Loading presentation...

Present Remotely

Send the link below via email or IM

Copy

Present to your audience

Start remote presentation

  • Invited audience members will follow you as you navigate and present
  • People invited to a presentation do not need a Prezi account
  • This link expires 10 minutes after you close the presentation
  • A maximum of 30 users can follow your presentation
  • Learn more about this feature in our knowledge base article

Do you really want to delete this prezi?

Neither you, nor the coeditors you shared it with will be able to recover it again.

DeleteCancel

HATO Project 2013(報告会@大教大用)[東京学芸大学附属世田谷中市林]

No description
by

Ryo Ichibayashi

on 23 August 2016

Comments (0)

Please log in to add your comment.

Report abuse

Transcript of HATO Project 2013(報告会@大教大用)[東京学芸大学附属世田谷中市林]

HATO Project 2013
報告会@大教大 2014.03.15 
Learning Stylesについて

東京学芸大学附属世田谷中学校
市林 竜
Questionnaire
Deanna & Lenore
Learning Styles


a = Auditory(聴覚)
b = Visual(視覚)
c = Kinesthetic(運動)
午前中の授業
Morning Sessions
主に学んだ(と思われる)こと

具体的な教授法や指導のテクニックよりも、その下支えとなる授業を構成したり実践する上で注意すべき点や考え方

授業のユニバーサルデザイン、学習者理解
→その一例がLearning Styles
Learning Stylesとは?

→生徒がどのような様式(style)で最も良い学び・学習のパフォーマンスを発揮するか
その他の分類&まとめ
☆学習者の得意なスタイルに合わせた指導や課題の多様性を確保することの大切さ
☆1人1つのスタイルとも限らないし、学習者の成長によって変わる。あくまでも傾向。
☆偏りや一貫性にも注意(合わせてばかりではいけない)
J. Diane Connell. 2005. Brain-based Strategies to Reach Every Learner. New York: Scholastic Prof Book Div.
http://catholicreligionteacher.com/learning-styles/
図: http://phonics101.wordpress.com/learning-styles/
ではラーニングスタイル
を調べてみましょう! 

資料:
3枚目のアンケート
(日本語版)
→生徒の学習スタイルを把握し、多種多様な課題を設定する。
✕毎度毎度、紙媒体の単語テスト
○音読、ディクテーション、インタビュー、スキット
総括・研修を終えて
学習者理解は教える上で有用
日本の英語教育の現状を踏まえた研修に
今後の小学校英語の動向も注視して
Full transcript