Loading presentation...

Present Remotely

Send the link below via email or IM

Copy

Present to your audience

Start remote presentation

  • Invited audience members will follow you as you navigate and present
  • People invited to a presentation do not need a Prezi account
  • This link expires 10 minutes after you close the presentation
  • A maximum of 30 users can follow your presentation
  • Learn more about this feature in our knowledge base article

Do you really want to delete this prezi?

Neither you, nor the coeditors you shared it with will be able to recover it again.

DeleteCancel

Make your likes visible on Facebook?

Connect your Facebook account to Prezi and let your likes appear on your timeline.
You can change this under Settings & Account at any time.

No, thanks

aboutPAXi

No description
by

Kyo Satani

on 15 June 2016

Comments (0)

Please log in to add your comment.

Report abuse

Transcript of aboutPAXi

旅と平和
旅人が平和を創る
旅人
自発的に動く人。
海外に行くだけでなく、文化を超えた
視点を複数持ち、自分なりの視点で
世の中を少しでも変化させたい人。
世界平和という漠然とした大きなものだけ
でなく、地域や家庭という小さな枠組みで
自分と他人のために楽しさと豊かさを追求
していくこと。
平和
paxi house tokyo
PAX Coworking
Cialthon
旅と平和の3つの事業
世界初のパクチー料理専門店
東京初のコワーキングスペース
走ることを通じてまちを再発見し、
人と人とがつながるランニングイベント
communication
Keyword: つながり
community
つながり
を創る
世界初のパクチー料理専門店
交流する飲食店
・すべての料理にパクチーが入っている
・パクチーは薬味でなく主役
・パクチーは“捨てるところがない”
・「パクチー料理」というジャンルを確立
・「パクチーハウス」という屋号
・相席推奨(2人席なし)
・立飲み交流「Public'S'peace」
・カンパク!
・パーティ営業/お一人パーティ/
 見知らぬ他人と囲む鍋
・パクチーを食べる連帯感
・お客さんの顔が見える
■日本パクチー狂会(2005)
■パクチー銀行ATM(2007)
since 2007
■昼ビール普及委員会(2009)
■全国がビアガーデン協議会(2009)
■日本手食協会(2010)
■International Paxi Organaization(IPO)
“paxi” スペルの秘密
pax + i = paxi
コワーキングとは
異なる仕事を持った人々が集まって仕事場を共有し、コミュニケーションを積極的に取ることで知恵と情報をシェアし、高め合っていこうという発想のワークスタイル。
一人では解決しずらい課題を他人との会話をヒントに瞬時に解決したり、名刺には書かれていない「本当にやりたいこと」をビジネスにしていくためのコミュニティです。
コワーキングのメリット
・孤独からの解放
・自分の居場所ができる
・仲間や仕事のパートナーができる
・仕事の意味が変わる
・知識や技術の共有ができる
コワーカー?
日常のオフィスとして、出張時の立ち寄り場所として、アイデアを産み出す場として、起業家から意欲的な会社員、フリーで仕事をする人まで、幅広い層の人がコワーキングスペースを利用しています。
パーティするように仕事しよう!
旅先のゲストハウスのように、
人と人とが自然に
つながる
空間
仕事だけでなく人生の一部を共有する。
職種でなく、趣味や地域で
つながる

佐谷恭
(さたにきょう)
'94 京都大学総合人間学部入学


’98 京都大学総合人間学部卒業
’98 富士通株式会社
(3年で辞める若者=城繁幸と同期)
’00 株式会社リサイクルワン
(現社名:株式会社レノバ=営業立ち上げ)

’02-03 フリーランスとして活動

'03-’04 英国・ブラッドフォード大学・大学院修了
(平和学)
’04 株式会社ライブドア
(ニュース部門の立ち上げ→閉鎖)

’07 株式会社旅と平和 設立

'94 初一人旅で韓国へ
'96 衝撃的なイランへの旅
'98 世界青年の船

'99 インド2週間(希望は3週間)

'01 ユーラシアの友達をつなぐ旅
'02 もう一つのワールドカップ

'03 LCC初体験(片道1ペンス)
'04 毎週英国内旅行


'06 フィンランドで起業を決意

これまでに約50か国を訪問。
ユーラシア大陸3ルート横断。
「パーティするようにマラソンしよう!」
走ることを通じてまちを再発見し、人と人とがつながるランニングイベント。

シャルソンという単語は、ソー
シャル
マラ
ソン
から。
シャルソンとは
ひらめき
メドック・マラソンに感動。
「日本版」を創るにあたって、既存のマラソン大会に
“飲む”要素を加えるだけではなく、現状で足りない
参加者同士や地元の人との交流と、それによる地域の
活性化をできるようにしたいと思った。
一店舗の居酒屋が開催できる仕組みを考えた。
2012

経堂マラソン
おもいやりライト横浜シャルソン
墨田ソーシャルランニング
まえばしシャルソン
札幌シャルソン
小矢部シャルソン
新潟シャルソン
おもいやりライトシャルソン
べっぷシャルソン
神戸シャルソン

2013

長崎シャルソン
世田谷シャルソン
幕張シャルソン
代官山シャルソン
安曇野シャルソン
調布シャルソン
千葉中央シャルソン
せたがやたがやせシャルソン
七ヶ浜シャルソン
はまだdeシャルソン
牡鹿シャルソン
まえばしシャルソン
村上シャルソン
宮崎シャルソン
新潟シャルソン
仙台シャルソン
京都シャルソン
駒沢シャルソン
神戸シャルソン
伊賀上野シャルソン

2014

国立シャルソン
神田シャルソン
世田谷シャルソン
稲毛シャルソン
安曇野シャルソン
みやじまシャルソン
岐阜シャルソン
葛飾シャルソン
はまだdeシャルソン
宝塚シャルソン
明石シャルソン
京都シャルソン
ウルトラシャルソン (釜石〜大船渡シャルソン)
ウルトラシャルソン (大船渡〜陸前高田シャルソン)
ウルトラシャルソン (陸前高田〜気仙沼シャルソン)
村上シャルソン
野々市シャルソン
千葉中央シャルソン
倉敷シャルソン
かなざわシャルソン
新潟シャルソン
葛飾シャルソン
おうみシャルソン
ウルトラシャルソン (気仙沼〜南三陸シャルソン)
ウルトラシャルソン (南三陸〜登米シャルソン)
ウルトラシャルソン (登米〜石巻シャルソン)
にしおシャルソン
伊賀上野シャルソン
神戸シャルソン

2015
東京シャルソン
シャルソンおやべ
稲毛シャルソン2
安曇野シャルソン3
宮島シャルソン2015
岐阜シャルソン2015
宝塚シャルソン2015
第2回明石シャルソン
ウルトラシャルソン(石巻〜牡鹿〜女川シャルソン)
ウルトラシャルソン(女川〜雄勝シャルソン)
ウルトラシャルソン(雄勝〜石巻シャルソン)
プレ・ムサシシャルソン
ウルトラシャルソン(東松島〜七ヶ浜シャルソン)
ウルトラシャルソン(七ヶ浜〜仙台シャルソン)
村上シャルソン
新潟シャルソン 第4回
越後妻有・十日町シャルソン 第1回
葛飾シャルソン2015秋
かなざわシャルソン2nd
第3回 はまだdeシャルソン
多摩シャルソン
第2回倉敷シャルソン
嵐山シャルソン
第2回 野々市シャルソン
こまつシャルソン
伊賀上野シャルソン3rd
にしおシャルソン2015
プノンペンシャルソン
☆愛 blue komae シャルソン

2016
ハイパーシャルソン(兵庫)
品川シャルソン
東京シャルソン2016
狛江シャルソン
小豆島シャルソン
みのかもシャルソンin中山道太田宿
稲毛シャルソン3
安曇野シャルソン
下北沢シャルソン
岐阜シャルソン
ウルトラシャルソン(仙台〜名取シャルソン)
ウルトラシャルソン(名取~福島シャルソン)
ウルトラシャルソン(福島〜郡山シャルソン)
びわ湖大津シャルソン
郡山シャルソン2016
第2回こまつシャルソン
多治見シャルソン

History of Cialthon
明治大学
情報コミュニケーション学部
「メディア方法論」

2013年5月28日
Glocal Cialthon


Ultra Cialthon
89km running for PAX
in Tohoku
佐谷恭の仕事と旅
kyopaxi
@paxi
080-3700-8900
自分の街の再発見。新しい観光の形。
主催者と参加者とまちが
つながる
スポーツイベント。
意欲的なまちとまちも
つながる

  (ごトーチリレー)
パクチーは「メディア」だ!
すべての事業をメディア化する
株式会社旅と平和の事業戦略。
PAX=
Positive and Active eXchange
パクチーハウスでの
出会い・交流から
一緒にビジネスを
始めるという人がいた
1日数時間の
食事の時間だけでなく
毎日8+時間の
仕事の時間こそ
楽しくやろうよ!
そんなこと、できる?
8カ月と9日ほど考えた
ロンドンにこんな場所が
あることを知った
世界ではすでに
始まっていた
coworkingという
コンセプトは
パクチーハウスを
オフィスにしたものだ!
since 2006
since 2010
since 2012


商圏2万キロ!
神戸大学
経済学部
「社会コミュニケーション入門」

2013年11月27日
つながりを取り戻す
パクチー、コワーキング、
シャルソンで世界を変える
早稲田大学
グローバルエデュケーションセンター

2014年7月8日
「世界が仕事場」
パーティするように仕事しよう
株式会社旅と平和 代表取締役
パクチーハウス東京 チーフカタリスト
PAX Coworking チーフカタリスト
ご当地シャルソン協会 会長
NPO法人カプラー副理事長
経堂・農大通り商店街 理事
日本手食協会 理事長
全国がビアガーデン協議会 総裁
用賀図書館 館長
日本パクチー狂会 会長
パクチー銀行 頭取
Chairman of International Paxi Organization (IPO)
ご当地シャルソン協会 会長
肩書
仕事って?
・仕事のイメージ
・いろいろな仕事
・労働と仕事
はたらくとは?
・傍(はた)を楽にする
・社会の中での役割を認識し、自分を
 生かすことで世の中に貢献すること
・自分が思い描く世界を創ること

楽しく仕事するために必要なこと
・学び続けること(Keep learning)
・人とつながること(Connect)
・自ら動くこと(Be active)
・(他人に)与えること(Give)
・好奇心を持つこと(Take notice)
どうして仕事がイヤになるのか?
・「できること」の交換⇒お金の交換
・小さな世界⇒大きな世界(グローバル化)
・自分がしている「役割」が認識しにくい
・「世界は変わらない」とあきらめている
・すごい人(芸能人・大富豪)と僕たち?

は自分で作ろう!
キ  ャ  リ  ア
浪人時代・
大学時代の
アルバイト
初めての
就職
楽しさと
悩ましさ
会社を
作る?
友達の
会社を
手伝う
フリー
ランスの
体験
イギリス
で考えた
立上げから
閉鎖まで

旅と平和
アジア20カ国
出張自粛?
インド3週間は却下・海外出張つくる
富士山に初登頂
2度目の
ユーラシア
大陸横断
3度目の
ユーラシア
大陸横断
LCC初搭乗
結婚
子ども誕生
フィンランドにて起業を決意
http://www.hosei2.ed.jp/shs/lastterm/career/201401/20140130000000996.html
法政大学第二高等学校
三年三学期


2014年1月20日
仕事は楽しく!
キャリアは自分でデザインし
肩書は自分で作ろう!
神戸大学
経済学部
「社会コミュニケーション入門」

2014年11月14日
つながりを取り戻す
パクチー、コワーキング、
シャルソンで世界を変える

世界
と仕事しよう!

コワーキング
プレゼン
恵まれた環境を活かそう

対等な関係を築こう

複数の視点を持とう
近くの人が集まるコミュニティ

異質な人を面白がり、受け入れる度量
誰にでもコンタクトが取れる面白い時代

独自のコンテンツで人を喜ばせよう
法政大学第二高等学校
キャリアデザイン学部
3年3学期

2015年1月23日
仕事は楽しく!
キャリアは自分でデザインし
肩書は自分で作ろう!
世田谷区中小企業支援センター

   2015年2月8日
地域から世界へ
零細事業者が“世界”を創る
明治大学
情報コミュニケーション学部
「キャリアデザイン」

2015年6月17日
肩書きは自分で作ろう 
Coの時代のキャリアデザイン
Comrades Marathon
89th
89km
Marathon des Sables
サハラマラソン
89months
明治大学
情報コミュニケーション学部
「キャリアデザイン」

2016年6月15日
肩書きは自分で作ろう 
Coの時代のキャリアデザイン

明治大学
情報コミュニケーション学部
「キャリアデザイン」

2015年11月25日
肩書きは自分で作ろう 
Coの時代のキャリアデザイン
Baikal Ice Marathon
バイカルアイスマラソン
Full transcript