Loading presentation...

Present Remotely

Send the link below via email or IM

Copy

Present to your audience

Start remote presentation

  • Invited audience members will follow you as you navigate and present
  • People invited to a presentation do not need a Prezi account
  • This link expires 10 minutes after you close the presentation
  • A maximum of 30 users can follow your presentation
  • Learn more about this feature in our knowledge base article

Do you really want to delete this prezi?

Neither you, nor the coeditors you shared it with will be able to recover it again.

DeleteCancel

Make your likes visible on Facebook?

Connect your Facebook account to Prezi and let your likes appear on your timeline.
You can change this under Settings & Account at any time.

No, thanks

M社ご提案

No description
by

tadakatsu kano

on 12 March 2013

Comments (0)

Please log in to add your comment.

Report abuse

Transcript of M社ご提案

GREENFIELD 倉庫業管理システムとしての基本的でシンプルな機能をご提案 基本的なマスタ項目の管理機能 新システム構築のご提案 伝票登録機能 通常の伝票を新規登録
訂正対象を指定して赤伝票登録
ファイルを指定して取込一括登録 伝票登録時にマスタに存在しない
品目を自動登録 データの一覧機能 棚卸専用の赤黒伝票で在庫調整 指定期間の直前に存在する棚卸データから計算を行う事で
日時・月次・年次更新処理を不要とします。 請求関連機能 御社独自のロジックで入出庫情報や
運送情報より売上伝票を生成
取引先毎に異なる計算方法での請求処理を行います 生成される売上伝票に基づき様々な条件で一覧
取引先単位・年月単位・日単位・品目単位などで集計可能です。 システムの開発環境および運用環境として
デスクトップ版とウェブ版の2パターンをご提案 技術者と開発情報が豊富なマイクロソフト社推奨の開発言語 開発言語との親和性が高く運用管理が容易なデータベース フリーのPDF生成ライブラリを使用してサーバサイドで帳票を生成 マイクロソフト社の最新画面構成技術を採用してスタイリッシュで柔軟な画面を作成 独自開発のユーザー管理、メニュー構築、基本画面部品、基本帳票部品などのフレームワークを採用 技術者と開発情報が豊富なWeb開発言語 PHP言語との連携実績が豊富なオープンソースデータベース ブラウザの対応実績が豊富なフリーのライブラリでスタイリッシュな画面を構築 フリーのPDF生成ライブラリを使用してサーバサイドで帳票を生成 オープンソースCMSを利用してユーザー管理、メニュー、基本画面など運用開始後のメンテナンス性を向上 従来どおりの開発手法ではなく、柔軟で効率の良い開発手法をご提案 柔軟で効率の良い(アジャイル)開発を実現する手法の一つで、
役割と成果物、イベントの3点について簡単な枠組みを設定 お客様(御社)にてシステムに関する決定権をお持ちのご方にご担当いただく役割 お客様(PO)の成果物作成を支援、および開発チームの運営支援を行う役割(管理者ではない) 開発環境や運用環境を構築、一定期間毎に利用可能なソフトウェアを開発して納品する役割 スクラムマスター(SM)の支援によりお客様(PO)がユーザーストーリー形式で作成する要求リスト 書式:《役割》として《機能》が欲しい、なぜなら《理由》だから。 一定期間(スプリント)にて実施する開発関連作業のリスト スクラムチームの一定期間(スプリント)の開発関連作業の成果の累積 ユーザーストーリーにて検証可能な機能で、POがリリースを判断 スプリント開始前にプロダクトバックログに基づきスプリントバックログを作成する会議 スプリントの期間中は原則計画を変更せずに開発関連作業を行う スプリント終了時にPOがインクリメントを評価しリリースを判断する会議 スプリント終了後にスプリント全体をふりかえって、継続(keep)・問題(Problem)・改善(Try)について検討する会議 スクラムチームが日次で昨日の実績・今日の予定・問題点を報告する会議 開発手法にあわせた契約と環境毎に最も効率の良い体制をご提案 一定期間のサイクルであるスプリントを1ヶ月とし、
スプリントにインクリメントを含む成果物を納品することに対する
報酬として月末締め翌月末のお支払条件でご請求させていただきます。 ★スプリント6回分を目途とし、最低のスプリント回数を4回と考えています。
 また初回をスプリントゼロとして以下の2つを準備致します。
 1.プロダクトバックログ
 2.開発環境・運用環境 ★ハードウェアについては別途お客様にてご用意いただきます。 DeskTop版では独自フレームワークのライセンス規定により
元請け企業が異なる場合があります
Full transcript