本海海戦
今後、守りではなく世界に打って出ることに、
人•お金を振り向けよう。
なぜ最新技術を活用する必要があるのか、歴史を紐解けば、その答えは自明です。

それは競争優位を確保する事、この一点に集約されます。他社に遅れることは、それだけで収益性を悪化させ、大切なお客様が、他へ流れて行くことを意味するのです。

原理はわかっていても、実際に高額な投資に踏み出すには、これまでは大きなリスクを取る必要がありました。しかし、そのようなリスクを考える必要はもうありません。

戦うことを決めた日本をイギリスが全力で支援したように、日本電気株式会社及びマイクロソフト株式会社は戦うことを決めたあなたを、全力でサポートします。

決めるのは指揮官である、あなたです。
20世紀初頭、変化の時代にイノベーションを起こしたのは一人のリーダーです。現代も同様に急速に変化する時代であります。過去と異なる点は私達一人ひとりがリーダーシップを持つことが要求されている点です。児玉源太郎が情報を制したように、我々も共にネットワークを通して後押しするので、共にイノベーションを起こしましょう。
日本は情報インフラと、そこからもたらされる
情報を武器に日露戦争を有利に進めた
海底ケーブル網の日本近海への敷設
世界初、無線電信機の実戦投入
ネットワークによる情報の収集
経営に革新をもたらす
データセンターとは
俵雄一
シスコシステムズ合同会社
執行役員
誰でも簡単にUCSを体感
シンプルに、機敏に、インフラを最適化してイノベーションを加速する
事例のご紹介
状況次第でポートやアダプタは更に増加
プライベートクラウド
メディア
クラウドサービス基盤
自治体
iPhone/iPad© アプリ 無償提供
視覚的で、わかりやすい操作、
これまで以上にスピーディな
対応が可能に!
開催場所:東京ミッドタウンタワー
業界標準のAPI
無償(ライセンス無償+保守はハードウェア付随)
UCSマネージャ
データ
の激増
複雑性
の増大
データセンターの機器が増加
ネットワークまでを
すべて含めて一元管理
All Red Line
All Red Line
日英同盟(1902年)により
アフリカ回りを余儀なくされる
イノベーションを
生み出す土壌
日本の海底ケーブル網の父
情報の重要性にいち早く気づき、情報で優位に立つために、あらゆる手を尽くした
三六式無線電信機
激変するビジネス環境
サーバー管理機能を搭載した
10ギガビットイーサネットスイッチ
App Store より
無償でご提供
SiMU Pro
APIは業界標準に準拠し、特別な
開発は不要。スクリプト化によって徹底的に自動化。
既存の運用
ソフトとの連携
Full transcript