Loading presentation...

Present Remotely

Send the link below via email or IM

Copy

Present to your audience

Start remote presentation

  • Invited audience members will follow you as you navigate and present
  • People invited to a presentation do not need a Prezi account
  • This link expires 10 minutes after you close the presentation
  • A maximum of 30 users can follow your presentation
  • Learn more about this feature in our knowledge base article

Do you really want to delete this prezi?

Neither you, nor the coeditors you shared it with will be able to recover it again.

DeleteCancel

Make your likes visible on Facebook?

Connect your Facebook account to Prezi and let your likes appear on your timeline.
You can change this under Settings & Account at any time.

No, thanks

閲覧用 「教職員協働によるキャリア教育の実践とSDの可能性」  古賀暁彦

大学教育学会第33回大会 2日目 6月5日 発表予定
by

akihiko koga

on 14 June 2011

Comments (0)

Please log in to add your comment.

Report abuse

Transcript of 閲覧用 「教職員協働によるキャリア教育の実践とSDの可能性」  古賀暁彦

教職員協働によるキャリア教育の実践とSDの可能性 ②キャリア設計と業界研究
改定前の課題 ①産業能率大学での
キャリア教育の概要 ③業界ワークの内容 新メニュー「業界ワーク」の内容 ⑤SDとしての可能性と課題 キャリア教育 本当に必要? さらにズーム 古賀暁彦
産業能率大学 
情報マネジメント学部 ④授業の評価 Who=授業の実際の担当者
専任教員(8人)
When=授業配当年次
二年次・後期
Where=授業提供の場
正課(必須科目)
Why=授業目的
外の世界を知り、将来就きたい仕事を知る
How many=クラス規模
50人8クラス(2011年より40人10クラスに) 専任教員(4人)
100人×4クラス クラス
サイズ 内容 課題 1)大教室での一方通行的授業 2)興味のない業界の話は聞かない 3)記者の視点で語られる仕事 例)銀行の仕事
≠銀行員の仕事 準備 振り返り 座談会 2010年度取り上げた業界
情報システム
小売・流通
コンテンツ
人材派遣
金融
教育 学習のモチベーション向上
幅広い業界への関心
固定観念の払拭 授業評価 大学教育学会第33回大会(2011年6月5日) キャリア設計と
業界研究の科目概要 学部全体 キャリア支援科目
体系図 ・教員のコーディネート力の向上
・職員が参加しやすい環境づくり 私たちも学生から学び、学生たちも私たち社会人から学ぶ。そういった交流の場がよいです! あらためて人前で話すこと人に物を伝えることの難しさを考えさせられた ミニレポート 変更点 (本番) 登壇した職員の声 ご意見・ご感想は
kogaa@mi.sanno.ac.jp 省察的実践
Reflective Practitioner 職員からの
自由記述 外部講師(新聞記者)
による講義
一回一業種
大教室で聞くだけ 1回完結型

準備・本番座談会・振り返り

新聞記者による講義

本学職員による前職の体験談
Full transcript