Loading presentation...

Present Remotely

Send the link below via email or IM

Copy

Present to your audience

Start remote presentation

  • Invited audience members will follow you as you navigate and present
  • People invited to a presentation do not need a Prezi account
  • This link expires 10 minutes after you close the presentation
  • A maximum of 30 users can follow your presentation
  • Learn more about this feature in our knowledge base article

Do you really want to delete this prezi?

Neither you, nor the coeditors you shared it with will be able to recover it again.

DeleteCancel

Make your likes visible on Facebook?

Connect your Facebook account to Prezi and let your likes appear on your timeline.
You can change this under Settings & Account at any time.

No, thanks

INV

No description
by

Innovation Management

on 28 October 2013

Comments (0)

Please log in to add your comment.

Report abuse

Transcript of INV

はじめまして
イノベーションマネジメントです
はじめまして。イノベーションマネジメントです。
私たちの事業についてお話します。
Innovation by Project
プロジェクトマネジメントでイノベーションマネジメントを支援する
これが私たちの事業です。
少しずつお話をしましょう。
プロジェクトマネジメント、イノベーションマネジメント、そもそもこれら両方にかかるマネジメントとは何でしょうか。
What is Management?
マネジメントとは、かの有名なドラッカーの言葉を借りれば、
「組織に成果を上げさせる為の機関」と定義されています。

つまり、組織(たくさんの人)で成果をあげる為に必要な機関(=方法)と考える事が出来ます。

では、組織において何故マネジメントは必要なのでしょうか。
Why Management?
例えば、学園祭で出店し「売上を上げる」ためには、材料の仕入れ、お店の宣伝、商品の販売等たくさんの人が関わる事になります。
それぞれが好き勝手やったらどうなるでしょうか?

仕入の人が材料を把握していなかったら?
宣伝の人が看板の場所を把握していなかったら?
販売の人が販売額を知らなかったら?

だからこそ、様々なマネジメントが必要になるのです。
たくさんのマネジメントがある
ビジネスにおいては、たくさんのマネジメントがあふれています。

人の採用や成長、配置を決める人材マネジメント
戦略的予算配分、開発費用の削減を行なうコストマネジメント

私たちのソリューションである、プロジェクトマネジメント、イノベーションマネジメントも数多あるマネジメントの内の1つです。

では、プロジェクトマネジメントとは何でしょうか?
プロジェクトマネジメントで月に行く
1969年7月20日、人類は初めて月に着陸しました。
この途方もない大計画には宇宙工学者、航空力学の専門家、地質学の専門家、政治家等たくさんの人が、それぞれの知識、経験をぶつけ合い、計画を練り上げ、そして成功したのです。
この計画こそがプロジェクトであり、その過程こそがプロジェクトマネジメントなのです。


皆さんも「プロジェクト=特殊で、壮大なもの」
というイメージを持っているかもしれません。
国家レベルの話だけがプロジェクトなのでしょうか。
私たちの身近には
プロジェクトがあふれている
いいえ、違います。
プロジェクトは、皆さんの身近な所にもあふれています。

たとえば自動車の新車開発もプロジェクトです。
エンジンやボディ、タイヤ、ナビ等たくさんの専門家が関わるプロジェクトを成功させる為に、プロジェクトマネジメントは必要なのです。
私たちはこのようなプロジェクトマネジメントの世界のリーディングカンパニーとして、活動を続けています。

では、イノベーションマネジメントとは何でしょうか?
イノベーションで
ライフスタイルが変わる
新しいiPhoneが発売されましたね。
今や、たくさんの人がiPhoneを持つ時代です。
iPhoneは人々の携帯電話の使い方を変え、生活のスタイルまでもを変えてしまいました。

iPhoneの例はまさしくイノベーションと言えます。

また、AppleはiPhoneだけでなく、iPod、iPad、iPhoneと立て続けにイノベーションを起こす事に成功しました。
Appleは運がよかっただけでしょうか。
イノベーションは
マネジメント出来る!
いえ、あれこそ、イノベーションを継続的に起こした例と言えます。

イノベーションを継続的に起こすためには、常に、これまでの考え方、やり方をゼロにして考える仕組み作りが必要となります。
適切な仕組みを構築すれば、イノベーションは継続的に起こすことが出来るのです。

ここ数年、グローバル企業の多くは、その仕組み作りを始めています。
では日本企業はどうでしょうか?
マネジメントで遅れたニッポン
日本は技術立国と呼ばれています。
毎年素晴らしい機能を搭載した携帯電話や、家電が販売されています。
しかしながら、グローバルマーケットシェアでは遅れをとっているのが現状です。

グローバルで勝ち残る為には、従来の技術中心の考えから、マーケット中心の新たな視点に立つことが必要になってきています。
しかし日本企業では、イノベーションマネジメントに関しては、欧米に対して取り組みが遅れているのが現状です。

そんなお客様にこそ、私たちはお手伝いがしたいと考えています。
Project Management
Innovation Management
Management
私たちに出来る事
私たちは、プロジェクトマネジメントの世界で、これまでたくさんのお客様へ変化を与え、グローバルで通用する企業となれるよう支援してきました。
プロジェクトマネジメントは製品開発を加速させ、新たな製品をクイックに市場に投入する為の数少ない方法の一つです。

その経験によって培われたナレッジと、グローバルでの最先端の事例を用い、お客様に更なる変化を与え、継続的なイノベーションを起こせるような新たな仕組みを生み出し、真にグローバルで勝ちぬける企業となっていただくようチャレンジしています。
Innovation by Project
 これは私たちの強みを活かした新たなチャレンジなのです。
チャレンジすることに意義がある
だからこそ、私たちは常に高い価値を求められています。
その要望に応える事は容易な事ではありません。

しかし、新しいことにチャレンジし、高いハードルを越えてこそ、そこに喜びを感じてもらう事が出来、その瞬間こそ、何よりも達成感を味わう事ができるのです。
仕事とは、達成感があって初めて面白さを感じるものですから。

そんな喜びを一緒に味わいませんか?
さぁ、私達と一緒に働いてみましょう!!
Full transcript