Loading presentation...

Present Remotely

Send the link below via email or IM

Copy

Present to your audience

Start remote presentation

  • Invited audience members will follow you as you navigate and present
  • People invited to a presentation do not need a Prezi account
  • This link expires 10 minutes after you close the presentation
  • A maximum of 30 users can follow your presentation
  • Learn more about this feature in our knowledge base article

Do you really want to delete this prezi?

Neither you, nor the coeditors you shared it with will be able to recover it again.

DeleteCancel

Make your likes visible on Facebook?

Connect your Facebook account to Prezi and let your likes appear on your timeline.
You can change this under Settings & Account at any time.

No, thanks

ひでつうゼミ留学組課題「あなたが滞在している国のSNS事情」

No description
by

Aoi Hayakawa

on 23 September 2016

Comments (0)

Please log in to add your comment.

Report abuse

Transcript of ひでつうゼミ留学組課題「あなたが滞在している国のSNS事情」

ひでつうゼミ 留学生向けレポート課題
FACE BOOK
フィンランドには、Student Villageという学生が何百人と住む日本で言うところのマンションや、アパート地域があり、建物にサウナやパーティーのできるフリースペース(キッチントイレ付き)がある。飲み会といえば居酒屋!カラオケ!の日本と違って、税金の高いレストランでお酒を飲むのは,学生にとって論外!ならばみんなで楽しう!!ということで、自由スペースで面白いイベントを開く生徒がたくさん!!その上、留学生が無数にいるからこそ、週末の楽しみといえば、友達作りも兼ねたパーティーなのです!しかも、パーティーに参加すると、パーティーならではのパッチがもらえて、学校別のオーバーオールに貼ってあつめる楽しみ方がある!!


チャットといえば?
WEBサービス
音楽を無料で聴くことができるサービス
結果と感想
フィンランドには同じ地域にフィンランド人の正規学生と、千人を超える留学生がいる、ということからその環境ならではの、Facebookの活用の仕方とWebサービスがありました。国一つ違えば、こんなにもサービスの使い方や生き方が変わるのだと知りました。京都も私の滞在場所Turkuと同じく、大学、そして学生や留学生が集まる場所ですが、Facebookのイベントページやグループの使い方は、京都よりもはるかに豊富です。
 その理由は第一に、フィンランドの方がニーズがあるからに間違いないでしょう。多数の文化やバックグラウンドを持つ、世界中から集まる留学生にとって、Facebookで情報収集しようとする人はかなり多いです。言語が違う難しさもあって、ページを読めば理解できる(翻訳機能も使える)ので、言い換えれば、アナログのリアルな環境よりもFacebookを介したほうが生活しやすいのです。
 そして第二に、友達作りの環境には絶好だということ。日本にいるときよりも、イベントページをチェックする習慣は、「外国の友達がもっとほしいから」です。それはみんなが持つ共通の期待で、イベントがあればどんどん人が集まりますし、集まりやすい環境下にあることも利点です。実際イベントを開くと、1時間で10人しか招待していませんでしたが、すぐに拡散されてたった2時間であっという間に、50人を超えました。このように誰でも参加大歓迎なイベントが多く、活用し放題という訳なのです。時々、「そんなグループまで作っちゃうのか」と驚くものもありましたが、便利には違いありませんし、ネット文化の浸透と便利さを改めて実感しました。

 Webサービスについては、この課題タイトルに名付けたように、「君は本当にハイテク日本人なのか?」と言われるほど、知らないツールとサービスがたくさんありました。今回は3つに焦点を当てましたが、Webサービスを学校の授業で使うことが一般的なのは、一番の驚きでした。それには、学校のルールや文化の違いに大きな差があることがわかります。日本では、このサイズで、この文字数で、このやりかたで、、、と一般的な方法や、規定に沿って課題を出されることが当たり前です。しかし、こちらは何もかも自由なことが多く、課題に対して「どのサイズですか?文字数はいくらですか?」と質問するのは、日本人のわたしだけ。自由だからこそ、そこに個人差が出て面白く、やる気とモチベーションの違いを先生が気づけたり、生徒の見せ方で評価している。ということを学びました。そんなくくりのないフィンランド教育だからこそ、新しいサービスをどんどん利用して、教育の形も進化させているのでしょう。
 ハイテクなはずの日本人ですが、以上のように同じWEBサービスでも、使い方や価値観の違いにカルチャーショックを受けました。これからも世界に広がっていくWebサービスと、如何に日本がサービスに適応していくのかが、今後気になります。
                                           
まず、Finlandってどんな国?
「君は本当にハイテク日本人なのか?と言われたわけ」
ー後期留学生のためにひでつう先生が出してくださった課題レポートー
お題:あなたが滞在している国のSNS事情。Web Servicesなども含めて流行しているものとその考察。



210T031 早川 葵
芸術学部 素材表現学科
滞在国 フィンランド
期間::8/6~3/3 約7ヶ月

FINLAND
Finland
人口密度 16人/km2
Japan
人口 5,326,000人
最近、日本でフィンランドは大人気です!
しかし、同じくフィンランドでは日本が大人気!

この頃、フィンランド人と日本人はよく似ていると言われだしている!
言語の発音がそっくりで、性格や相性が一緒だったり.........
そんなよく似たフィンランドのSNS・WEB事情をのぞいてみましょう!

面積 338,145km2
●フィンランドといえば
1.学費が無料
2.税金が22%
3.フィンランド教育
2013年世界幸福度 7位
●共通性格・海外からのイメージ
シャイ・おとなしい・礼儀正しい
真面目な人が多い
面積 377,914km2 
ほぼ同じ

人口密度 337人/km2 
約21倍
人口 126,530,000人 
約23倍
●フィンランドと比較
1.学費が
高額
2.税金は
5%
(2013)
3 機械発達ハイテク
2013年世界幸福度 43位
●共通性格・海外からのイメージ
シャイ・おとなしい・礼儀正しい
真面目な人が多い
フィンランド(私の住むTURKU)では
Facebookの活用がとってもさかん!
何よりフィンランド人の学生と
世界各国から来る留学生が多いので
コミュニティ作りには最適のFACEBOOK!

フィンランドは
PARTYだらけ!
FBのイベントページの活用!
1.1週間に3回以上パーティーのお誘いがやってくる!

2.毎週、水金土日は必ず誰かがパーティーを開催!

3.誰でもWELCOME!な面白いイベント盛りだくさん
ぜーーんぶぜんぶ
FBグループにしちゃおう!
学校の授業やサークルなどでグループを作るのは当たりまえ!
意見ボードに使ったり、プロジェクトの進行状況のお知らせ、
または今日は病気で行けませんなどの連絡、、、
ひでつうゼミと同じ使い方で、
たくさんのプロジェクトや授業のグループがあります


Costume Party テーマに合わせたパーティードレスで参加する

Pub crawl Event 各クラブを訪ねてミッションに成功していくイベント

Game night  ゲームに負けたらお酒を飲むという酒豪パーティー

Kitchen Party キッチンにDJを呼びクラブにするパーティー

他にも・・・面白い&活用的なグループも満載!

Turku fleamarket (フリマのページ。いらないものを売るor欲しいものを聞く)

Trip ticket group (○○のチケット余ったけど?や誰か一緒に安いチケット買わない?)

Sauna team (誰かサウナ一緒に行こうぜーor予約とったけど来たい?)

Student village (パーティーあるよー!こんな落し物発見!誰か○○貸してー)

など、、、グループに入れば情報も手に入るし、
何かをシェアできたり、安いものが買えたり、、、
お得なものが満載!誰でもWelcomeなグループページ!!

Kik Messenger
北欧で人気のメッセンジャーアプリは「KiK」
現在約1億のユーザーを有している。
無料通話機能やスタンプ機能は無く、
1:1か複数人でメッセージやチャットのやりとりが行えるのみ。
しかし、画像やYouTube動画、手描きの絵を添付する機能があり、
また電話番号の入力が不要で
名前、アカウント名、メールアドレス、パスワードを入力すれば、
認証作業も無くすぐに使えるようになる。
というので、、、
安心面を抜けば非常に便利なアプリ
フィンランドの小学校では
携帯の持ち込み、使用が可能。
日本文化紹介のために小学校訪問したとき「アカウント教えてー」と
たくさんの子供たちに言われたときはたいへん驚きました。
グローバル小学生。。


LINE VS  Whatsapp
世界のユーザーを手にするWHAT'S appには、
どうしても勝てないのが
日本で大人気、LINEである。
ヨーロッパではFacebook の次に、
必須アイテムとしてWHAT'S appが大人気

ユーザー登録にはLINE同様、電話番号の登録が必要になります。アプリは初年度無料ですが、2年目以降、1年あたり$0.99がかかります。

海外ではメッセージングサービスとしてデファクトスタンダードのため、有料でも使い続けるユーザーが多いのだそう。有料サービスである代わりに広告は一切出てきません。

無料で便利!無料通話付き!スタンプ満載!ゲームもできる!
そんな楽しいLINEが勝てない理由って?

ガラケー時代に「絵文字」や「デコメ」をたっぷり駆使したり、大人にとっても、キャラクターやアニメが身近な日本人にとって「スタンプ」は画期的。しかし、そもそもそういった絵文字を使う文化が無かったヨーロッパでは「スタンプ」があまり響かないそう。そして、海外の携帯プランは「無料通話」がたっぷり含まれるケースが多く、簡単で誰もが利用するwhatsappのユーザー数に勝てないのです。。。。

LINEが苦戦しているのは「無料通話」や「スタンプ」で海外の人の心を掴めていない事が考えられる。
こんなことがあった・・・
こんなことを言われた・・・
「そんなにスタンプあってどうやって使うの?」
「選ぶのめんどくさくない?」
「すごい!さすが!日本は芸が細かいね」
「なんでも漫画にしちゃうんだね。。。」
(スタンプはただのスタンプです。笑)
気持ちや言葉をダイレクトに伝える国と、
ニュアンスを加えて伝える日本の
文化の違い、価値観の違いですね!

なぜ人気?
以前のページで記載したように、
フィンランドでは数々の学生パーティーがある。
主催者がパーティー中、
イベント中に合った楽曲リストを作ったり
自分で好きな曲をランダムに簡単にかけられる!
Youtubeは広告が多かったり、
カバー曲が混じっていたりで、、、
無料でも面倒なことが多く、
Spotifyユーザーが多くなってきている!
フィンランド(ヨーロッパ中で)今大人気のspotify
ユーザーは約1500万曲*1の音楽を無料で聴くことができる。
・Spotifyは既存のプレイリストの利用のほか、直接曲を検索して再生することも可能。
・ダウンロードサービスと違って個別に曲を購入する必要がないため、プレイリストさえあれば曲の穴埋めなしに通しですべての楽曲を再生できる。
使い方としては、一度Spotifyに登録されたら、あとは自分の好みにあったプレイリストを探し出して(もしくは自作して)、それをSNS上でシェアする……というのが王道。


Spotifyは楽曲をストリーミングする合間に広告が挿入される「Spotify Free」という無料サービスと、月額9.99米ドル(国ごとに金額設定は異なる)で広告なしのフルサービスを利用できる「Spotify Premium」の2種類が存在する。
人気のWebサービスは
無数にあるので、
今回は3つにしぼりました!
フィンランドで
最もみんなが使っていた
サービスと
それがなぜ人気だったのか?
についてです。

ハイセンスなプレゼンテーションサービス
遊び満載のプレゼンツール!
まさにこのプレゼンもPrezi!
3Dで自由自在に操れるので
プレゼンテーションを使う授業がかなり多い、
フィンランドにとっては必須アイテム!

・無料でだれでも簡単に使用できる!
・好きなテンプレートで
おしゃれにプレゼン作成
・写真、動画、Youtubeの添付が簡単
・BlogにもHPにも簡単に貼り付けられる
・シェアできたり、いろんな人が編集可能


なぜ人気?
同じ場所にいなくてもネットを介して一緒に制作できるので、プロジェクトのプレゼンテーションは、Preziで個別のページをつくり、後から結合するというのが便利でした!
Messi
school net service

フィンランドのトゥルク地域に広がる
大学全てに提携されているスクールネットサービス。



Optimaというサービスは、グーグルのドライブサービスに似ている。受講している授業のフォルダで,先生から課題を共有して頂いたり、スケジュール管理をしたり、、、レポートの提出も、課題も全てそこに収集される。


School web mailは要チェック。教師、生徒共にここで会話するのは一般的。先生に質問があれば気軽に聞けるし、欠席するときも、スクールメールで報告する。

Optima
school
Mail
君は本当にハイテク日本人なのか?
留学中・・・・
「日本人は一家に一台ロボットがあるの?(ええええ?!)」
「家の中は何でも自動なの??」
「マシーントイレ(日本人にとって普通トイレ)はみんな持ってるの?」
「日本人だったらこれ治せるよね?」
「日本は便利だから、こんなもの使わないよね?」と言われる程に、


しかし、、、「君は本当にハイテク日本人なのか?」と言われても
おかしくない程、実際サービスを使いこなせてなかったことがわかった
フィンランド在住、日本人留学生のプレゼンテーションです。

日本人は、何でも機械やサービスを使って便利に生活していると思われている
プレゼンをみる!
フィンランドではWebサービスの利用が豊富
シンプルで使いやすいSNSが人気
教育現場での活用が当たり前

Full transcript