Loading presentation...

Present Remotely

Send the link below via email or IM

Copy

Present to your audience

Start remote presentation

  • Invited audience members will follow you as you navigate and present
  • People invited to a presentation do not need a Prezi account
  • This link expires 10 minutes after you close the presentation
  • A maximum of 30 users can follow your presentation
  • Learn more about this feature in our knowledge base article

Do you really want to delete this prezi?

Neither you, nor the coeditors you shared it with will be able to recover it again.

DeleteCancel

Make your likes visible on Facebook?

Connect your Facebook account to Prezi and let your likes appear on your timeline.
You can change this under Settings & Account at any time.

No, thanks

学校図書館とは何か説明してください@勉強会(中央線NEO)

No description
by

Fukuji IMAI

on 7 August 2016

Comments (0)

Please log in to add your comment.

Report abuse

Transcript of 学校図書館とは何か説明してください@勉強会(中央線NEO)

学校図書館とは何か
説明してください
@勉強会(中央線NEO)
1/Aug/2016

学校図書館とは何か説明してください
“教育課程の展開と児童生徒の健全な教養の育成に寄与することを目的として,小学校,中学校,高等学校に設けられている図書室”(『図書館情報学用語辞典第4版』)
制度
学校教育法関連法令
「学校図書館法」
「学校図書館図書標準」
機能
サンプルを上映します(追加スライド「写真・映像」)
読書センター
学習情報センター
(教材センター)
歴史
拙著『日本占領期の学校図書館』から,いくつかのエピソードを紹介します。(追加スライド)
展望
静かな場所or賑やかな場所?
読書or調べ学習?
デジタルor非デジタル?
どこでも誰にでも同じor地域や学校に合わせる?
好きな人だけ使うor全ての人が使うべき?
学校教育の基礎 or 学校教育にあれば良い場所?
学校教育法関連法令
学校教育法施行規則 第一条
学校には,その学校(今井注:幼稚園〜大学含む)の目的を実現するために必要な校地,校舎,校具,運動場,図書館又は図書室,保健室その他の設備を設けなければならない。
学校設置基準 第九条 
校舎には,少なくとも次に掲げる施設を備えるものとする。
 一 教室(普通教室、特別教室等とする。)
 二 図書室,保健室
 三 職員室
制度,機能,歴史など様々な側面から定義が可能です。
ウォーミングアップとして,実際の講義で行っている導入を行います。(追加スライド「導入ネタ」へ)
学校図書館法
1953年成立。
全8条から構成。司書教諭の必置,学校司書の努力配置など。
12学級以上であっても司書教諭を置かないことが出来る附則の存在。
幻の3月法案と成立法の違い。
読書センター
学習情報センター
教材センター
学校図書館図書標準
文部科学省が平成5年に定めた基準。
クラス数に応じた図書の冊数を決めている。ただし,最低基準レベル+新しさの観点は含まれていない。
またクラス数は近年減少傾向にある。
http://www.mext.go.jp/a_menu/sports/dokusyo/hourei/cont_001/016.htm
※対立関係にないという考え方もあります。
終戦以後、連合国の占領下に置かれた日本で行われた教育改革。
その中で変革を迫られた学校図書館は、アメリカをモデルに生まれ変わっていく―。
今につながる学校図書館の歴史を見通しながら、学校教育と図書館がどう連携できるのか、その課題と未来像を問う。

2014年の学校図書館法改正を始めとして、大きく変動する現場に対し、未だ積み重ねが乏しい研究状況に、本書は一石を投じる。
勉誠出版より定価 5,400円で好評発売中です。よろしくお願いいたします。
学校図書館は,児童生徒の創造力を培い,学習に対する興味・関心等を呼び起こし,豊かな心をはぐくむ,自由な読書活動や読書指導の場である「読書センター」としての機能を果たす。
学校教育の一環として,すべての子どもに,本を選んで読む経験,読書に親しむきっかけを与える。学校における読書指導に活用される。
子どもたちが,自由に好きな本を選び,静かに読みふける場を提供する。様々な本を紹介して,読書の楽しさを伝える。
学校図書館は 児童生徒の自発的主体的な学習活動を支援するとともに情報の収集・選択・活用能力を育成して,教育課程の展開に寄与する「学習・情報センター」としての機能を果たす。
教科等の日常的な指導において活用される。
児童生徒の主体的な学習活動を支援する。
図書や新聞,インターネット等のデジタル情報など多様なメディアを提供して,資料の探し方・集め方・選び方や記録の取り方,比較検討,情報のまとめ方等を学ばせる授業の展開に寄与する。更に,司書教諭によるこれらメディアを活用した利用指導等の取組を通じ,情報活用能力を高めるための授業を自ら企画・実施する。
児童生徒が学習に使用する資料や,児童生徒による学習の成果物などを蓄積し,活用できるようにする。
教員の使う資料を揃える場所として
教員の授業をサポートする場所としての役割
Full transcript