Loading presentation...

Present Remotely

Send the link below via email or IM

Copy

Present to your audience

Start remote presentation

  • Invited audience members will follow you as you navigate and present
  • People invited to a presentation do not need a Prezi account
  • This link expires 10 minutes after you close the presentation
  • A maximum of 30 users can follow your presentation
  • Learn more about this feature in our knowledge base article

Do you really want to delete this prezi?

Neither you, nor the coeditors you shared it with will be able to recover it again.

DeleteCancel

第12回発電会議:OGN with enmono

テーマ : 電力自給のビジネスモデル  ~モノづくりが問題の解決に向けて何が出来るのか in 福島県いわき市~ おおたグループネットワーク(OGN)とenmonoが主催する、アイデア発想のための、オープンワイガヤ式会議です。
by

en mono

on 18 February 2012

Comments (0)

Please log in to add your comment.

Report abuse

Transcript of 第12回発電会議:OGN with enmono

with 発電会議とは? なぜ発電会議なんだい? 石原さんの問題意識 モノづくり≠製造業 ・誰でもモノづくり
・町工場への企画提案
・新たな発見
・クリエイティブ人財の交流 おおたグループネットワーク/OGN タイヤダブリングマシン バッティングマシン 第 1回 発電会議とは OGN内

第 2回 クローズ発電会議 法人向け

第 3回 発電会議とは OGN+外部

第 4回 アイデアを生み出すトレーニング 都立産業技術高専

第 5回 インクジェット技術の発展的活用 理化学研究所+ベンチャー企業

第 6回 モノづくりと教育 シルバー人材イベント

第 7回 モノづくりと教育 キャリア官僚

第 8回 もしも町工場のマシーンがコンビニで使えたら

第 9回 クローズ発電会議 IT企業社内研修

第10回 いざという時すごいんです! 普段使い出来る防災製品

第11回 世界一「カワイイ」を開発 / 女子力発電会議

第12回 電力自給のビジネスモデル ~モノづくりが問題の解決に向けて何が出来るのか~ ワークショップ 【対話】 ☆ワイワイ・ガヤガヤ

★アーダコーダ・ドーノコーノ

☆ドヤ! 【ルール】 1.全員発言

2.否定しない

3.他人の意見に乗っかる

4.ボケにはツッコミを入れる

5.笑う アイデアを出す手法 ブレインストーミング ブレストのルール(IDEAPLANT version) アイスブレイク 発電会議とは? 脳内の電気的活動を活発にし =発電 そのネットワークを、
複雑かつ高度に形成すること。 =会議 言葉に耳を傾ける 問題に気付く 製造業以外の方との交流 大田区の町工場二代目ネットワーク 加工技術集団 仕事が無い 仕事創出 営業力強化としての連携 【対話】 【ルール】 ワークショップ 【対話】 ☆ワイワイ・ガヤガヤ

★アーダコーダ・ドーノコーノ

☆ドヤ! 次回の発電会議は、未定です。 7/15(金)12:00~13:00
株式会社モルテック代表取締役 松井さん

7/22(金)12:00~13:00
慶應義塾大学准教授、fablabジャパン 田中浩也さん マイクロモノづくりストリーミング(MMS)放送 IAIジャパンにて、マイクロモノづくりについての講演
7/16(土)15:00~17:30、IAIジャパン大門事務所 発電会議の、その先 enmono、OGNによるフォロー

☆企画のブラッシュアップ

☆コーディネート

☆デザイン、設計

☆試作、量産

☆マーケティング、ブランディング

☆販売 with 開催実績 OGN 発電会議ファシリテーター 発電会議 = アイデア発想会議
・会社や業界の枠を越えた参加者による、オープンなワイガヤ式会議
・製造業がイノベーティブな製品を開発する手法として開発
・これまで10回以上の実績 オリジナル製品のアイデア創出のために with 仕事が無い!!
どうしよう? どうやって? 新しく顧客を探さなきゃ! ビジネスチャンス! Everybody is OK! 思わぬ共感 の狙い モノづくり≠製造業 の狙い 発電会議facebookページ
http://www.facebook.com/hatsudenkaigi 第12回発電会議 チーム内で自己紹介 ◆ひとり60秒♪

◆名前♪

◆職業♪

◆こだわりの〇〇♪

◆出身地♪

◆持ってきたネタ♪

◆決めゼリフ♪ 共通点探し チームのみんなに共通する〇〇をできるだけ多く探し出してください。 直観力:画像抽出法 どちらがカワイイ?その理由は? 例)桃の方がカワイイ。色がカワイイから等々 直観力:画像抽出法 直観力:文章抽出法 直観でキーワードを抽出せよ シューマッハーの「仏教経済学」と題する論文は、1966年に書かれたものである。このころまでには、生態学が、広く生物と自然界の関係を研究する学問であるとすれば、経済学は人間と自然界との関係を研究する生態学の1分野であるとする見方が広まっていた。モンテッソーリ(1870~1952年、イタリアの女医で教育家)が先駆的な例である。モンテッソーリは、戦後はガンジーの下で働いていたのであるから、シューマッハーの知るところであったとも考えられる。シューマッハーは、人間と自然界の関係は、人間の価値観によって異なってくることに注目している。古代からの伝統的宗教の価値観と、近代の物質主義的な価値観では、180度異なった関係が生まれる。近代の物質主義的な価値観が、イギリスのウイリアム・ペティ(1632~1687)やアダム・スミス(1723~1790)に始まる近代経済学を生んだように、伝統的宗教の価値観は、仏教経済学やキリスト教経済学、イスラム経済学を生んだというのである。このことは実際に調べれば、仏典、聖書、コーランの中に説かれている事例から推測できる。このことを、シューマッハーは、仏教経済学を例として示そうとしているのである。
 シューマッハーは始めに、生産要素の一つである労働について比較している。近代経済学では、労働はコストと考えられており、分業によって効率化できると考えている。アダム・スミスが『国富論』の中で描いたように、1つの完結した生産工程を分割して、単純作業の集合によって大量生産を行うことを最も経済的と考えた。この分業による効率化を国際分業にまで拡張したのが、デイビット・リカード(1772~1823)の比較生産費説(theory of comparative cost)であり、自由貿易論の基礎になっている。しかし、今日この分業方式は、流れ作業中の仕掛部品の在庫が多いこと、多品種少量生産に対応できず、作り過ぎによる在庫の増加を生むものとして批判されている。これは、当初よりこの方式の分業に付きまとう欠陥だったのである。作りすぎが、在庫循環を生む原因の一つであることは間違いない。また、このような大量生産方式のための設備それ自体が、作りすぎを生み、設備循環を生む原因の一つとなっていると考えられる。近代経済学を批判するマルクス経済学においても、単純作業の集合による大量生産を経済的と考える点は変わらなかったが、ソ連においては、計画経済の非効率性が在庫循環や設備循環を引き起こさなかった原因とも考えられる。
 仏教では、労働の役割は全く違って、人間にその能力を発揮・向上させること、協同して労働することで自己中心的な態度を捨てさせること、尊厳を保つための財とサービスを造りだすことであるとされている。大量生産方式から多品種少量生産に転換する過程で、この仏教的な労働観が復活して来ていることは興味深い。一人屋台方式という名で呼ばれる組み立て作業は、単純労働でロボット化された人間ではなく全人格的な人間の労働を復活させることで分業の問題点を解決しようとしている。しかし、生産性を第一に考えている点で、仏教経済学に似て非なるものでないかと考えられる。オートメーションによって、人間労働を排除することを理想とする近代経済学は、過剰生産の原因となり、多品種少量生産に対応できなくなっている点を取り繕うことを目的としているのである。
 人間は、労働をする機会がないと、人間を豊かにし、活力を与える要素が失われてしまう。この事実から出発するならば、ガルブレイスに見られるような完全雇用よりやや低めの雇用状態で経済を運営するのが「経済的」であるという近代経済学の主張は、仏教経済学と正反対のものであることがわかる。労働に対する価値観が違えば、完全雇用の考えも違ってきてしまうのである。
 仏教経済学では、最小限の消費で最大限の幸福を得ることが理想である。これに対し、近代経済学の理想は、最大限の消費で最大限の幸福を得ることである。すなわち、多く消費する人が、消費の少ない人より幸福であり、最大多数の最大幸福を求めるために、消費を極大化しようとする。また、仏教経済学の理想は、自給自足であり、地域でとれる資源を使って生産を行うのが、もっとも合理的な経済生活と考えている。これに対し、近代経済学の理想は、自由貿易でありグローバリゼイションである。この理想のために、地域の農業や産業が衰退してもやむをえないと考えられている。
 近代経済学と仏教経済学の大きな違いは、天然資源の利用についてである。近代経済学は、鉱物資源や植物動物を無限に消費できるものとして扱っている。水や空気や樹木のような人間が究極的に依存しているものを、平気で汚し破壊している。これに対し、仏陀の教えは、いっさいの生物だけでなく、とりわけ樹木を大切にすることを求めている。すべての仏教徒は、何年おきかに木を植え根付くまで見守る義務がある。世界の森林が破壊され、砂漠化が進んでいる今日、仏陀の教えを復活することが必要であることは明らかである。近代経済学が環境破壊に責任があることも明らかである。近代経済学は、再生可能な資源と再生不能な資源を区別しないだけでなく、樹木のような再生可能な資源を再生させることにも無関心である。近代化を推し進めてきたのが近代経済学であるとするならば、第3世界では、その成果は惨憺たるものであり、農村経済は崩壊し、町でも村でも失業が増え、身体の栄養不良や、心のすさんだ都市貧民層が生まれているのが現実である。先進国においても農業は崩壊し、肥大化した都市には退廃した文化が横行しているといってよい。やみくもな経済成長主義の結果であり、そろそろ正しい経済成長とは何かを考えるべき時代に来ているのは明らかである。 直観でキーワードを抽出せよ チーム内で自己紹介 発表 これから、チームごとに発表していただきますので、発表者を決めてください。

抽出キーワードを3つに絞ってください。
2つ補欠を認めます。 選んだキーワード〇〇に エネルギーを付け足してください。 ◯◯エネルギーとはどんなエネルギー? 休憩 こんなエネルギーがあったのかという、気付きが得られましたでしょうか。

他者との関わりによって、自分自身に気付くことができます。

あらゆる事象に自己を投影することが、発想の源なのだと思います。 今日は脳を酷使したので、
相当のエネルギーを消耗していることと思います。

脳には血液全体の15%が流入し、
取り入れた酸素の20%を消費しますので・・ 最後に、
アンケートにご記入いただけますでしょうか。 OGN その問題、解決できるかも♪ 12:30~:開場、事前アンケート記入

13:00~:ご挨拶
13:10~:発電会議について
13:20~:アイスブレイク

14:30~:休憩
14:40~:チーム発表
15:30~:フリータイム 電力自給のビジネスモデル
~モノづくりが問題の解決に向けて何が出来るのか~ ・まずは意味を考えずに書き出す
・頭を空っぽにして眺める
・何か感じ取れる?
・直感を大事に
・チームで話し合う 直観 … 想像の羽根を拡げましょう。

どんなエネルギーが思い浮かぶでしょうか? 具現化 1.全員発言

2.否定しない

3.他人の意見に乗っかる

4.ボケにはツッコミを入れる

5.笑う 【ルール】   だれもが顧客になりうるのでは? 選んだキーワード〇〇に 議論:具現化… 発表♪ エネルギーを付け足してください。 ◯◯エネルギーとはどんなエネルギー? 想像の羽根を拡げましょう。 福島電力
Full transcript