Loading presentation...

Present Remotely

Send the link below via email or IM

Copy

Present to your audience

Start remote presentation

  • Invited audience members will follow you as you navigate and present
  • People invited to a presentation do not need a Prezi account
  • This link expires 10 minutes after you close the presentation
  • A maximum of 30 users can follow your presentation
  • Learn more about this feature in our knowledge base article

Do you really want to delete this prezi?

Neither you, nor the coeditors you shared it with will be able to recover it again.

DeleteCancel

Make your likes visible on Facebook?

Connect your Facebook account to Prezi and let your likes appear on your timeline.
You can change this under Settings & Account at any time.

No, thanks

WLI

No description
by

pachi pachi

on 25 April 2011

Comments (0)

Please log in to add your comment.

Report abuse

Transcript of WLI

Work Life Integration
ワーク・ライフ・インテグレーション 「ワーク・ライフ」はダイバーシティー(多様性のある人材活用)推進の一環。
他にも、ダイバーシティーInitiative/コミッティーには
「PwD」「GLBT」「Mulit-Culture」「Women」「Cross-Generation」などがある 「ワーク・ライフ・バランス」から
「ワーク・ライフ・インテグレーション」へ 支援制度は整っているけど
問題は認知やマインド・チェンジ やりたい時にやりたいことを
自主性 VS 管理 「オン/オフ」「公と私」
呼び方はなんでもいいけど、
すべてあわせて自分だよね 伊藤 久美さん IBMer / NPO法人J-Win立ち上げメンバー
http://bit.ly/icYDAd

子供がいてもワークライフバランスはうまくとれるはず。私は社内には自分のスケジュールを公開して、そのスケジュールには個人のことも記入している。たとえば、9時半には塾のお迎えがあるので会社にいられるのは8時半まで、とか、今日は飲み会、とか。

自分の日々の様子もSNSや社内外に向けてのブログに、どんどん書くことにしてみた。家の中で仕事の話をしないという人もいる。でも、実際の暮らしはもっと公私が渾然一体となったものだよね? バランスを取るというよりも、これは「ワークライフインテグレーション」(仕事と人生を統合していく)の作業に近い。 Pachi IBMer / Collaboration Energizer
http://ibm.co/gg1mKT

1. 仕事中でもツイッターで日常をつぶやく(例:「カレーうどんナウ!」)。
2. 仕事中でもFacebookで情報交換したり、面白そうなyoutubeのビデオを紹介されれば見る
3. 休日でも、仕事上役立ちそうなセミナーがあれば参加する
4. 休日でも、仕事上役立つアイデアを発見し、それをオンラインにアップしたりiPhoneにメモする

仕事と私生活が相互に好影響を与えあって、それにより自身が満足感を得られ、仕事も上手くいく。 人生なんて、仕事と家庭だけじゃないもん。もっともっとたくさんのことが詰まっている。私はジャズも歌うし、自分自身の楽しみも夢もいっぱいある。子どももかわいい。

そういう渾然としたものを統合しながら元気に働いていきたい。そんな風に「元気よく楽しく働く」ためのサポートが企業には必要なんだと思う。 生き様なんて人それぞれ違って当然なのだから、働き方だって人それぞれだよね。 Diversity 3.0 - ダイバーシティはイノベーションの源泉であり、経営戦略の中心 相違から学び成長する
多様性を積極的に活かす
グローバル適応力の育成
グローバル共通の検討委員会
ワークライフ・インテグレーション フレックスタイム制度
短時間勤務制度(60% / 80%)
裁量勤務制度
産前・産後休暇(産前7週間 / 産後8週間)
育児休職(出産から子が満2歳まで)
育児時間(1日1時間)
育児早退(1日21分)
介護休職(1年、再取得可)
看護休暇(年間5日間)
教育休職
ボランティアサービス休暇(年間12日)
ボランティアサービス休職(原則1年)
フレッシュアップ休暇(勤続10 / 15 / 20年)

e-ワーク制度
モバイルオフィス
サテライトオフィス
オンデマンドワークスタイル ■20世紀工業社会型(ワーク・ライフ・バランス)
場所: 「どこにいるか、どこでやるか」が大切
時間: 「決まった時間に決まった分量」をこなしていく
意識: 「想い」の有無も、どこにあるかも関係ない ■21世紀知価社会型(ワーク・ライフ・インテグレーション)
場所: どこにいてもOK、どこでもやれる
時間: 自分のやりたい時に、やりたいだけやる
意識: 自分の想いと企業のビジョンがつながると、あらゆる時がワークでライフになる
Full transcript