Loading presentation...

Present Remotely

Send the link below via email or IM

Copy

Present to your audience

Start remote presentation

  • Invited audience members will follow you as you navigate and present
  • People invited to a presentation do not need a Prezi account
  • This link expires 10 minutes after you close the presentation
  • A maximum of 30 users can follow your presentation
  • Learn more about this feature in our knowledge base article

Do you really want to delete this prezi?

Neither you, nor the coeditors you shared it with will be able to recover it again.

DeleteCancel

Make your likes visible on Facebook?

Connect your Facebook account to Prezi and let your likes appear on your timeline.
You can change this under Settings & Account at any time.

No, thanks

大動脈瘤破裂

No description
by

大久保 文浩

on 12 April 2014

Comments (0)

Please log in to add your comment.

Report abuse

Transcript of 大動脈瘤破裂

定義と分類
定義:大動脈壁の一部に局所的に瘤を形成する場合
   または直径が1.5倍を超えて拡張した場合
   「大動脈瘤・大動脈解離診療ガイドライン」
分類:瘤の形状による分類
   瘤璧の形態による分類
   原因(動脈硬化性,外傷性,炎症性,感染性)

frank rupture
壁が全周性に破綻→血液が漏出
sealed rupture(contained rupture)
血腫が周囲組織に被覆されている=仮性瘤
→再破綻の可能性大=切迫破裂
PLATFORMS
Social
SOCIAL
SEO
CMS
ステントグラフト内挿術
(endovascular aneurysm repair;EVAR)
大動脈瘤破裂

紡錘瘤では胸部6cm,腹部5cm以上,半年で0.5cm以上拡大
frank rupture→外科手術
sealed rupture→ステントグラフト治療

※径が大きく増大速度が速いほどリスクが高い
※嚢状瘤は紡錘瘤より破綻のリスクが高い
※感染性動脈瘤は短期間に増大し破綻することがある
切迫破裂
単純CTで特徴的なサイン(high attenuating crescent sign)
瘤壁や壁在血栓内の新鮮血栓を示す三日月状の高吸収域
切迫破裂は高吸収域は濃染されない
高吸収域は血栓
炎症性動脈瘤は高吸収域が濃染される
腺維組織が肥厚
◎鑑別
(マントルサイン)
瘤破裂の種類:
治療の適応:
感染性動脈瘤は急激に増大し破裂に至る
嚢状、内腔が分葉状、壁が不整で厚い

・画像診断に基づいた適応の判定
・適切なステントグラフトの選択

ステントグラフト適応の要点
・大動脈瘤の近位及び遠位に
landing zoneがあること
・大腿動脈からの適切な
アクセスルートがあること

landing zone:ステントグラフトが支持される領域で
瘤化・高度屈曲・石灰化・血栓がないことが条件

胸部:近位は鎖骨下動脈、
遠位は腹部大動脈から20mm以上

腹部:近位は腎動脈、遠位は内腸骨動脈分岐
から10~20mm以上のlanding zoonが必要
重要ポイント
感染性動脈瘤
type I :ステントグラフトとランディングゾーンにおける血管壁の間を通じた瘤内への血液の漏出であり、治療効果としては不十分。
type II :下腸間膜動脈や腰動脈から瘤内への逆行性血流によるものであり、瘤の拡大傾向を認めなければ経過観察で可能。
type III :ステントグラフト接合部を通じた瘤内への血液漏出であり、追加治療が必要である。
type IV :グラフト自身から瘤内への血液の滲み出しによるものであり、拡大傾向のある場合は追加治療が必要となる
Full transcript