Loading presentation...

Present Remotely

Send the link below via email or IM

Copy

Present to your audience

Start remote presentation

  • Invited audience members will follow you as you navigate and present
  • People invited to a presentation do not need a Prezi account
  • This link expires 10 minutes after you close the presentation
  • A maximum of 30 users can follow your presentation
  • Learn more about this feature in our knowledge base article

Do you really want to delete this prezi?

Neither you, nor the coeditors you shared it with will be able to recover it again.

DeleteCancel

Make your likes visible on Facebook?

Connect your Facebook account to Prezi and let your likes appear on your timeline.
You can change this under Settings & Account at any time.

No, thanks

構成管理ツールAnsibleの構成管理について in Ansible 勉強会 #1

No description
by

Takahiro Ikeuchi

on 25 October 2014

Comments (0)

Please log in to add your comment.

Report abuse

Transcript of 構成管理ツールAnsibleの構成管理について in Ansible 勉強会 #1

お前だれよ?
github.com/iktakahiro/ansible_playbooks
Github
Ansibleのディレクトリ構成管理について。
Agenda
DRY考え始めると辛い
Best Practiceが公開されているけど辛い
RDBのマスタ・スレーブとか一体どうしてるんだ(←発表期待)
闇が深い
Ansibleの
ディレクトリ構成
株式会社ALBERT 池内 孝啓
構成管理ツールAnsibleの構成管理について
in Ansible 勉強会 #1

http://docs.ansible.com/playbooks_best_practices.html
Best Practise
汎用パッケージをどうするか
roleが増えると破綻しそう
DRYを目指す
汎用パッケージ用に role/packages を
作成、個別 role から参照する
ただしあまり徹底しすぎると破綻しそう
ディレクトリを
もうちょっと整理
着火点となるYamlを
ignition ディレクトリにまとめる
サービス毎とか システム単位で
集めるといいと思うよ
ひたすら ./configure で頑張る
yumは甘え
github.com/iktakahiro/ansible_playbooks
Nginx, Tomcat
Java, Python, PHP
MySQL, PostgreSQL,
Memcached, Redis
fluentd
yumは甘え
まとめ
(というか言いたいこと)
Ansible自体の構成管理をちゃんとしよう
冪等性のことはもう忘れよう
便利なので是非使いましょう
課題
Tagをもっと有効活用したい
Jenkinsからの実行
.ansible.cfg をちゃんと使う
池内 孝啓 @iktakahiro
株式会社ALBERT執行役員
システム開発・コンサルティング部 部長
AWS(Redshift, Kinesisなど)
Python
http://librabuch.jp
Full transcript